2018年02月10日

グッドウッドパークホテルの「レスプレッソ」で送別会♪

わたくしがシンガポールに来てから、
初めてお友達になったのが、M子さん。



M子さんはその時、シンガポール4年目で、

出会ったときから、
「わたし、シンガポール長いから、もうすぐ帰国なのよね〜。
 せっかく知り合ったのに、残念だわ〜。」
などと、おっしゃっておられました。



毎年、
デパートに冬服が並び始める9月くらいになると、
「次のお正月はきっと日本に居るわ〜。コート用意しなくちゃね♪」
と、よく二人でマックス・マーラーに見に行ったものです(笑)。



「帰国帰国!」と、言い続け、
「ねえ、いったいいつ帰国するの?」という、
いわゆる「イクイク詐欺」だったM子さん。



もう、わたくしがシンガポール去る日まで、いらっしゃるのかと思っておりましたが、
この度、旦那さまの転勤が決まり、
「日本日本!」と、ご本人が歓喜したのも束の間、
お次は香港ということです。



「日本橋の千疋屋に行くんだ〜。」と、
東京への転勤を微塵も疑っていなかったM子さんの落胆は大きく、
「ええ?何でこんなことに……。。東京〜。。。」と、
日本大好きM子さんは、しきりに訴えていらっしゃいました(笑)。


台湾7年⇒中国の広州3年⇒シンガポール6年⇒香港

う〜ん、すごい経歴だな。




息子が生まれるまで、
週に2回遊ぶこともあった、超仲良し友達だったので、
わたくしは、現在悲しみに暮れております。





と、いうわけで、
3月に旅立たれる前に、
2人で送別会を致しました。


会場(笑)は、グッドウッドパークホテルのレスプレッソです。
アフターヌーンティをしに♪
300px-Goodwood_Park_Hotel,_Feb_06[1].jpg


ホテルに行く前に、うちに息子を見に来ていただき、
我が家からタクシーで向かいました。


アフターヌーンティは、
月〜木は14時から17時半。
金、土、日は2部制です。

DSC02217.JPG


DSC02198.JPG



グッドウッドパークホテルのアフターヌーンティは、
サンドイッチが充実していて、美味しいと評判です。

DSC02192.JPG


DSC02193.JPG


DSC02195.JPG


DSC02196.JPG


DSC02197.JPG


DSC02199.JPG


DSC02200.JPG


ドリンクは、2つ選べて、
TWGの紅茶やコーヒーなどいろいろあります。


わたくしたちは、最初は紅茶、2杯目はカフェラテに。
DSC02214.JPG


こちらは、他のホテルのように、
三段トレイが出てくるわけでもないのですが、
アットホームな感じで、ウェイターさんやウェイトレスさんもとても優しく、
シンガポールにありがちなニョニャ菓子もなく、料理も美味しいので
ゆっくりと楽しむことが出来ました。

DSC02209 - コピー.JPG



M子さんは、ここのスコーンがお気に入りで、
買って帰ったこともあるのだとか!

DSC02202.JPG


1か月半ぶりにお会いしたので、
話が止まりませんでした(^^)。

ああ、行かないで〜!!





M子さんからは、こんな素敵な出産祝いをいただきました。

ラルフローレンのお洋服〜!
DSC02222.JPG

小さな息子にもったいない高級品!


大好きなM子さん、
出会えてよかった〜!!


M子さんのおかげで、
わたくしのシンガポール生活はバラ色でした♪

DSC02191 - コピー (2).JPG




ラベル:レスプレッソ
posted by ユウ at 07:00| シンガポール ハイティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

5月のTIME&FLOW ♪

お惣菜系のパン作りました。



毎度お馴染みウィンナーエピ♪
DSCF9057.JPG



秘訣は、
「美味しいウィンナーを使うこと」です。⇒あたりまえ。




※※※※※※



4月にお友達と行った、
オーチャードのスコッツスクエア地下の「TIME&FLOW 」。


毎月ハイティーのメニューが変わるらしく、
5月も旦那さんと行っちゃいました♪


ミシュラン三ツ星のジョエルロブションで働いていた日本人シェフが腕を振るう、
最高のハイティー。

今回も素敵でした。


ストロベリーのウエルカムドリンク。
DSCF9024.JPG


ウニやらキャビアやらマグロやらの乗ったキュウリの前菜。
DSCF9029.JPG

クスクスの上にはケバブ。(ピンクのクスクスはビーツで色付けされています。)
DSCF9030.JPG


2杯目の飲み物。
旦那さん(奥)⇒りんご、カモミールのモクテル
わたくし(手前)⇒ゆず、セロリのモクテル
DSCF9032.JPG


スイーツやおかずがいろいろ乗ったブレッドボード。
DSCF9033.JPG


北海道野菜がのったカレー。
DSCF9042.JPG


とても独創的な食べ物ばかり。

目でも楽しめ、舌でも満足


やっぱりここのハイティーが一番好きかも。


ただ、ビュッフェ形式のハイティーと違って、
ドリンク以外はお代わりできないので、男性には物足りないかもしれません。



でも、お腹がいっぱいにはならなかった旦那さんも、
「いいもの食べたわ。」と、おっしゃっておられました。

DSCF9038 - コピー.JPG




ハイティーのお礼に、
おうちに帰って、
夕食のメイン料理に、「ブイヤベース」を作りました。
DSCF9061.JPG


久々だったので、作り方を忘れ、
適当にサフランなどを入れ、それっぽく仕上げました。


いつも「俺ってグルメだからさッ」と、「グルメ」を語る旦那さんにテキトーさが
バレなくて良かったです。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール ハイティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

リージェントホテルの「バジリコ」♪

在星日本人に大人気のイタリアン・ビュッフェがあります。



リージェントホテルの2階にある「バジリコ」です。
DSCF8902.JPG



駐妻の間ではとにかく有名なので、
お友達たちは既に、何度も訪問済み。



値段も値段なので、
今さら「一緒に行きたい。」とは言いづらく…。


たまたま旦那さんが、平日にお休みを取ってくれたので、
シンガポールに来て1年半で、
ついに、初めて訪問できました♪



リージェントホテル、素敵なホテルですね〜。
DSCF8904.JPG


ゆっくりしたかったので、
今回は、敢えてお料理の詳しい写真は撮っておりません〜。

no-title

no-title


わたくしのセンスゼロなお皿の写真でも(笑)。
DSCF8881.JPG

DSCF8887.JPG
上の方にあるピザは、
シェフが直々にアツアツなものをテーブルまでサーブしてくださいました♪



DSCF8888.JPG

DSCF8889.JPG


もう、ウェイトレスさん、ウェイターさんが親切過ぎます〜!!

味ももちろん美味しいのですが、
さすがホテルのレストランだなぁ、と。


カメラを持っていたら、
「写真お撮りしますよ。」と、自ら声をかけてくださったり。
DSCF8877 - コピー.JPG


わたくしたちは、
他のお客さんに比べたら、ものすごく少食だったらしく、
「もうデザート食べてるの?!それでいいの?!」…と心配してくださったり(笑)。


お皿が空っぽになったら、
すぐに下げてくださるし、フォークやナイフも常に新しいものに交換してくださいました。

日本と同じくらいのサービスだったように感じます。



それに、月曜日ということもあったのか、
あまりお客さんが多くなかったので、本当にゆっくりすることが出来ました。

DSCF8878.JPG



というわけで、
念願のバジリコ。
評判通り、とても美味しくて大満足のランチでした


でも、
30代後半のわたくしたちには、
ビュッフェ形式だとあんまり食べれないのがちょっと残念なところ〜。



別途、ドリンクを頼んだため、
お会計は2人で150ドル弱でした。(1万3千円くらい)


う〜ん。
やっぱりシンガポールのレストランは高いわ〜


ラベル:バジリコ
posted by ユウ at 09:42| シンガポール ハイティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする