2016年10月22日

ヴィエノワと体重。

わたくしは、パン作りをするので、
パン屋さんに陳列してあるパンを眺めるのが趣味です。


シンガポールで、トレイもトングも持たず、
ただぐるぐるパン屋の店内を舐めるように見ている人間が居たら、それはきっとわたくし。

かなり怪しくてスミマセン。



先日、どこぞのパン屋さんで、
チョコチップ入りの「ヴィエノワ」が美味しそうだったので、
早速作ってみました。

DSCF9913.JPG

…ええと。
コッペパンじゃないよ。



ヴィエノワは、「ウィーン風のパン」という意味で、
卵とバターがふんだんに使われたフワフワのパンです。

チョコチップを入れたので、それに合う生地を…と、生地の水分は牛乳にしました。



ヴィエノワの特徴、いくつものクープは、
二次発酵前の成型後すぐに入れるのがポイントですよ♪




お店では、1個3・2ドルという高額で売られていたので、
自分で作るとタダだ!!!と、嬉しくなりました。⇒いや、タダじゃね〜だろ…と、旦那さんに突っ込まれました。




※※※※※※※




最近、お久しぶりのお友達に会うと、
必ず「ユウさん、痩せてない?!大丈夫?!」と、言われます。


いえ。
これがわたくしのベスト体重な気がいたします…。



わたくしの身長は159pです。
20代の時の体重⇒39`〜41`。 仕事のストレスで大食いでも体重が増えなかった黄金期。
30代前半の体重⇒46`〜48`。 残り物まで食べていたらあれよあれよと増加。
30代後半の体重(今現在)⇒44`〜45` 



現在は、
痩せすぎでもなく、太りすぎでもなく、気に入っていた高校時代の体重に戻りました。



何で痩せたの?!
と、みなさんにいっぱい訊かれるので、考えてみたところ、
毎日朝食で食べていた、
グリークヨーグルトを半年ほど止めたことしか思いつきません。



わたくしは、
グリークヨーグルトが大好き過ぎて、寝る前にも食べていたくらいだったのですが、
何しろ、普通のヨーグルトよりコスト高だったので、節約の為にストップしたところ、
するすると体重が落ちました。



みなさまに、こうやって説明しても、
「うそ!ヨーグルトやめただけで痩せないよ!なんかやってるでしょ?!」と、
疑われます。

わたくしは日ごろの行いが悪く、邪悪な顔をしているので、疑われても仕方ないのですが、
それ以外本当に何もやっていません。。



グリークヨーグルトをやめた当初は、
ヨーグルト売り場の前を通るのが辛くて、
「うおおおお!!!」と、禁断症状が出そうでしたが、
半年後の現在は別に食べたいとも思わなくなりました。
慣れというのは、すごいものです。



あ、これはわたくしの体験談であり、
全ての人に当てはまるわけではないので、よろしくお願いします。

あまりにもいろんな人に言われるので、
なにやら書きたくなっただけです。



あ、痩せても、残念ながら下半身デブは相変わらずです…。
足が細くなりたい…。ついでに長くもなりたい…。





本日も大切なお時間をいただきまして、ありがとうございました。





ラベル:ヴィエノワ
posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする