2016年09月14日

オーストリア・ウィーン旅行記Hブタペスト2

ブタペスト1の続きです。


漁夫の砦から、バスに乗って元来た道を戻りました。

DSCF9778.JPG



そして、
往きの列車の中で、旦那さんが「ここに行きたい!」と言っていた、カフェに向かいました。



カフェ「ジェルボー(Gerbeaud)」
DSCF9790.JPG

1858年創業のブタペストを代表する有名なカフェらしいです。


ロココ様式の天井やシャンデリア、大理石のテーブルなど、店内は贅沢な作りです。
DSCF9786.JPG


旦那さんはアイスレモネード、
わたくしはアイスレモンティーをオーダーしました。


ここのドリンク、今まで生きてきて飲んだドリンクの中で断トツ1位でした!美味しいっ!
ティーなんだけど、なんかオレンジのような、レモンのような、ミントのような複雑な味なのです。
作り方教えてほしいくらい…。
DSCF9783 - コピー.JPG


店員さんたちもすごく親切で、わたくしなんかにも優しく、
お会計の際、美味しい小菓子も下さり、大満足でした(^^)!



カフェで一休みして元気が出たので、
ハンガリーと言えば、陶磁器「ヘレンド」と「ジョルナイ」のお店を
軽く物色しに行きました。




ヘレンドでは、日本では見たことのない模様のものがいっぱいあって、
胸が躍りました。
しかし、胸が躍っているのは、わたくしだけのようでございました。

旦那さんに、
「重いもの買うと知らないよ。持ってあげないからね。」と、釘を刺されました。

せっかくハンガリーのヘレンドに来てるのに、
ただ指をくわえて観ているだけでしたが、大好きな皿に囲まれてしあわせでした。




お次に「ジョルナイ」に行きました。
すごく高価だったので、

店員さんに、
「ジョルナイの方がヘレンドより高いんだね〜。」のようなことを言ってみたら、

店員さん、
「ジョルナイはマーチャーシュ教会とか、色んな歴史的建造物に使用されているのよ。」
こっちの方がすごいんだから〜!みたいなことを誇らしげに言われました。


こちらが、その「マーチャーシュ教会」です。
カラフルな屋根部分がジョルナイなのかな?
DSC01431 - コピー.JPG

というわけで、ジョルナイは高価過ぎて、身分不相応でございました。
ハンガリーでこんだけ高かったら、他国で買うといくらなんだ…という疑問が。
まあ、知らなくてもいいや…。買えないしな…。




日も傾きかけておりましたので、
「くさり橋」に行きました。
DSC01457 - コピー.JPG


ここから見る風景もまた素敵でした。
DSC01459.JPG


最後に「聖イシュトヴァーン大聖堂」に行き。
DSCF9791.JPG

礼拝堂を拝みました。
DSC01466.JPG




そして、18時40分の国際列車で、ウィーンに戻りました。


美しき青きドナウよ。さよ〜なら。
DSC01473.JPG


ウィーンに到着したのは、21時10分。


長旅でしたが、この足で夕食を食べに街に出ました。
そして、ホテルに戻ったあと、旦那さんはサウナに消えてゆきました。

恐るべき体力…。
すごいな、旦那さんよ。



Iに続きます。





posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする