2016年09月09日

オーストリア・ウィーン旅行記Cアウガルテン

ヨーロッパでもっとも古い歴史を持つ陶磁器ブランドといえば、
言わずもがな、「マイセン」ですが、


2番目に古いブランドってご存知ですか?


ここオーストリアの「アウガルテン」なのですって。
得意気に喋っておりますが、自称「皿オタク」のわたくしも、
実は旅行の下調べで初めて知りました。



「アウガルテン」って日本で店舗あるのかな。
ブランド名も初耳でした。
皿オタク…を名乗る資格無しだな。




皿がわたくしを呼んでいたので、
ウィーンの郊外にある「アウガルテン陶磁器工房」に行ってまいりました。
DSCF9734.JPG

アウガルテンマークの旗がはためく。
DSCF9735.JPG


月〜金曜日、工房ガイドツアーが朝10時からと11時30分から開催されています。
わたくしたちはそれに参加してみました。
DSCF9740.JPG

皿が出来ていく過程を見れて、しあわせでした……。

絵付けの部屋の写真は禁止だったので、ないのですが、
ひとつひとつ手描きで、職人魂を感じました。




これって、「アウガルテン」の「ウィーンのバラ」なのですが…。
何かに似てません?
DSCF9751.JPG


そうです。
お隣の国、ハンガリーの「ヘレンド」の「ウィーンのバラ」とそっくりですよね。
名前も一緒だし…。



アウガルテンの方が歴史が古いってことは…。
もしかして、ヘレンドが真似した……?!
そこのところは、滅多なことを言わないほうがいいか…。
わたくし、ヘレンド好きだし…。持ってないけど…。



ヘレンドより、アウガルテンの方が価格が高いな〜という印象です。
ティーカップ&ソーサー2客とケーキ皿2枚で本場ウィーンでも7万円くらいなのです。
買うとなると、清水ジャンプでございます。→「清水の舞台から飛び降りる」




そして、じゃ〜ん!!わたくし、
「ウィーンのバラ」を連れて帰ってきました〜!!ようこそっ!我が家へ!
DSCF9828.JPG


ひゃっほ〜。
DSCF9827.JPG



旦那さん、清水ジャ〜ンプ!!!
あ〜れ〜。



………な〜んちゃって。




ホントのところ。



旦那さんに「ここで買えよ。」



…と、後日連れてこられた場所。


それは…。
「蚤の市」。

DSCF9659.JPG


こちらのおじさんからお買い上げいたしました。
DSCF9660.JPG

おじさんの食器たちは、綺麗なものばかりで迷いました。


値切って、180ユーロが170ユーロに。
全部で約1万9千円で購入できました。
う…うれしいっ。


アンティークでも、使用感がなく
とても綺麗です。

これを使うたびに、ウィーンを思い出し、妄想したいと思います。




アウガルテン工房には、カフェが併設されています。
DSCF9744.JPG


アイスコーヒーを注文したら、
でっかいパフェみたいなのが出てきました。


バニラアイスと生クリームがてんこ盛りでした。おいしい…
DSCF9750 - コピー.JPG


Dに続きます。


posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする