2016年04月26日

KAISERHAUSでドイツに浸る♪

ライ麦パンを作りました。
レーズン、いちじく、クルミ入りです。

DSCF8937.JPG


何の変哲もない、パンでごめんなさい🙇。
お砂糖やオイルフリーなので、ついつい作ってしまいます。

何個食べても太らない気がする、お気に入りのパンです。⇒気のせい。



あ。
本日は、わたくしの作ったどうでもいいパンのことではなく。
最近行った、レストランのお話にお付き合いくださいませ。



シティホール駅のCapital Theatreの2階にあるレストラン「KAISERHAUS」。


ドイツ語だ…。
ドイツ料理なのか…?


と、何か月もずっと気になっていました。



気になっていながらも、無難に近くにある「アンジェリーナ」に行っちゃたり。
「星乃珈琲」に行っちゃったり。



しかし。
意を決して、お友達のM子さんをお誘いし、初訪問してきました



お店の中には、
シンデレラの階段(←勝手に名付ける)がありました…

DSCF8913.JPG


とんでもなく高いお店なのか?!と思いきや、
ランチメニューはリーズナブル♪
DSCF8915.JPG


17ドル++ ⇒ 前菜、メイン、飲み物
21ドル++ ⇒ 前菜、メイン、飲み物、ケーキ


わたくしたちは、せっかくなので、
21ドル++を選択しました。


前菜。
M子さんはビーツやじゃがいもが乗ったサラダ。
わたくしは、ほうれんそうのスープ。
DSCF8917.JPG

ほうれんそうのスープは初めての味でしたが、
とても美味しかったです。



そして、メイン。
フリッツの上に魚やらホタテやら野菜やらの串焼きが乗っていて、
横にラタトゥイユが添えられていました。
DSCF8920.JPG


このプレートが大正解。
フリッツも温かく、串焼きもラタトゥイユもすごく美味しくって、
M子さんと「このお店いいんじゃない?!」と、大興奮。




最後にデザート。
ケーキは好きなものをウィンドウから選んでいいよ〜と言われたので、
M子さんはティラミスみたいなケーキ(奥)。
わたくしは、チョコレートケーキを。
DSCF8921.JPG


もしケーキ単体で注文すれば、
なんとこの大きなケーキ、10ドル超え(約900円)なのです。

ランチでセットで付けると、4ドルプラスなだけなので、かなり得した気分に……。



……と、思いきや。


う〜ん。ケーキびみょ〜。。。


かなりの甘さに。
M子さんとわたくしのフォークは1口で止まる…。

なんか、全然違うケーキなのに、2つとも同じ味がするのは気のせい…?

いや…。
そこはドイツ…。
仕方がないのでしょうか…。。。




ドイツは、お隣の国フランスの繊細なケーキと違って、
スイーツはかなり大味だった記憶が蘇る…。



以前
ドイツのドレスデンで、
フラウエン教会の前に建っているカフェ
「COSELPALAIS Grand Cafe&Restaurant」に入ったときのこと。
aussenansicht[1].jpg


とにかく、お店の中が素敵だったし、
店員さんも親切だったし、トイレもピカピカだったし、


極め付けは、食器がマイセンで、
かなりテンションが上がったのですが、


ケーキには打ちのめされました……。見るからに大雑把なケーキ。。
2121.JPG




何はともあれ、
「KAISERHAUS」。
スイーツ以外では、また訪問してもいいかな〜というお店でした。




スイーツが不完全燃焼だったので、
このあと、M子さんと星乃珈琲でダブルパンケーキを食べ直しました。
top_img_reco03[1].png


相変わらず、安定の美味しさですね。

ホホ…。



ラベル:KAISERHAUS
posted by ユウ at 07:00| シンガポール レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

リージェントホテルの「バジリコ」♪

在星日本人に大人気のイタリアン・ビュッフェがあります。



リージェントホテルの2階にある「バジリコ」です。
DSCF8902.JPG



駐妻の間ではとにかく有名なので、
お友達たちは既に、何度も訪問済み。



値段も値段なので、
今さら「一緒に行きたい。」とは言いづらく…。


たまたま旦那さんが、平日にお休みを取ってくれたので、
シンガポールに来て1年半で、
ついに、初めて訪問できました♪



リージェントホテル、素敵なホテルですね〜。
DSCF8904.JPG


ゆっくりしたかったので、
今回は、敢えてお料理の詳しい写真は撮っておりません〜。

no-title

no-title


わたくしのセンスゼロなお皿の写真でも(笑)。
DSCF8881.JPG

DSCF8887.JPG
上の方にあるピザは、
シェフが直々にアツアツなものをテーブルまでサーブしてくださいました♪



DSCF8888.JPG

DSCF8889.JPG


もう、ウェイトレスさん、ウェイターさんが親切過ぎます〜!!

味ももちろん美味しいのですが、
さすがホテルのレストランだなぁ、と。


カメラを持っていたら、
「写真お撮りしますよ。」と、自ら声をかけてくださったり。
DSCF8877 - コピー.JPG


わたくしたちは、
他のお客さんに比べたら、ものすごく少食だったらしく、
「もうデザート食べてるの?!それでいいの?!」…と心配してくださったり(笑)。


お皿が空っぽになったら、
すぐに下げてくださるし、フォークやナイフも常に新しいものに交換してくださいました。

日本と同じくらいのサービスだったように感じます。



それに、月曜日ということもあったのか、
あまりお客さんが多くなかったので、本当にゆっくりすることが出来ました。

DSCF8878.JPG



というわけで、
念願のバジリコ。
評判通り、とても美味しくて大満足のランチでした


でも、
30代後半のわたくしたちには、
ビュッフェ形式だとあんまり食べれないのがちょっと残念なところ〜。



別途、ドリンクを頼んだため、
お会計は2人で150ドル弱でした。(1万3千円くらい)


う〜ん。
やっぱりシンガポールのレストランは高いわ〜


ラベル:バジリコ
posted by ユウ at 09:42| シンガポール ハイティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

カイザーゼンメルを作る♪

ドイツのパン「カイザーゼンメル」。


ちょっと硬くて。
噛み応えがあって。
ライ麦のしっとり感。

好きなんだよね〜





……とかなんとか、言っておりますが。


シンガポールに来て以来。
カイザーゼンメルスタンプを長らく放置中。


たまには使ってやらねば…と、
重い腰を上げてみました。


レーズンとクルミ入りカイザーゼンメル
DSCF8870.JPG



日本で「ケシの実」を買ってきていたことを思い出し、
表面にたっぷりと付けました。
DSCF8871.JPG


カイザーゼンメルの形は「王冠」を模しているのだそうですよ。







※※※※※※





最近、家の中で、
日本では見たことのないムシが出没します。

黒くて、足が長くて、胴体も長いアイツ。



あるときは、バスルームをてくてく歩いておりました。
またある時はソファの下にささっと隠れました。
そして昨日は天井にへばりついていました。



お友達に、そのムシを熱く語ったところ、
「あ、うちにもいるよ。透明な長いひょろひょろとしたヤツでしょ?!」と言われました。

透明…??
ひょろひょろ??


……なんか、うちのムシとは違う気がいたします。

うちにはそのひょろひょろのムシが出ないことを願うばかりです。



しかしながら、
わたくしだけが変なムシで絶叫しているわけではないと、ちょっと安心しました。


みんな戦っているんですね。




昨日、
天井を指しながら、旦那さんに、
「あそこにムシがいるの!」と、ご報告したところ、
「ホントだ〜。一緒に暮らそ。」と、涼しいお顔で言われました。


旦那さんはとても寛大なお人です。


わたくしも見習わなければ。
ムシの1匹や2匹。

仲良くしよ…。


ホホホ…。。。




posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする