2016年09月17日

オーストリア・ウィーン旅行記Jオーストリア料理

今回、ウィーンにて、
旅にあるまじき、「日本食を食べる」という行為を4回も犯したわたくしたち。


だって。
そこに「日本食」があったから。→そこに「山」があるから。




そんな中、
まだ旅の初期の頃は、オーストリア料理も堪能していたのです。
いろいろ行った中で印象深かったお店を2つ自慢させてください。

この2つは人気店らしく、ネットで予約してから行きました。



まずは、
「プラフッタPlachutta」
DSCF9661.JPG

ここの看板メニュー「ターフェルシュピッツ」狙いで行きました。
柔らかく煮込んだ牛肉料理のことです。ポトフみたいな。

こちらがその「ターフェルシュピッツ」。
DSCF9671.JPG


ほうれん草のペーストと、西洋わさびをつけて食べると絶品でした!
DSCF9672.JPG

スープもおいしくって、パンが進みます。パンでおなかいっぱいになるパターンね…。
DSCF9670.JPG

他にエビ料理も。
DSCF9668.JPG


ビールが進みそうなお料理でしたが、
わたくしはビールが好きではないので、
オーストリアのお酒「アペロール」を注文しました。
DSCF9663.JPG

「アペロール」は、オレンジのリキュールです。
カフェなどで、かっこいい大人の女性が注文しているのをよく見かけました。
わたくしも、大人の女性だしね。かっこ悪いけどね。


白ワインのような感じで少し甘味があってスッキリ。
初めて飲む味でしたが、美味しかった!



店員さんのサービスもよく、とても美味しい料理を堪能できました!
DSCF9666 - コピー.JPG





お次はこちら。
「ツム・ヴァイセン・ラオホファングケーラー Zum Weissen Rauchfangkehrer」
DSCF9705.JPG

こちらは、特大のウィンナーシュニッツェルで有名なお店です。
ウィンナーシュニッツェルとは、牛肉のカツレツのことです。
DSCF9703.JPG

ベリーのジャムを追加注文したところ、
これが大正解でした。肉に酸味のあるジャムって合うんだなぁ〜。


魚料理も。
こちらは、可もなく不可もなく…。
DSCF9701.JPG

いろんな味のパンは絶品でした。
DSCF9698.JPG


店内はかわいらしく、テーブルごとに仕切られていて居心地がとてもよかったです。

DSCF9700 - コピー.JPG

ピアノの生演奏もあり、優雅な時間を過ごすことができましたよ。



総じて、オーストリア料理は美味しかったです。→小学生の感想。





ちなみに、日本料理は、
この間ご紹介した、グランドホテルの「雲海」以外に、
オペラ座近くの「日本橋」に2回行きました。
DSCF9732.JPG

お寿司は日本人が握ってくれているそうです。
DSCF9728.JPG

デザートも抹茶プリン。
DSCF9729.JPG

レベル高かったです。
シンガポールにあったら通っちゃうよ。




次で最終回です。
ネタがないのに無理やりKに続きます。



posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする