2016年09月10日

オーストリア・ウィーン旅行記Dザッハトルテ

ウィーンには、素敵なカフェがたくさんあります。


お店のショーウィンドウを覗くと、
心躍るスウィーツがたくさん!

DSCF9623.JPG

できる限りたくさんのカフェに行きたいな〜と、思っておりましたが。


わたくしたち、もう若くないんだなぁ…と、実感。⇒夫婦でアラフォー。


残念ながら、大量の甘いものは胃が受け付けません〜。。。ううっ。
というわけで、的を絞って。



行ったことがないところを訪問しようと思ってたのに…。
8年前も行った、ザッハホテルの「カフェ・ザッハ」にまた行くという。

DSCF9646.JPG


店内はこんな感じです。
多分、お客さんはみんな観光客なんだろうな〜。
DSCF9631.JPG

ホテルのカフェだけあって、店員さんはみなさんニコニコ親切でしたよ。
シンガポールみたいにフレンドリーでした。
はっ。わたくし、知らん間にシンガポールを好きになってる…?!



軽いランチを兼ねて行ったので、
大好きなハンガリーやオーストリアの郷土料理のスープ「グヤーシュ」と、
オーストリア料理「ウィンナー・シュニッツェル」を。
DSCF9638.JPG

食事、美味し〜!

そして、本場のカイザーゼンメル(パン)もやっぱり美味しい〜!
わたくしも、こんなパン作りたいです。
シンガポールに「準強力粉」があれば……。あっても作る技術がわたくしには無いか…。。修行だな。


そして、こちらが本命!!
ザッハトルテ〜!と、メランジェ(=カフェラテ)。
DSCF9645.JPG

8年前も思ったけど、
正直なところ、そんなにいうほど美味しくないんですよね〜。

旦那さんも同意見。

ウィーンのザッハで食べたんだぜっ!!……という、一種の記念と自慢だと思う。
すみません。また自慢ばかりして。
でも、行って良かったです。⇒一体どっちなんだってね。


ケーキはね、やっぱり日本かパリだと思います。繊細だもの。


カフェ・ザッハの前には、ホテル・ザッハの車が止まっていました。
DSCF9649.JPG

可愛い車!何する車?配達?
DSCF9650.JPG



Eに続きます。




※※※※※



今日でシンガポールに来て2年が経ちました。
3年目に突入です。
月日が流れるのは早いなぁ〜。

ものすごく嫌いだったシンガポール。
最初の一年はいつもイライラしておりました。

湿気にイライラ。
綺麗な服を着ているのに、足元はビーチサンダル履いている人を見るとイライラ。
(シンガポールは、こういう人多いです。女性はオフィスでもビーサン履いている人います。今は見慣れたけど。)
なんでもアバウトに済ませる気質にイライラ。
「オッケーラー」「ネバーマインラー」にイライラ。


だけど。この頃、少し住みやすさを感じています。

鍵を無くした時、見ず知らずのわたくしに親切にしてくれたローカルの方々。
いつも、声をかけてくれる、スーパーのおじちゃん、おばちゃん。
こちらでできた、お友達。
役に立たないこのブログに嬉しいコメントをくださる、シンガポール在住の方々。
みんな、みんなありがとうございます。


日本に居るより、はるかに大変なことが多いし、
言葉も思うように操れないし、
もどかしいこともいっぱいありますが、
少しずつ楽しみを見出そうと思っています。⇒まだ見出してないんかい…。

さて。また新たなキモチで頑張ります♪



posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする