2016年07月21日

海老で鯛を釣ってしまったお話。

ソフト系のパンは滅多に失敗しないので、
作るのが楽しいです。
だからよく作ります。



でも、ブログをご覧いただいている皆さまは、
「またか…。」と、全然楽しくないと思います。


申し訳ありません。。





このところ、アーチ型に成型することにハマっており、
本日のパンも無理やりソレに。



ウィンナーパン。アーチ型。
DSCF9392.JPG




たくさん並べるとイモ虫みたいなので、
拡大してみました。
DSCF9395.JPG


もっと、怖い。





※※※※※※※※




昨日、お友達のM子さんが、
我が家に遊びに来てくれました。



M子さんは、料理上手なので、
わたくしのしょぼい料理だけでは、申し訳ない…と、
「インペリアル・トレジャー」で、
北京ダックのあんかけチャーハンやら酢豚やらも調達しておりました。




そして、現れたM子さん。
汗だくで大荷物を両手に抱えて立っていらっしゃいました。


わたくし  「えええっ!!!何何、何事〜?!」


M子さん   「ケーキなの〜。はい〜!お土産♡」


M子さんは、たくさんのケーキを買って来てくださったのでした
もう、ケーキバイキング状態。
ケーキ天国。



しかも、シンガポールでは、
かなり高級なアンリシャル・パンティエのケーキに、
ユーハイムの大きいサイズのバウム・クーヘン!!!




我が家は貧しいので、
アンリで滅多にケーキを買ってもらえないし、
ユーハイムのバウムクーヘンは、いつも一番小さいサイズです。



涙が出ます…。
ううっ、、、ありがとうございますっ





M子さんは、わたくしの得意料理のコレを気に入ってくださったようでした。

白ごまのお食事系ムース。(※写真は以前作ったものです
002.JPG


美味しい美味しい!と、嬉しいお言葉を連発してくださるM子さんに、
わたくしは調子にのって、無理やりレシピをお伝えしてしまいました。

「有り難迷惑なヤツ」とは、きっとわたくしのことです。





M子さんは、他に、わたくしの切ったグレープフルーツのカットの仕方が綺麗だと、
グレープフルーツに釘付けでした。

「どうやったら、こんなにグレープフルーツが綺麗に剥けるの?!」と、しきりに。
かなりの食いつきようでした。



この日、M子さんが一番喜んでくださった料理は、たぶんグレープフルーツだと思います。

………また、出直そうと思います。





この日も楽しくて、楽しくて、
時間が経つのがあっという間でした。





実は、わたくしも日系のケーキ屋さんでケーキを買っており、
それを帰りがけのM子さんに、無理やり持たせてしまいました。

高級ケーキのお礼を庶民派ケーキで返すという…。


海老で鯛を釣ってしまった出来事でした。
ありがとうございます。





この日、
帰宅した旦那さんは、
夕食後のデザートに、M子さんのケーキを食べて、
「うまい!うまい!」と連発しておりました。


「棚からぼた餅」とは、旦那さんのことだと思います。




本日も長文をお読みいただきまして、ありがとうございました。


posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする