2016年05月10日

ラッフルズホテルのロイヤルチャイナ・飲茶ランチ♪

昨日まで、我が家の冷蔵庫に、
ものすごく不味いリンゴが転がっておりました。


旦那さんが持ってきたこのリンゴ。
放置されて早2週間……。



お互いに「食べないの?」と、なすりつけ合っておりましたが。



仕方無く、腐る前にひと手間…。


どんなに不味いリンゴも、
バターと砂糖とシナモンでグツグツ煮れば、あら不思議。


美味しいリンゴのコンポートが完成


ついでにシナモンロールの中にゴリゴリと入れちゃえば。


なんかイイ感じ
DSCF8998.JPG


いつも似たようなパン作ってすみません。


今度こそ…新しいパン考えます……。しょぼ〜ん





※※※※※



先週のお話ですが。

お友達のM子さんと、ラッフルズホテルでランチをしました。
no-title


お店は3階にある「ロイヤルチャイナ」。
DSCF8984.JPG


なんと、本店はロンドンにあるらしいです。
中華なのに…?
謎だわ…。


中華は「赤」のイメージですが、なんと店内は「ブルー」。
DSCF8982.JPG


なんだか、フレンチレストランみたいですね。



ランチは、
お得な「飲茶メニュー」があります。
この日はそれ狙い


食べたもの。5種。
1つ1つが大きくて、5種でもお腹いっぱいの大満足ランチでした。
なんとお会計1人20ドルでしたっ。安いっ!嬉しい〜!!ホントにラッフルズ?!
DSCF8973.JPG DSCF8975.JPG

DSCF8978.JPG  DSCF8979.JPG
DSCF8981.JPG



実はこの食事。

ひょんなことから、全く見ず知らずの日本人観光客ご夫婦と一緒でした。




ロイヤルチャイナの開店は12時なのですが、
12時少し前に到着すると、
すでに大行列が…。


「予約してないぞ。マズイ…。みんな予約してるの…?」と、
前に並ばれていたご夫婦に、M子さんと声をかけたことがきっかけでした。


なんとなくシンガポールについてのお話をしているうちに、
意気投合し、ここの食事をご一緒させていただくことに(笑)。



ご夫婦は、わたくしの父と母と同じくらいのお歳だったので、
なんだか両親と話しているようで、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。


お別れするとき、
奥さまが、
「実はね、あなたたちに話しかけられる直前まで、わたしたち喧嘩してたの。
 だから、声をかけてもらって一緒に食事できて本当に嬉しかった。
 シンガポールでのいい思い出になったわ。ありがとう。」
と、言ってくださいました。


ありがとうございます。
わたくしたちも、とっても楽しかったです




実は、こういうのって今回が初めてではありません。


シンガポールにいると、
日本人なら誰でも知り合いのような感じに気軽に話せてしまう不思議…。



この陽気な空気のせいでしょうか…。





posted by ユウ at 07:00| シンガポール レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする