2016年09月20日

オーストリア・ウィーン旅行記Kオリガミ!

本日で、ウィーンの旅行記を終了させていただきます。

なんか、長々とすみません💦。




ウィーンでは、美術館や博物館など、それはそれはたくさん、
「芸術」をこよなく愛する旦那さんに引きずられて連れて行かれました。



わたくしは、「芸術」にものすごく疎いのですが、
実は、中学高校と、美術部に所属しておりました。
幼稚園の頃から絵を習っていたからです。

わたくしの両親もきっと、
「この子、絵ぐらいは人並み以上になって欲しい…。」との思いがあったのでしょう。
父よ、母よ…。
期待に応えられなくてごめん…。何の取柄もなくてごめん…。でも人並みにしあわせに生きております。ほほほ…。





というわけで、わたくし、この美術館巡りがものすごく苦痛でございました。

だって。

旦那さん、美術館に行くと、
オーディオガイドを全部聴くんだもん。


そんな人います…?!

そして、一言一句覚えてるんだよ…。絵の説明を…。
「お…恐ろしい子…!!!」→「ガラスの仮面」ふう。
そう、それがわたくしの夫。




特に苦痛だったのが、こちらの「美術史美術館」。
DSCF9681.JPG

なんと、5時間もおりました。
今思い出しても泣く。



ゴージャスな内部は好きでした。
シンデレラの階段みたいなのがいい。きれいなものが好き。
DSCF9694.JPG


カフェも好き。
DSCF9690.JPG

カフェの座り心地も好き。ごはんも好き。店員さんも優しくしてくれて好き。
DSCF9688 - コピー (2).JPG



……でも、旦那さんが無邪気過ぎてキライ…。

1つ1つ、オーディオガイドを聴いては、
「おもろいなぁ。素晴らしい絵だなぁ。ねっ、君もそう思うでしょ?」と、おっしゃいます。



このとき、
ロシアのエルミタージュ美術館には6時間居たな…。と、ふと思い出しました。
記録が更新されなくて良かった…と、心底思いました。ふっ…。

余談ですが、ロシアに行ったとき、誰からも羨ましがられませんでした。
しかも、お土産のチョコレート「これ、大丈夫?いらんかも」と、怖がって受け取ってもらえませんでした。
ロシアってそんなに危険な香りがするのかな…。





※※※




観光シーズンが微妙に外れていたからか、
ヨーロッパに広がるテロの影響もあったのか、
今回のウィーンは、観光客が少ないな…と、感じました。

日本⇔ウィーン直行便も廃線のようですし、日本人はますます遠ざかっちゃうのかな。

日本人にも会わなかったな…。
シンガポール発だったから、飛行機にも乗ってなかったし。



飛行機といえば、
帰りのウィーン⇒ヘルシンキの便で、3人席だったのですが、
わたくしのお隣は、めちゃんこ素敵なおじいさん!!

目が青くて、髪もお髭も白くて、とっても優しそうで、
まるでサンタさんみたいなっ!!→フィンランドだけに。
童話に出てきそうな!


でね、わたくし、暇だったので、
ペーパーナプキンで「鶴」を折って遊んでいたのです。

それを見ていたおじいさん。
「オリガミ!!!」と、イキナリ叫んだのです(笑)。

びっくりしたわたくしに、おじいさん、
「わたしにも教えてもらえませんか?オリガミ見たの初めてです!」と。

それから、わたくし、
おじいさんと一緒に楽しくオリガミをして遊びました。


おじいさんはマルックさんというお名前で、ご職業はデザイナーさん!
ヘルシンキ近郊に住んでいて、ウィーンはおひとりで観光だったそうです。

しかも、超日本通で!!

空手を習っておられて、同じく空手をやっていた旦那さんと意気投合しておりました。

サントリーの「山崎」というウィスキーが大好きで、
ウィスキーを飲んでいる写メも見せてくださいました(笑)。


というわけで、ヘルシンキまではあっという間。
おじいさんは名刺までくださり、ヘルシンキに来たら連絡頂戴ね!と言ってくださいました(^^)。

なんか、国際交流。
じ〜ん。




今回のウィーンの旅、本当にいろんな方に親切にしていただきました。
道に迷っていたら、「なにかお困りですか?」と、絶対声をかけてもらえたし、
わたくしが電車からスーツケースをおろすとき、手伝ってくださったり。

なのにわたくし。
「親切にされて、スリに遭うパターンかも!!!」なんて、心の中で疑って。

旦那さんに、
「あ、今疑ってたやろ?!疑ってたやろ?!
 君の心はなんて醜いんだ!醜すぎる!!」と、言われる始末…。
「醜い」連発。あなたの妻ですが…?



なんか素直に反省だな。



ありがとうウィーン。
楽しかったよウィーン。

またいつか♪

DSCF9733 - コピー.JPG


本日も長文をお読みいただきまして、
ありがとうございました。


posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

オーストリア・ウィーン旅行記Jオーストリア料理

今回、ウィーンにて、
旅にあるまじき、「日本食を食べる」という行為を4回も犯したわたくしたち。


だって。
そこに「日本食」があったから。→そこに「山」があるから。




そんな中、
まだ旅の初期の頃は、オーストリア料理も堪能していたのです。
いろいろ行った中で印象深かったお店を2つ自慢させてください。

この2つは人気店らしく、ネットで予約してから行きました。



まずは、
「プラフッタPlachutta」
DSCF9661.JPG

ここの看板メニュー「ターフェルシュピッツ」狙いで行きました。
柔らかく煮込んだ牛肉料理のことです。ポトフみたいな。

こちらがその「ターフェルシュピッツ」。
DSCF9671.JPG


ほうれん草のペーストと、西洋わさびをつけて食べると絶品でした!
DSCF9672.JPG

スープもおいしくって、パンが進みます。パンでおなかいっぱいになるパターンね…。
DSCF9670.JPG

他にエビ料理も。
DSCF9668.JPG


ビールが進みそうなお料理でしたが、
わたくしはビールが好きではないので、
オーストリアのお酒「アペロール」を注文しました。
DSCF9663.JPG

「アペロール」は、オレンジのリキュールです。
カフェなどで、かっこいい大人の女性が注文しているのをよく見かけました。
わたくしも、大人の女性だしね。かっこ悪いけどね。


白ワインのような感じで少し甘味があってスッキリ。
初めて飲む味でしたが、美味しかった!



店員さんのサービスもよく、とても美味しい料理を堪能できました!
DSCF9666 - コピー.JPG





お次はこちら。
「ツム・ヴァイセン・ラオホファングケーラー Zum Weissen Rauchfangkehrer」
DSCF9705.JPG

こちらは、特大のウィンナーシュニッツェルで有名なお店です。
ウィンナーシュニッツェルとは、牛肉のカツレツのことです。
DSCF9703.JPG

ベリーのジャムを追加注文したところ、
これが大正解でした。肉に酸味のあるジャムって合うんだなぁ〜。


魚料理も。
こちらは、可もなく不可もなく…。
DSCF9701.JPG

いろんな味のパンは絶品でした。
DSCF9698.JPG


店内はかわいらしく、テーブルごとに仕切られていて居心地がとてもよかったです。

DSCF9700 - コピー.JPG

ピアノの生演奏もあり、優雅な時間を過ごすことができましたよ。



総じて、オーストリア料理は美味しかったです。→小学生の感想。





ちなみに、日本料理は、
この間ご紹介した、グランドホテルの「雲海」以外に、
オペラ座近くの「日本橋」に2回行きました。
DSCF9732.JPG

お寿司は日本人が握ってくれているそうです。
DSCF9728.JPG

デザートも抹茶プリン。
DSCF9729.JPG

レベル高かったです。
シンガポールにあったら通っちゃうよ。




次で最終回です。
ネタがないのに無理やりKに続きます。



posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

オーストリア・ウィーン旅行記Iカフェ・インペリアル

ウィーンの旅行記も、そろそろネタが尽きてきました。


え〜と。
ただ、ウィーンでのんびりショッピングとかお茶とかしていただけで、
特に何もしていないので、
「…なんかあったっけ?」
なんて思っておりますが、


もの覚えの良い旦那さんが、「あれもしたぞ!これもしたぞ!」と、
いろいろ思い出してくるので、
もう少しお付き合いいただければ…と、思います。
なんか、すみません。




本日は、ホテル「インペリアル」のカフェに行ったよ。…という、
自慢話をさせてください。


こちらは、世界のVIPが宿泊するホテル「インペリアル」の1階にあるカフェです。

DSCF9822.JPG

ホテル「インペリアル」は、
19世紀に建てられた公爵の館を、皇帝フランツ・ヨーゼフ統治下の1873年に
迎賓館兼ホテルに改造し、現在も各国からの国賓の迎賓館として使用され、
日本の天皇、皇后両陛下もご宿泊されたのだそうです。



わたくしなんかが入っていいのかしら…?と、腰が引けるロビー。
お邪魔いたします。
DSCF9820.JPG

わたくしたちが宿泊しているホテルのロビーとの違いに、
富豪との格差を痛感いたしました。



カフェに入ると、昼食時だというのに、
お客さんが全くいないことにビビりました。
DSCF9805.JPG


お客さんゼロなのに、
旦那さん、なぜか血迷って、
「予約してないのですが、大丈夫ですか?」と、
店員さんに聞くという…。あわあわあわ…。
旦那さん、無表情なのにテンパってるのか…?




店員さんはとても感じが良く、笑顔で、
「もちろん、大丈夫ですよ!テーブルも選び放題ですし、どこにします?
 窓側の席にご案内しましょうか!」と、案内してくださいました。




カフェなのに、高級感溢れるテーブルセッティングにうっとり。
DSCF9806.JPG


アイスコーヒーを頼んだら、
この国に来て初めて、普通のアイスコーヒーが出てきました。
(この店以外では、超甘いアイスカフェラテに生クリームてんこ盛りでやってくるのが常。)
DSCF9811.JPG
アイスコーヒー美味し〜。



オーダーしたのは、


ポテトスープ。(2人とも)
DSCF9815.JPG

メインは、旦那さんはリゾット。
DSCF9818.JPG


わたくしは、エビのシーザーサラダ。
DSCF9817.JPG


高級そうなお味がして、
とっても美味しかったです。



わたくしたち2人のために、たくさんの店員さんが世話を焼いてくださいました。
一種のハーレム状態でした。

ありがとうございます。いい思い出です。



余談ですが、
インペリアルのお手洗いが凄くゴージャスで驚きました。
便座も低めだったので、短足胴長のわたくしにちょうど良かったです。








Jに続きます。



posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする