2017年08月30日

ロイヤルコペンハーゲンのスプーンとビレロイ&ボッホのボウル♪

昨日、
ランチをしにお馴染みのシティホールの「浅野屋」に行ったところ…。


お店の前で謎の儀式が行われておりました…。
DSCF0319.JPG


炎の熱気で、この距離でもかなり暑く、
みなさんは、よくあんなに炎の近くに居れるなぁ…と感心いたしました。



赤いテーブルには、写真ではよく分からないかと思いますが、
豚の丸焼きが豪快に乗っており、もの珍しさから見学しておりましたところ、
みなさま、飛び入りのわたくしを温かく迎えてくださいました。



ご厚意がとても嬉しかったのですが、
なにせ炎が暑すぎて、
すぐに冷房のキンキンに効いた浅野屋の店内に避難するヘタレなわたくし。
…どうも申し訳ありませんでした…。



店内から見学していると、
そのうち雨が降ってきて、
炎が次第に消える……という悲しい事態になりました。


その後、わたくしはランチに夢中で
あまり外を見ておりませんでして、
食べ終えて外を出た頃には、燃えカス以外は綺麗に片づけられていました。


何の儀式だったのか分からず仕舞でしたが、
つつがなく終わったようで良かったです。



浅野屋では、
サンドイッチとトマトスープをいただきました。
DSCF0320.JPG


こんなにもパンをいただいたくせに、
食後にレモンティーを頼んだ時、一緒にアンドーナツを注文してしまいました。
DSCF0322.JPG
これでもか…!というほどレモンが入ったレモンティー。
切り刻んだアンドーナツの見苦しい食べかけ写真申し訳ありません。






炭水化物祭りにより、お腹がいっぱいになりすぎて、
夕食は簡単なものに。


旦那さん、手を抜いてごめんなさい。
長崎ちゃんぽん。
DSC01561.JPG

冷蔵庫にあったシーフードミックスやら豚肉やらキャベツやらかまぼこやらを、
テキトーに炒めました。



写真のロイヤルコペンハーゲンのスプーンですが、
今回の一時帰国の時に、旦那さんに買って貰ったものです。⇒自慢。
DSCF0326.JPG


ひとつひとつ模様の濃淡や絵柄の大きさも異なり、
手描きの味が出ていて、どのスプーンも可愛いなぁ…と、
いつまでも眺めてられるほどの親バカです。


あと、ビレロイ&ボッホのボウルも4つ買い足してもらいました。
DSCF0324.JPG
11年前、結婚祝いに2つ会社の後輩からプレゼントしてもらい、
とても気に入っていたのですが、
1つ割ってしまったので、新たに。
全部で5つになりました。


丈夫で使いやすく、温かみのある白いボウルは、
わたくしのしょぼい料理が美味しそうに錯覚して見えるので、大変重宝しております。



ビレロイ&ボッホは、こういう定番品だと、
ヨーロッパでもセールになったのを見たことがありません。

シンガポールでは1つ50ドルで売られていて、
あまりの高さに目を剥いてしまいましたが、
日本ではこの半額くらいで購入できました。


シンガポールよ‥。なぜそんなに物価が高いの…。。
関税が高いのかしら…。。






posted by ユウ at 07:00| お気に入りの食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

ロイヤルコペンハーゲン・ブルーエレメンツ♪

時間がなくて〜。
また白パン
DSCF9323.JPG


手抜き全開で申し訳ありません〜




でも。
今日は、
パンをご紹介したいのではなく、器を自慢したいだけなのです。


新しいボウル〜!
ロイヤルコペンハーゲンの「ブルーエレメンツ」(24p)です。
DSCF9142.JPG


もちろん、シンガポールでロイコペが手に入る訳もなく、
この前両親が、日本から持ってきてくれたものです。

父から、
「ラーメンどんぶり🍚が一番重かったよ〜。」と、空港に到着してすぐ言われました。

ごめんよ。
ありがとね〜





既に、
同じ形で、こちらの緑の絵柄の「カラーエレメンツ」を2枚持っているので、
013.JPG


柄違いですが、4枚に





わたくしは、器が好き過ぎて、
暇があれば食器棚を眺めてはほくそ笑む日々です。


旦那さんには少々気味悪がられておりますが、
こっそりニヤけているだけで、誰にもご迷惑をおかけしておりませんので、
これからも、見逃していただきたいと思います。





ちなみに、わたくしは「ビレロイ&ボッホ」も大好きです。

昨日、M子さんと、
デンプシーヒルの「アンリシャルパンティエ」に行ったのですが、
ここはいつもケーキがビレロイ&ボッホのお皿で出てくるのが嬉しいです。
DSCF9296.JPG

実は、いつかこのお皿を手に入れたいと企んでおります。
わたくしのしょぼい料理も、きっと目の錯覚で素敵に見えることでしょう。



デンプシーヒルには、
いつもの美味しいお肉屋さん「ヒューバー」に行くために訪問したのですが、

行くたびに「これってあったっけ?」というモノを発見します。
なんか怖い…仏像?拝んどく?
DSCF9292.JPG




posted by ユウ at 07:00| お気に入りの食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

ムーミンの2015年冬季限定マグ♪

先ほど、ゴミを捨てにダストシュートに行きました。

ダストシュートは、各階のエレベーターホールにあるのですが、
すぐそこだから…と、
持前の落ち武者ヘアのまま、
乾燥機でやられてヨレヨレのTシャツ、短パンで外に出たところ…。

…うっかり、お隣の若夫婦に出会ってしまいました…。


まずい。
油断しておりました。



外食するために素敵なロングドレスをお召しになられた奥さま。
スーツを着こなされた旦那さま。

ま…眩しすぎ…。


わたくし…。
「いつもは、こんな変な格好じゃないんです!!
 もっと小奇麗なんです!!」と、言い訳したかったです。←いつもこんなもの。






わたくし、身なりにはあまり気を遣わないのですが。

「食器」に関しては、人並みに気を遣っております。



一時帰国の際、
必要もないのに、食器をたんまりーツケースに放り込んできたのですが、

まだ自慢していない、可愛いものがあったことを思い出しました。



2015年冬季限定ムーミンマグ。
010.JPG


アラビアのムーミンマグは、毎年夏季と冬季に限定が発売されるのは有名ですよね。


今までそんなにムーミンマグに心惹かれなかったんだけど。
今年の柄には、胸を撃ち抜かれました。可愛い♪

物語「ムーミン谷の冬」の中の、「冬眠」のシーン。



わたくし、「クリスマス」とか「冬」とか、そういうものが好きなのです。
こう…温かい感じがするというか…。ほんわかするというか…。



日々、シンガポールで厳しい荒波にのまれ、今にも遭難しそうなので、
癒しが欲しいのかもしれません。




ついでに、お隣にちらっと写っているイッタラのお皿も一緒に持って帰ってきたものです。
15pの白いお皿を2枚。
イッタラと分かるように、シールをつけっぱなしで写真を撮りましたが、
現在は邪魔なので剥がしました。
これ、ちょっとしたものを乗せるのに、すごく使いやすくて嬉しいです。



ムーミンつながりで、こちらも。

クリッパンのコットンブランケット。ムーミン柄。
178.JPG

これも一時帰国で。


クリッパンは、ウールのブランケットがものすごく可愛いのですが、
わたくし、シンガポールという南国で暮らしておりますもので、
コットンにいたしました。


コットンは洗濯機で洗えるので便利だし、
しっかりとした厚みもあって、じゅうぶんに温かいです。


冷房で部屋がとても寒いので、(←寒くても湿気対策のために点けなくてはいけないのです。
旦那さんと熾烈な奪い合いの日々です。



では、長くなりましたので、
このへんで失礼させていただきます。

自慢にお付き合いいただき、ありがとうございました。





posted by ユウ at 20:00| お気に入りの食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする