2018年02月04日

妊娠中の不思議な出来事♪

旦那さんが、今週一週間お休みを取ってくれます(^^)。



今週は、大好きなお友達が、おうちに遊びに来てくれ、
旦那さんに息子を預けて、アフターヌーンティに行く予定があるので、
すごく楽しみです♪





わたくしには1か月になる息子がいるのですが、
この息子がとてもやんちゃ坊主で。


いきなり雄叫びをあげ、
手足をバタつかせ、
何の恨みがあるのか、わたくしにパンチやキックを食らわせ、
そして、だいたい3時間ごとに乳をくれ!と、ギャン泣きし、
わたくしは傷だらけですが、
毎日がとても楽しいです。



そして絶賛親バカ中で、
息子の成長を見逃すな!とばかりに、
旦那さんと写真を撮りまくっております。


DSC02107.JPG




ところで、本日。
妊娠中にあった、不思議なお話をさせてください。



まだお腹も出ておらず、
誰もわたくしが妊婦だとは気づかない、妊娠3か月の頃。



ある日、
わたくしは、近所のスーパーでアイスをガン見しておりました。

お隣で、
白人の奥さんと、3歳くらいの娘さんが同じようにアイスを見ていましたが、
女の子がわたくしを見ているな〜と、ふと視線を感じました。


わたくしがその子に、ニヤリと微笑みかけると、
彼女はわたくしのお腹を見ながら、
「Baby! Baby! so cute!」と、言ったのです。


はい…?と、一瞬思考が止まりました。


彼女のお母さんもびっくりして、
「あなた、お腹に赤ちゃんがいるの?」と、聞いてきました。


わたくしは、そうです、と答え、
二人で顔を見合わせてしまいました。


わたくしは霊感というものがないので、
そこに無いものが見える、という経験をしたことがありません。


小さな子だから見える…ということもあるのでしょうか。


とてもアンビリーバボーだったので、
同じ名前の日本のテレビ番組に出れそうです。





あと、もうひとつ。

こちらは、よくある話なのかもしれませんが、
わたくしは妊娠が分かる5日前に、予知夢のようなものを見ました。


わたくしと、幼稚園くらいの女の子が手を繋いで歩いている……という夢です。

この夢を見たため、
あかちゃんの性別は女の子だ!という訳のわからない自信がありました。


しかし、妊娠5か月の時に
医師から、「ついてるね〜!」といわれ、
男の子だと分かり、驚きました。



この時、医師がもしや間違ってるんかも…?
だって夢では女の子だったよ?と、思い、
翌月も、
「ついてますか?」と聞いてしまいました。

医師「ええ。ついてますね〜。」



というわけで、
正夢かどうかイマイチ分からない夢でしたが、
わたくしの中では、一応正夢ということで。


旦那さんは、わたくしの顔つきなどを見て、
「絶対男の子だ!」と初期の頃から言っていたので、
この時、
ものすごいドヤ顔で「やっぱりな。勝った。」と。

別に負けても悔しくありませんが。なにか?



以上、わたくしの不思議な出来事でした。




※※※※※※※


息子がギャン泣きをし、
何をしても泣き止まない時は、
コンビの横抱きだっこひもが大活躍です。


ピタリと泣き止んでくれます。

DSC02124.JPG

買って良かった〜。


だけど、昨日は全く寝てくれず…。。

DSC02114.JPG


おばちゃんなので、
足腰にきます。



本日もご訪問いただきまして、ありがとうございました。





posted by ユウ at 07:00| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

クルミパン・息子のびっくりな成長♪

我が家には、生後1か月の息子がおります。



この息子は、小さいのに破壊力が半端なく、
一日に何度もギャン泣きし、
乳を欲しがります。



この、リトルギャングがいつ泣き出すか分からない中、
鬼の居ぬ間に洗濯……と、ばかりに、寝ている隙を見計らって、
無謀にもパンを捏ねくりまわす生活を送っております。



ただ、凝ったパンは焼けないので、
またクルミパンを焼きました。


この3日前に、ハムチーズパンを作ったのですが、
とてもお見せできる代物ではありませんでした。


それに比べれば、かなりグッドな出来映えです。
DSC01998.JPG


それにしても、
クルミパン⇒レーズンパン⇒いちじくのパン…のローテーション。

レシピが頭に入っているものしか出来ません。


なんか、いつも同じでゴメンナサイ。


※※※※※※※※


昨日、
朝、起きて、
息子を見た時、「あれ……?」と思いました。


なんか、手足がボンレスハムのようにぷっくぷく。
そして、頭も大きくなっている……???


旦那さん。
「おいおい、昨日と別人だぞ…?
 ホントに俺の子か……??」
と、言い出す始末(笑)。


いきなりの成長にびっくり。

こんなに変わるものなの?



授乳のたびにげっぷを出させるのですが、
昨日は持ち上げるのが重くて大変でした。

DSC01977.JPG


息子よ、どんどん大きくなって、
母に楽をさせておくれ。

DSC01973.JPG


最近、
息子は母のにおいが分かるのか、


わたくしが抱っこすると、
胸に顔をうずめる動作をします。


これが、とても可愛く、
旦那さんには絶対にしないので、

「羨ましいやろ〜?」と、旦那さんに自慢しまくりました。


旦那さんは、
「俺が抱っこすると…息子は安心している感じがする。
 君よりもね。」
と、捨て台詞を吐いておられました。



旦那さんに抱っこ(げっぷ)してもらう息子の図。
DSC01964.JPG



毎日、息子に胸ぐらを掴まれ、
顔を引っかかれ、
母乳のために、
無理やり、飲んだり食べたりして肥えておりますが、
この努力が報われる瞬間でございます。


DSC01866 - コピー.JPG
胸ぐらをつかまれるわたくし。



そんなわたくしに、
「乳のためにもっと食え!!」と、
旦那さんは容赦なく、


こんなものまで買ってきました。

母乳育成のためのお茶&クッキー。
DSC02041.JPG


このお茶は、信じられないほど不味いのですが、
クッキーはとても美味しいです。


母乳の出が良くなった気がするようなしないような……。




本日もご訪問いただきまして、
ありがとうございました。



ラベル:クルミパン
posted by ユウ at 07:00| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

初めての外出・息子のげっぷ2・母乳のコトなど

母が帰国して5日。

授乳の時以外、座る時間もありません。


とても、ブログ書けない……と、思いつつ、半分寝ながら書いております。



母が帰国した日の夜中。
息子が泣き出した時、
わたくしは寝ぼけながら、

「お母さん、先にオムツ替えよう〜……。」と、いつも隣に寝ていた母につい声をかけてしまい、
返事が返ってこないので、

ああ、そういえば、もう母は居ないんだ…。
誰も助けてくれないんだ…(注:夫がいるけど)。

と、ものすごく寂しくなりました。


お母さん、今までありがとう。
わたくし、ひとりで(注:夫がいるけど)頑張ります。




そういうわけで、
買い物に行ってくれる人が誰もいないので(注:夫がいるけど)
この前、初めて夫と外出の練習を致しました。


まずは、手始めはコンドの中で。
DSC01902 - コピー.JPG


緊張気味の息子(笑)。
DSC01906.JPG


そして、カフェへ。
DSC01922 - コピー.JPG


そのあと、近所のスーパーに行きました。


顔見知りのスーパーのおばちゃんたちが沢山寄ってきてくれ、
「あなたのハズバンドに似てるわ!」
「なんてカワイイのかしら!」
「男の子なの?女の子みたいね!」
と、声を掛けてくれました(^^)。


旦那さんは、
「おまえは、みんなにカワイイって言われるな〜。」
と、息子を撫でながら親ばか発言(笑)。




シンガポールで出産して良かったと思うことは、
みんな妊婦に優しいことです。

日本で妊娠5か月の時、一時帰国した時、
一度も電車やバスで席を譲ってもらえませんでした。


だけど、シンガポールでは、
電車では必ず席を譲ってもらえたし、
いちど、病院の帰りに満員電車に乗った時、近くに居た見知らぬおばちゃんが、
わたくしの腰を支えてくれ、転倒を防止するために守ってくれたりも。


カフェやレストランでは、
座り心地の良い席を用意してもらえたり、と。
本当に至れり尽くせりの妊婦生活でした。


シンガポール人の優しさに支えられた日々に感謝感謝です。



※※※※※※※


息子のげっぷ第二弾(笑)。

親ばか過ぎてすみません。


今から、げっぷするぞ〜。
DSC01925.JPG

がんばるぞ〜っ。
DSC01927.JPG

うい〜。
DSC01929.JPG

げふ〜っ。。。(力尽きる)
DSC01928.JPG




※※※※※※


わたくし、母乳とミルクの混合で授乳しております。

母乳があまり出なかった初期のころ、
赤ちゃんに乳を吸わせるといい、ということは分かっていたのですが、
息子が出ない母乳を吸うのを嫌がり、途方にくれました。


で。考えたんです。

「母か旦那さんに乳を吸って貰えばいいんじゃない?」と。


母に頼んでみたところ、
「冗談じゃないわよ!!!」と、拒否られました。

旦那さんに頼んでみたところ、
「無理。」と、即答されました。


仕方ないので、泣いて嫌がる息子に無理くり吸わせました。

みんな冷たいわ…。。。。


息子だけだよ、わたくしの乳を飲んでくれるのは……。

世知辛い世の中だな…と、思った出来事でした。



1か月経つと、息子はよく笑ってくれるようになりました。
DSC01895.JPG

嬉しいです♪




posted by ユウ at 07:00| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする