2016年09月11日

オーストリア・ウィーン旅行記Eオペラ「魔笛」と日本料理

ウィーンが最も観光客で賑わうのは、秋です。

何故かというと…。

9月からオペラが始まるからです。




国立オペラ座の開幕は9月3日(土)からでした。

でも、わたくしたちは、9月3日の夜にウィーンを去らねばならなかったので、
国立オペラ座は断念しました。


旅行の日程が、少しあとにずれていたら…と、思わないでもなかったのですが、
旦那さんの仕事の都合もあるので、いた仕方なしです。



と、いうわけで、
9月1日から開幕の「フォルクスオーパー」でオペラを鑑賞しました。

DSCF9769.JPG



演目は、以前から興味のあった「魔笛」です。

「夜の女王」が歌う有名な歌!
生で聴けた〜!!!

感動でうち震えました……!!!



そして、誇らしいことに、
主演の男性がね、なんとアジア人だったのですよ!!

これ、ポスターの写真ね。
DSCF9777.JPG

日本人かな?
中国人かな?

パンフレットを買わなかったので、分からなかったのですが、
アジア人がヨーロッパの舞台に主演として立つのが、どれだけ大変だったか、
どれだけの努力が必要だったのか…と思うと、頭が下がる思いでした。

本当に素敵な声だった!


舞台の真下で生演奏しているのですが、
音楽もそれはそれは素晴らしかったです!(興奮!)

DSCF9775.JPG



まだ親のスネをかじって生きていた学生時代、
両親とロンドンでミュージカル「美女と野獣」を観たことがありますが、
ミュージカルの方が舞台セットが華やかで凝っていた気が致します。
目で楽しむのを重視するならば、ミュージカルかな?


だけど、この「魔笛」も簡素ながら、良くできた舞台だなあ…と感じました。⇒なぜか上から目線。



わたくしたちが観た席は、1階席で、これくらいの距離間でした。
DSCF9767.JPG

2人で90ユーロの席です。
この席で十分満足だったし、何よりも安いですよねっ!!
(劇団四季は、ひとり1万円超えるよね?!)

チケットは、当日の朝、国立劇場前売りセンターで購入し、
席も選ばせて貰えましたよ。



あ、
ちなみに「ドイツ語」での上演です。
わたくしは英語も微妙なので、ドイツ語はもちろん意味不明でした。

ドイツ語検定2級を持つ旦那さんも、同じく意味不明だったと言っておいででした。
ドイ検2級は英検2級くらい意味無し……のようです。
グリュスゴット(=こんにちは)しか分からんかったらしいです。



※※※※※※※※




オペラ鑑賞の前、
ちょっと腹ごしらえと、日本食を食べに行きました。



こちらの「グランド・ホテル・ウィーン」7階にある、
DSCF9760.JPG


「雲海」です。
DSCF9752.JPG


昼食と夕食の狭間あたりの時間帯に行ったので、
全然お客さんがいませんでした。
DSCF9754.JPG


ひとつひとつのポーションがものすごく大きい定食で、食べ切れないほどの外国人サイズでした。
(写真では伝わらないかな。)
DSCF9755.JPG

こちらはデザート。フルーツてんこもりのでっかいパフェ…。
DSCF9757.JPG


お味もサービスも文句無しで、
お値段は、シンガポールの「黒尊」の天ぷら定食(32ドル)ぐらいでした。

シンガポールの物価の高さを思い知らされました……。




あまりにも気に入り、
ウィーン最後の夕食も、ここで取りました。

日本料理で〆るという、間抜け夫婦ですが、後悔はございません。



Fに続きます。



posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする