2015年07月23日

フランス・パリ旅行記C 街歩きと奇跡の出会い♪

パリは、ただ街を歩いているだけでも風景に魅了されました。

072.JPG



セーヌ川沿いにノートルダム寺院。

113.JPG




帽子を被らずに、うっかりサングラス1つで歩いていたら…。
真っ黒に日焼けしてしまいました。

DSC01001 - コピー.JPG


シンガポールの友達たちから、
「シンガポールで日焼けしないのに、何故パリで…?」と、笑われるわたくし…。

腕なんか時計の跡がくっきりです…(泣)。



パリは連日36度を超える猛暑で、朝も夜も気温があまり下がらなかったんです。
日差しが強くて、公園にいる馬たちもしょんぼりしてました。

222.JPG




暑くて暑くて、カフェを求めてサントノレ通りをてくてく歩いていたところ…。

038 - コピー.JPG

なんと、「とらや」を発見!!!
036.JPG


あのシンガポールにもないのに!!
パリには「とらや」有り!!


旦那さんと私、言葉も交わさず、気が付くと自然に吸い込まれていました。


2人とも宇治金時10ユーロ(約1400円)をオーダー。食べかけ写真すみません…。
035.JPG

生き返るわ〜。
きゃっきゃと夫婦2人で「おいしいね〜!」と、はしゃぎながら舌鼓を打っていた時のこと。



「あの…。○○(←私の旧姓)さん…?」
………いきなり、ものすごい日本人美女から声を掛けられました。


私  「…え? はい。そうですが…。」
美女  「◎◎高校の○○(私の旧姓)さんですよね!私のこと覚えてます?Wです。」

なんと、
パリのとらやで声をかけてくれた美女は、高校3年間一緒のクラスだった同級生でした。


同級生Wさん 「○○(←私の旧姓)さん、全然変わってないから、すぐ分かったよ〜!!」
私       「Wさん、すごいキレイになっちゃって、全然分からなかったよ〜!!!」


高校を卒業して15年以上経ちます。
全然変わってない私ってちょっとガックリです…。


その事実に旦那さんは大ウケでした(泣)。


だけど、日本ではなく、パリで昔の同級生に声を掛けられたことに不思議な縁を感じました。


Wさんは、キャビン・アテンダントで、パリにはフライトで1年ぶりに来たとのこと。
パリが担当ではないので、今回はたまたまだったのだそう。


昔から、ちんちくりんでボーッとしている私に比べて、Wさんは才女だとは思っていたけど、
今も現役で活躍されているキャリアウーマンの彼女は、より眩しく輝いて見えました。


なんとシンガポールにも1か月に1回はフライトで来るそうです。
ちゃっかりお互いの連絡先も交換しちゃいました(^^)。


今度はシンガポールで再会できるといいなぁ。


パリで奇跡の出会い。
世の中には不思議なことがいっぱいあるんだな〜、と思いました。



ではでは、長くなりましたので、旅行記Dに続きます。




posted by ユウ at 07:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

フランス・パリ旅行記B シャンゼリゼ通り♪

私たち夫婦は、ムール貝が好きです。


シンガポールでは、休日、しばしば夫婦でローカルスーパーに行くのですが、
魚売り場で、1キロくらいの山盛りのムール貝が1・5ドルくらいで売られているのを目にします。


1キロ1.5ドル…?
安過ぎて、身の危険を感じる値段設定です。

お腹いっぱい「ムール貝の白ワイン蒸し」が食べたい…。
だけど、怖くて買えない…。
だけど、やっぱり食べたい…。

そんなことを考えながら10か月が経ちました。


そして、念願のバケツいっぱいお腹いっぱいムール貝を食べれる日がやってきました。


パリでの最初の夕食は、
シャンゼリゼ通りに面している「レオン・ド・ブリュッセル」にて、ムール貝をたらふく食べました。
(地球の歩き方などのガイドブックに必ず載っています。)
058.JPG


ここは、早い、旨い、安い、の3拍子揃った、ムール貝のお店です。
以前、旦那さんとパリに来た時も訪問しましたが、今回も期待を裏切らない美味しさでした。
パリに来て最初にベルギー料理を食べるという…。





それにしても、冬は観光客が少なくて歩き易かったシャンゼリゼ通りも…。

夏は人人人人人……。

DSC00979.JPG

人も車も多すぎです。

086.JPG



さすが、観光大国パリですね…。


せっかくなので、凱旋門の上に登ってみました。
心臓破りの螺旋階段…。翌日、旦那さんは筋肉痛に悩まされます。

DSC00972.JPG


凱旋門の上から見るとこんな感じです。

DSC00946.JPG


夏のフランスは夜10時頃まで明るいです。
凱旋門も、夜11時まで登れます。




余談ですが、
シャンゼリゼ通りは凱旋門の表よりも裏の方が静かで人通りが少なく、
まるで別世界です。


シャンゼリゼ通り凱旋門の表に面した、激混み「ラデュレ」で食べた、
お洒落なクロックムッシューよりも…。
DSC00981 - コピー.JPG

082.JPG



裏通りにある、凱旋門がちょっと見える小さなカフェで食べたクロックムッシューの方が
何倍も美味しく感じたのは、私がやはり庶民だからでしょうか…。
DSC01311.JPG

DSC01313.JPG



旦那さんは、ラデュレで食べたオムレツが、美味しくて忘れられないそうですが…。
085.JPG

私は既に忘れてしまいました…。




posted by ユウ at 07:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

フランス・パリ旅行記A ルーブル美術館・詐欺師との遭遇♪

7月10日(金)夜10時半。

シンガポール・チャンギ空港からエールフランスでパリのシャルル・ドゴール空港に向かいました。



パリ到着は朝6時でした。

スーツケースに巻いていたはずの、ショッキングピンクのバンドが無くなっていました……。
前日、オーチャードのダイソーで買ったお気に入りだったのにぃ。
持ってった人…大事に使っておくれね…。



空港からは、エールフランスバスでパリ市内まで向かいました。

参考になれば幸いですが、空港から市内には行き方が3通りあります。
@エールフランスバス
Aタクシー
BRER

一番お勧めなのは、@エールフランスバスです。
料金は1人17.5ユーロで、30分毎に出ており、リヨンやモンパルナスに停車します。
座れる上に荷物も出し入れしてくれるので、楽々です。
私たちは滞在ホテルがリヨンにあったので、このエールフランスバスを利用しました。
(所要時間:約45分)


Aのタクシーは、市内まで50ユーロほどで行けるので、3、4人で移動する場合は@よりお得かも。
ただ、スーツケースは2つ目から追加料金が必要というケースが多いので、
乗る前に値段交渉した方が良さそうです。(所要時間:約1時間)


一番避けた方がいいのは、BのRER(電車)。
時間には正確ですが、旅行者を狙ったスリがたくさん居ます。
また、RERからMRT(メトロ)に乗り換える必要がある場合などは、更に危険度が増します。
メトロは、ほぼエスカレーターがありません。
大きくて重い荷物を持っての移動は大変です。


さて。

リヨン駅に到着〜!!
065.JPG


ここは、スペインやらベルギーやらをつなぐ大型駅なので、人人人。
062.JPG

みなさん、どちらに行かれるのかしら〜?

毎日通った駅前の風景。
063.JPG

なんてことない普通の風景なのですが、
シンガポールにはない建物なので、にわかに感動〜。



朝早すぎてホテルにチェックインできなかったので、荷物を預けて、
ルーブル美術館に行くことにしました。


この時。
到着早々、詐欺師に遭遇する私たち(笑)。


メトロの回数券を買おうと、改札のインフォメーションに並んでいた所、
ご丁寧にプラカードまでぶら下げた案内係ふうの男が声をかけてきました。

男    「回数券の買い方を教えてあげるから、券売機に一緒に行こう。」
私たち  「ここで買うからいいし。」
男    「何日パリに居るの?」
私たち  「1週間くらいだけど。」
男   「回数券は1日しか有効じゃないから、俺の教える券の方がお得だから来なよ。」
私たち   「………。。。(苦笑)」


回数券はね〜、期限無いんですよ。。



そんな手口に引っかかってたまるか〜っ!!と、
旦那さんと思わず顔を見合わせてしまいました(笑)。



私たちが「あっち行けよ」的なそぶりを見せると、男は去って行きました。
駅員のような服装をしてましたが、明らかに変装です。
皆さまも是非お気をつけ下さいませ〜。



無事にメトロに乗り…。


ルーブル美術館到着〜!!
004.JPG

ルーブル美術館は今回で3回目です。

相変わらず、モナリザの前は混んでますね。
013.JPG

モナリザの微笑み。
DSC00906.JPG

幼稚園の野外授業でしょうか…?
子供たちが熱心に先生の説明に耳を傾けていました。
023.JPG

ルーブル美術館は、宗教画が多く、暗い絵だらけなので、私はあんまり好きではありません。
だけど、パリに来たら取敢えずここに行かなきゃ…。と、思わせる何かがあります(笑)。



ルーブル美術館を午前中見学し、いったん昼食のため外に出ました。
あまり知られていませんが、多くの美術館はその日であれば何度でも入れます。

パリに来て初めて入ったレストラン…。
それはこちら。

「SANUKIYA」。
119.JPG

なんと、うどん(笑)。肉うどんをチョイス。
セットの鶏飯とから揚げとたまご焼きと一緒に。
027.JPG 224.JPG

やはり、うどんは裏切りませんね。


関西風のお出汁が美味しかった〜!
私たちが日本に住んでいたら絶対パリで食べなかったのだろうけど、
現在シンガポールに住んでいるので、レベルの高い日本食が恋しいのです。


だけど、うどんに50ユーロって(2人分)。(約6500円)
パリでもシンガポールでも、うどんはセレブの食べ物でした…。。。


「SANUKIYA」はルーブル美術館から歩いてすぐの場所にあります。
地球の歩き方にも載っていますし、地元でも大人気のようで常に満席!
美味しくて、滞在中2回も行ってしまいました(笑)。


ではでは、長くなりましたので、
旅行記Bに続きます。


posted by ユウ at 07:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする