2016年09月16日

オーストリア・ウィーン旅行記Iカフェ・インペリアル

ウィーンの旅行記も、そろそろネタが尽きてきました。


え〜と。
ただ、ウィーンでのんびりショッピングとかお茶とかしていただけで、
特に何もしていないので、
「…なんかあったっけ?」
なんて思っておりますが、


もの覚えの良い旦那さんが、「あれもしたぞ!これもしたぞ!」と、
いろいろ思い出してくるので、
もう少しお付き合いいただければ…と、思います。
なんか、すみません。




本日は、ホテル「インペリアル」のカフェに行ったよ。…という、
自慢話をさせてください。


こちらは、世界のVIPが宿泊するホテル「インペリアル」の1階にあるカフェです。

DSCF9822.JPG

ホテル「インペリアル」は、
19世紀に建てられた公爵の館を、皇帝フランツ・ヨーゼフ統治下の1873年に
迎賓館兼ホテルに改造し、現在も各国からの国賓の迎賓館として使用され、
日本の天皇、皇后両陛下もご宿泊されたのだそうです。



わたくしなんかが入っていいのかしら…?と、腰が引けるロビー。
お邪魔いたします。
DSCF9820.JPG

わたくしたちが宿泊しているホテルのロビーとの違いに、
富豪との格差を痛感いたしました。



カフェに入ると、昼食時だというのに、
お客さんが全くいないことにビビりました。
DSCF9805.JPG


お客さんゼロなのに、
旦那さん、なぜか血迷って、
「予約してないのですが、大丈夫ですか?」と、
店員さんに聞くという…。あわあわあわ…。
旦那さん、無表情なのにテンパってるのか…?




店員さんはとても感じが良く、笑顔で、
「もちろん、大丈夫ですよ!テーブルも選び放題ですし、どこにします?
 窓側の席にご案内しましょうか!」と、案内してくださいました。




カフェなのに、高級感溢れるテーブルセッティングにうっとり。
DSCF9806.JPG


アイスコーヒーを頼んだら、
この国に来て初めて、普通のアイスコーヒーが出てきました。
(この店以外では、超甘いアイスカフェラテに生クリームてんこ盛りでやってくるのが常。)
DSCF9811.JPG
アイスコーヒー美味し〜。



オーダーしたのは、


ポテトスープ。(2人とも)
DSCF9815.JPG

メインは、旦那さんはリゾット。
DSCF9818.JPG


わたくしは、エビのシーザーサラダ。
DSCF9817.JPG


高級そうなお味がして、
とっても美味しかったです。



わたくしたち2人のために、たくさんの店員さんが世話を焼いてくださいました。
一種のハーレム状態でした。

ありがとうございます。いい思い出です。



余談ですが、
インペリアルのお手洗いが凄くゴージャスで驚きました。
便座も低めだったので、短足胴長のわたくしにちょうど良かったです。








Jに続きます。



posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

オーストリア・ウィーン旅行記Hブタペスト2

ブタペスト1の続きです。


漁夫の砦から、バスに乗って元来た道を戻りました。

DSCF9778.JPG



そして、
往きの列車の中で、旦那さんが「ここに行きたい!」と言っていた、カフェに向かいました。



カフェ「ジェルボー(Gerbeaud)」
DSCF9790.JPG

1858年創業のブタペストを代表する有名なカフェらしいです。


ロココ様式の天井やシャンデリア、大理石のテーブルなど、店内は贅沢な作りです。
DSCF9786.JPG


旦那さんはアイスレモネード、
わたくしはアイスレモンティーをオーダーしました。


ここのドリンク、今まで生きてきて飲んだドリンクの中で断トツ1位でした!美味しいっ!
ティーなんだけど、なんかオレンジのような、レモンのような、ミントのような複雑な味なのです。
作り方教えてほしいくらい…。
DSCF9783 - コピー.JPG


店員さんたちもすごく親切で、わたくしなんかにも優しく、
お会計の際、美味しい小菓子も下さり、大満足でした(^^)!



カフェで一休みして元気が出たので、
ハンガリーと言えば、陶磁器「ヘレンド」と「ジョルナイ」のお店を
軽く物色しに行きました。




ヘレンドでは、日本では見たことのない模様のものがいっぱいあって、
胸が躍りました。
しかし、胸が躍っているのは、わたくしだけのようでございました。

旦那さんに、
「重いもの買うと知らないよ。持ってあげないからね。」と、釘を刺されました。

せっかくハンガリーのヘレンドに来てるのに、
ただ指をくわえて観ているだけでしたが、大好きな皿に囲まれてしあわせでした。




お次に「ジョルナイ」に行きました。
すごく高価だったので、

店員さんに、
「ジョルナイの方がヘレンドより高いんだね〜。」のようなことを言ってみたら、

店員さん、
「ジョルナイはマーチャーシュ教会とか、色んな歴史的建造物に使用されているのよ。」
こっちの方がすごいんだから〜!みたいなことを誇らしげに言われました。


こちらが、その「マーチャーシュ教会」です。
カラフルな屋根部分がジョルナイなのかな?
DSC01431 - コピー.JPG

というわけで、ジョルナイは高価過ぎて、身分不相応でございました。
ハンガリーでこんだけ高かったら、他国で買うといくらなんだ…という疑問が。
まあ、知らなくてもいいや…。買えないしな…。




日も傾きかけておりましたので、
「くさり橋」に行きました。
DSC01457 - コピー.JPG


ここから見る風景もまた素敵でした。
DSC01459.JPG


最後に「聖イシュトヴァーン大聖堂」に行き。
DSCF9791.JPG

礼拝堂を拝みました。
DSC01466.JPG




そして、18時40分の国際列車で、ウィーンに戻りました。


美しき青きドナウよ。さよ〜なら。
DSC01473.JPG


ウィーンに到着したのは、21時10分。


長旅でしたが、この足で夕食を食べに街に出ました。
そして、ホテルに戻ったあと、旦那さんはサウナに消えてゆきました。

恐るべき体力…。
すごいな、旦那さんよ。



Iに続きます。





posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

オーストリア・ウィーン旅行記Gブタペスト1

オーストリアのウィーンから、
ハンガリーのブタペストは、列車で約2時間30分の距離です。

国境を超えるけど近いです。

no-title


しかし、旦那さんは、
「ハンガリーなんか行かないよ。ウィーンでゆっくりしたいもん。」
と、ずっと言い続けておられました。



というのも、8年前に、
大晦日から新年にかけて3日ほどブタペストに滞在したことがあるからです。
それで今回、旦那さんの興味は全くブタペストに向かず。

そんなこというと、ウィーンだって同じなんだけどさ……。一回行ってるし…。



わたくしはというと、
どうしてもブタペストを諦めきれず、
勝手にハンガリーの「地球の歩き方」をスーツケースに忍ばせておりました。




旅行終盤のある日、
朝食を取っておりました時のこと。

旦那さんに、「今日何する〜?」と、お伺いいたしましたところ、
「ん〜。ブラブラ?」という、ぼんやりした応えが返ってきました。



以下この時の会話です。

わたくし、「ブタペスト行かない?」

旦那さん、「は?行かないよ。ていうか、なんなのいきなり…。」

わたくし、「ブタペスト行きたい。」

旦那さん、「おい、タコ助。  
       行きたかったら、行けると思ってんの?
       世の中そんなに甘くね〜よ。
       なんか事前に調べてんの?そもそも電車なんてあるの?」
      ※旦那さんはわたくしを「タコ助」とよく呼ぶ。イラッとした時とか。

わたくし、「地球の歩き方あるよ…。電車も今すぐ旦那さんが携帯で調べて欲しいの。」

旦那さん、「は?!俺が調べるんかい!
      ……え〜と、9時40分に出発して12時に着くやつあるみたいだけど。」

わたくし、「それに乗る。」


この時、すでに8時半を過ぎておりました。



旦那さんは、「電車のチケット取れなかったら諦めなよ。」と折れてくださり、
9時頃にチケットを取りに国際線発着駅に行きました。


チケットはあっさりすんなり取れ、
その足でまんまとブタペストに向かうことができました。


余談ですが、
ウィーンに住む人って、
デートで「今日どこ行く?ブタペストにでも行こうか!」という会話ができるんだね。
ヨーロッパってお隣の国と近くていいね。
あ、シンガポールでも「今日、ジョホールバル(マレーシア)行く?」ていう会話できるか…。なんか違う…。


12時にブタペスト東駅に無事到着。
DSC01428 - コピー.JPG


昔、工事をしていてボロボロだった東駅。
美しく変化を遂げておりました。
DSCF9796 - コピー.JPG

以前は地下鉄よりもトラムが断然便利だったけれど、
地下鉄の線が発達していて、どこに行くにも便利になっていました。

国会議事堂まで地下鉄を使い、トラムに乗り代え、その後バスに乗り代えて。
DSCF9794.JPG


「漁夫の砦」まで行きました。
DSC01441 - コピー.JPG


ここから見る、風景の美しさったら…。
DSC01449.JPG


この世のものとは思えず。
「ナポリを見て死ね」というけれど、「ブタペストを見て死ね」もあっていいと思う。
DSC01450.JPG


座って記念撮影。絵にならないボサ髪の女。
DSC01448 - コピー.JPG



風景だけの写真を撮り忘れ、
旦那さんやわたくしなど、余計なものが写っているものばかり載せてしまってすみません。



長くなりましたので、
ブタペストのことは次に続かせていただきます。


Hに続きます。




posted by ユウ at 07:00| オーストリア・ウィーン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする