2016年11月20日

リビングの照明の交換。

我が家のリビングルームには、照明が2つあります。


日本の賃貸マンションでは、自分で照明を取り付けるのが普通だと思いますが、
ここシンガポールでは、オーナー趣味の照明がすでに備え付けられていることが多いようです。

我が家もしかり。



そして、
この照明たちに、わたくしは約2年間悩まされました。
天井が高いうえに電球の交換が難しく、毎回その度に命懸けでした。
大げさじゃないよ、ホントのお話です。
しかも、どこにでも売っていない電球だったから、尚更ストレスが…。



悪いことは重なるもので、なんか、ここ半年、
電気を点けると、「じ〜じ〜。ぱちぱち。」と音が鳴り響くという…最悪な事態に。


だいぶん慣れましたが、
じ〜じ〜ぱちぱち音はあかんやろ……。燃えたらヤバいやろ…。


と、いうわけで、オーナーに泣きついたところ、
結構あっさりと交換に応じていただけました。
ありがと〜



しかし、ここに来るまで、
なんか時間がかかりまして。

11月初めには、設置してもらえるはずだったのに、
エージェントのマイク(仮名)がすこぶる出来ないヤツで、
彼が約束を一発で守ることは、もはや奇跡。
あれよ、あれよという間に時が過ぎ、結局昨日やっと付けてもらえたのでした。
(先週来たことは来たんだけど、業者が1つしか照明を持ってきていないという手違いがあってさ…。)



今まで、ものすごく安っぽい照明だったのですが。

優雅な感じになりました。アールヌーボー調的な?
DSCF9973.JPG


電球も取り替えやすそうです。ホッ。
DSCF9975.JPG



これはこれで、完結できて良かったんだけどね。
ありがとうなんだけどね。


………実は、同じ時間に、シャワーホースの交換もしてもらえる予定だったのですよ…。

なのに、マイクよ。

なんで、その手配を怠るんだよ…。

待っても待っても来ないし。
電話しても出ないし〜。(怒)


シンガポールは、のんびりしている国です。
マイクはその典型のような男。
期待しても無駄なので、また気長に待ちたいと思います。
マイクはかわいげのあるやつなので、なぜか憎めないんだけどさ…。でも、仕事してくれ〜!って思う。




※※※※※※※




今年のオーチャードの高島屋のクリスマスツリー。

超普通。
DSCF9966.JPG

…だと思ったら、

クマ!!
DSCF9967.JPG

素敵。




※※※※※※※



旦那さんの同僚のインド人の方から、
帰省のお土産をいただきました。



しかも、わたくしに!

ペイズリー柄の大判のストール〜っ。

DSCF9985 - コピー.JPG


鏡見て自撮り。ピンボケですみません。


ペイズリー柄がエキゾチックで、
肌触りがすごく良いんです〜。
かわいい〜っ!


シンガポールは南国だけど、室内はエアコンで極寒なので、
ヘビロテしそうな予感…




※※※※※※



最近、右手の指をダイナミックに火傷し、
手が使いにくかったため、パン作りはお休みしておりました。

パンにわたくしの水膨れの汁(?)が練り込まれるのもね……。
旦那さんも嫌だろうからね…と、思ったら、

「別にいいよ。」と、旦那さん。

……変態か。




ではでは、本日もご訪問いただきまして、
ありがとうございました。





posted by ユウ at 07:00| シンガポール コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする