2015年12月08日

いちじくとぶどうクルミのパン♪

シュトーレンを作ろうと、
1週間前から、干しいちじくと干しぶどうをラム酒に漬け込んでおりました。


……が。


気付いたら、いつもの「ライ麦パン」を焼いていました。
あちゃ〜。。。
003.JPG






こちらは、2年前のクリスマス時期に焼いたシュトーレン。

004.JPG


旦那さんも、わたくしの両親も、このシュトーレンが大好物なのです


ドイツでは、12月に入ると、
シュトーレンを薄く切って少しずつ食べながら、
クリスマスを楽しみに待つ、という風習があります。
シュトーレンの発祥はドイツのドレスデンです。





一応材料は揃えたものの、
粉砂糖でコーティングしたシュトーレンを、
この暑い気候の中、常温で放置したらどうなることか…。



なんだかとても恐ろしいので、
作るのを躊躇しております…(笑)。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする