2016年11月12日

ベーグルもどきと 照明が切れたお話。

レーズンとクルミのパンを作りました。

DSCF9961.JPG


ベーグル……と、見せかけての〜。

……普通のパンです。



うちの旦那さんは、ベーグルをお好きではないようで、
あんまり食べません。

いつも作り損。



なので、
ベーグルほど硬くせず、茹でず、の独自のレシピで、
テキトーに作りました。



クリームチーズ(キリ)を挟むと、なお良しでございます。

DSCF9963.JPG





※※※※※



レシピブログさんの「くらしのアンテナ」コーナーにて、
わたくしのレシピを載せていただいております。


「女子ウケ抜群♪ほっこり甘〜いサツマイモのサラダ」です。
HP:http://www.recipe-blog.jp/antenna/104758
005.JPG



こちらは、昨年書籍でも掲載していただいております。
2015年09月29日20時46分の画像.jpg


宜しければ、お試しになってくださいね♪




※※※※※※




3日前のおはなしですが…。


夜、マスターベッドルームのシャワーを浴びていたところ、
いきなり、電気が切れました。


げ。


タイミング悪っ。



「こんちくしょ〜めがっ!」と、ちゃぶ台をひっくり返したい衝動にかられましたが、
かろうじて耐えました。
ちゃぶ台なんて無いし。




旦那さんがまだ帰宅していなかったので、
マスタールームの電気を点けてくれるヒトが居ず、
暗闇の中で身体を洗いました。




わたくしたち夫婦は、
東京で8年間賃貸マンションで暮らしておりましたが、
バスルームの電気が切れたことは一度もありませんでした。



なのに、この国ときたら。

シンガポールに来て2年と2か月。
切れんの早すぎだろ〜よ。このコンド新築やど。




バスルームの電気は、
天井に埋め込み形式です。


照明の枠を外すと、枠の淵の壁がボロボロ剥がれ落ちてくる…という、
とんでもなく、チャチな造りに、
「なんじゃこりゃ〜!」と、またちゃぶ台をひっくり返したくなりましたが、
かろうじて耐えました。
ちゃぶ台なんて無いし。




今まで見たことのない、特殊な感じの電球がはめ込んであったので、
また、「なんじゃこりゃ〜!ナメとんのか!!!」と、暴れたくなりましたが、
かろうじて耐えました。⇒しつこい。




でも、こんな特殊な電球も怖くないんだ、わたくし。

強い味方がいるから。




実は、うちの照明、
リビングルームをはじめ、
ポピュラーでないものばかり使われていて、すごく困っていました。



そんな時、ある、超小汚いローカルの電気屋さんの前を通りがかり、
やる気のなさそうな、けだるい感じのおばちゃんに
「この電球ある?」と、一応聞いてみたところ、
「あるよ。」と、出してくれたのがきっかけで、
そのお店に絶大な信頼を置くようになりました。




今回も、この特殊な電球があるだろう…と、思い、
お店を訪れたところ、
この無表情のおばちゃん、「あるよ。何個?」と。


おばちゃんとこ、なんでもあるな。
おばちゃん、好き。
ありがとう。


おばちゃんは、「田中くんはいつもけだるげ」の田中くんを彷彿とさせます。
imgres.jpg

ユルく生きても別にいいんだ…と、安心するアニメ。ありがとう。
imgres.jpg





というわけで、迅速にバスルームの電気は復旧しました。





実は、来週、
リビングルームの2つの照明を丸ごと交換いたします。
現在、しょぼいものが設置されていますが、
今度のは素敵なものだったらいいなあ。。なんて。
オーナーセレクトなので、わたくしどもに選ぶ権限がないし、少々不安だけど…。

また、無事設置されたらご報告いたします。



では、このあたりで本日は失礼いたします。
いつもご訪問いただきまして感謝いたしております。




ラベル:ベーグル
posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする