2016年11月26日

ヴィエノワと電球のお話。

再び、「ヴィエノワ」を作りました。


実は、
パン生地を発酵させている合間に「逃げ恥」を観たせいか、
うっかりパンのことが頭から抜け、
うっかりそのまま明治屋に行ってしまい、帰ってきたら…。

生地がボウルから溢れておりました…。が〜ん。。


思いっきり過発酵でしたが、
捨てるのも忍びなく、
そのまま成型して強引に焼きました。


どうだ。これだぜ〜。。
DSCF9996.JPG


通常、500gの粉に対して、ドライイーストは8gが標準のレシピです。
しかし、わたくしは1gしか使わず、6時間くらい気長に発酵を待つことにしています。
※イーストが少なければ少ないほど風味が良くなります。


このことが、功を奏し、
過発酵でもイースト臭がほとんど出なくて助かりました。
※イーストを通常の量使っての過発酵はイースト臭がして食べられたものではありません。


過発酵になると、パンに「焼き目」が付きにくいという特徴も出ます。
なので、200度で焼くところを280度に上げて焼きました。⇒どこまでも強引。
というわけで、焼き目もまあまあ付けることが出来、セーフ。



問題の「風味」ですが、パンの中にチョコチップを入れ込み、
多少の味の低下を誤魔化しました。⇒どこまでもズルい。

DSCF9997.JPG


旦那さんは
「なんか、いつもよりウマいんじゃない?!生地ふわふわ〜。」
と、喜んでおりました。


無事、旦那さんを騙すこともできました。
わたくし、小賢しい女です。ふっ。⇒「逃げ恥」みくり。


生地に弾力がなくなり、ふわふわなのは過発酵のせいですよ、旦那さん。




※※※※※※




2つ前のブログで、
小汚いけど電球が充実しているというローカルのお店のお話をさせていただきました。


このことをネタでお話したところ、
すごい勢いで食いついた、お友達のM子さん。


彼女、
キッチンの換気扇の電球が切れて2年ほど経つらしいのですが、
珍しい形状であったため、見つけられず放置していたらしいです。




というわけで、わたくし、自慢げに連れて行ってあげました。




お店には、いつものやる気のないおばちゃんが座っていました。

こんな感じで。※アニメ「田中くんはいつもけだるげ」の田中くんを彷彿とさせるおばちゃん。
imgres.jpg


M子さん 「Excuse me, DO you have this light?」


おばちゃん 「………How many?」




おばちゃんよ、
「ある」とも答えず、
最低限の言葉で「何個?」って。


カッコ良過ぎ!!!

惚れてまうやろ〜!!


M子さんも「まじで!あるんだ!すごいっ!どこにもなかったのに!」と、大喜びでした。


いいことした、わたし。⇒自画自賛。


おばちゃん、いつもありがとう。




※※※※※※



また、タンジョンパガーの「パントラー」に行ってきましたよ〜。


このごろ、毎週行ってるかも…。
旦那さんとかお友達とかと…。

DSCF9939.JPG


モンブランも美味しいのだけれど、
ミルフィーユの美味しさにやられています。

DSCF0001.JPG

今まで食べたミルフィーユの中で断トツ一番です。


3〜6時までがケーキセット11.50ドル+なのですが、
昨日は2時40分に行ってしまい、

お店のお姉さんに、
「まだ3時じゃないけど、ケーキセットの値段にして欲しいな〜」と、甘えてみたところ、

「いいわよ。でも内緒!」と、おまけしてもらえました。

イイお姉さん〜。ありがとう〜!





本日も、ご訪問いただきましてありがとうございました。



ラベル:ヴィエノワ
posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする