2016年07月10日

美味しいフレンチレストラン「Fleur de Sel 」♪

先日、わたくしは誕生日を迎えました。
また1つ年を取りました。



アラフォーのわたくし。
さすがにめでたくもなんともなく、
自分でも忘れているぐらいだったのですが、



一応、わたくしの旦那さんは、「旦那」という役割を果たすべく、
「めでたい!めでたい!」と、大騒ぎし、祝ってくださいました。
どうもありがとうございます。




そして、誕生日当日の夜は、
フレンチレストランを予約してくださっておりました。



タンジョンパガーの駅から歩いて5分ほど、
トラスストリート沿いにある「Fleur de Sel 」。
no-title


初訪問でございます。
DSCF9333 - コピー.JPG


平日の夜にもかかわらず、
カウンター席以外はほぼ満席でした。



まずは、パン。
ライ麦のカンパーニュ。
DSCF9330.JPG

パンを作る者としては、気泡といい、みずみずしい食感といい、
なんて素晴らしいカンパーニュだ…と思いました。
こんなパンをチャチャッと自分で作りたいです。


ビーツのスープ
DSCF9331.JPG

牛肉のタルタル
DSCF9336.JPG


オマール海老のビスク
DSCF9338.JPG

フォアグラ
DSCF9339.JPG

ホタテ貝と生ハム
DSCF9343.JPG

鴨料理
DSCF9349.JPG

デザート。フランスの伝統的なお菓子ババ。
DSCF9350.JPG


そして、
事前に旦那さんが、わたくしの誕生日だということをお店に伝えていたらしく、
ろうそくのついた、フランボワーズのケーキも登場しました。
DSCF9352 - コピー.JPG


フランス人のウェイターの方が、
しきりに「ハッピーバースデー!」と祝ってくださいました。

……気を遣っていただいて、どうもスミマセン。



日頃食べ慣れていない、高級食材の数々を堪能致し、
美味しすぎて、時間が止まればいいのに…と思いました。
ごちそうさまでございます。





さて、
お会計ですが、飲み物、サービス料、税などを合わせて、
300ドルほどでした。

シンガポールで、このクウォリティーで、300ドルは満足度が高いです♪


だけど、再訪問の時は、
もう少し安く済ませるために、ランチで伺いたいなぁ…と思います。





そういえば、お会計を旦那さんはカードで済ませたのですが、
お店の方が旦那さんのファーストネームを見て、
「僕の友達に君と同じ名前の人がいる。
 彼は日本人じゃない。フランス人だ。
 日本人でもこういう名前多いのか?」と、驚いていました。


旦那さんは、アラフォーには珍しく、
そして、顔に似合わず、
キラキラネームというか…西洋人のようなお名前です。


わたくしの名前は平凡過ぎて、どこにでもいるので、
とても羨ましい限りです。




あ、話がいささか脱線して申し訳ありませんでした。




というわけで、
わたくしは今年も誕生日を無事に迎えることができましたよ、という、どうでもいい報告でした。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございます。



「Fleur de Sel 」
http://www.fleurdesel.com.sg/




ラベル:Fleur de Sel
posted by ユウ at 07:00| シンガポール レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする