2015年12月06日

SDエアコン♪

シンガポールは年中常夏です。

エアコンはわたくしたちの命を繋ぐ…と言っても過言ではありません。



我が家にも各部屋にエアコンが設置されており、
5台のうち、1台は常に作動させている状態です。



エアコンの使用頻度が半端ないため、
メンテナンスを行わないと、
水漏れやカビなどのトラブルが起こる可能性があります。


通常、コンンドミニアムの借主は、
オーナーさんと、
「3か月に1度、エアコンのメンテナンスを行うこと」という取り決めが成されています。


メンテナンス代金は、オーナーさん負担という太っ腹な物件もありますが、
そのような場合、たいがい価格の安いローカルの業者になります。


「ローカル業者の悲劇話」を、結構お友達からお聞きするのですが、
・約束の日に来ない。しかも連絡も謝罪も無い。
・約束の日に来ても、5時間程遅れて来る。その場合も謝罪無し。
・業者が何故か勝手に自分の子どもまで連れてくる。
・トイレを勝手に使う。ただ使うだけならいいが、汚く使う。
・洗面所が水浸し。フィルターだけでなく自分の顔まで洗っている。
・勝手に掛けてあるタオルで床を拭く。(雑巾にする)
・ベッドやソファーをホコリで汚される。
・目を離したすきに盗難。
……などなど。


ちゃんとしたローカル業者さんも、もちろんあるのだとは思いますが、
やっぱり聞くと怖いですね…。
しかも、3か月に1回という結構な頻度で来てもらわなければならないので、
尚更恐ろしいです。


かくいう我が家も、入居後1年間(4回)は無料だったのですが、
ローカル業者さんが来ていました。


我が家は幸運にも、あまり被害はなかったのですが、
う〜んと思うことはは多々ありました…(笑)。
@ 約束の時間より1時間半ほど早く来る。(いつも)
A キッチンのエアコンの油のこびりつき。⇒我が家の台所洗剤を使う。
B 一応靴下を履いているが、おそろしく汚い。
C 中国語しか通じない。

日本では、ありえないことが普通に起こる国、それが「シンガポール」でございます。




さて、
1年の無料期間が終了し、メンテナンス料が借主持ちになったので、
我が家は、お友達から勧めて貰った、
日系の会社、「SDエアコン」にお願いすることにしました。


結論から言うと、
「SDエアコン」。感動の連続でした。



土曜日の朝9時半の約束でしたが、
9時20分に来てくれました。

初回は契約のため、日本人の方も同行して下さいます。
実際に作業する人はローカルの方2人です。


驚いたこと@
エアコンのそばの至るところにカバーをかけてくれる。
657989.JPG

驚いたことA
今迄は、ただフィルターを外してバスルームで洗うだけだったが、
カバーまで外して、分解できるところは全て分解。
しかも、水洗いと同時にバキュームでも吸ってくれ、隅々までキレイに。
657990.JPG


驚いたことB
使ったバスルームの水滴を拭いてくれる。
床に落ちたホコリもキレイに掃除して帰ってくれる。



さすが、日系のサービス。
素晴らしすぎます。

日本ではあたりまえのことなのですが、
「日本の常識」は、シンガポールでの「手厚いサービス」にあたります(笑)。



これまでは、エアコンのメンテナンスはストレスのひとつで、
いつもイライラしていましたが、
我が家は1年契約をしたので、
これからは幾分安心してお任せできそうです



posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

イタリアン「Concetto」とスワロフスキーのクリスマス♪

昨日、
隔週でお会いするお友達のM子さんと、
ドービーゴート駅にある、イタリアンレストラン「Concetto」に行ってきました。

657988_13d08da6a51647edad7dcbd66d8b2532[1].jpg


「Consetto」は、19.9ドル++というリーズナブルな価格で、
ランチ3コース(前菜、メイン、デザート)がいただけます。

わたくしたちは、アイスレモンティー(2ドル++)を追加し、
食事を楽しみました。


前菜
「concetto pasta」
003.JPG

サクラエビがたっぷり。
何のソースなのかイマイチ分からなかった(笑)のですが、白いソースが絶品のパスタでした。


メイン
「kurobuta pork cheek」
006.JPG

ニョッキが添えられた、黒豚を煮た食べ物です。

ホロホロと柔らかく、M子さんと
「本当に豚?牛じゃないの〜?!」と、嬉しい悲鳴をあげてしまいました。

ものすごく、濃厚で美味しいお肉でした。

見た目からは伝わらないかもしれませんが、ボリュームも満点です。


デザート
   M子さん⇒pistachio panna cotta
   わたくし⇒dark chocolate brownie
   008.JPG


こんなに満足度の高いイタリアンは久しぶりでした。

全部で税金、サービス料込で、ひとり25ドル強になりました。



このお店は、
10ドル以下でいただけるフォワグラで有名な「SAVEUR」のグループ店らしいですよ。

今度はフォワグラの方のお店に行ってみたいね〜と話しています。




食後、
M子さんから、
「今年のIONのツリーはスワロフスキーなんだよ〜。」と、教えていただき、
2人でキャッキャと電車でオーチャードへ移動しました。

   013.JPG


夜の方が見応えがあって、もっともっと綺麗だということですが、
ツリーの中もスワロフスキーの石が輝いていて、とても幻想的でした。

011.JPG


子どもたちの遊び場もキラキラ。

014.JPG


この日も喋り倒し、気付いたら6時間も一緒に居ました。
とても有意義なひと時でした。

では、M子さん、また2週間後に。ホホホ…。



ラベル:CONCETTO
posted by ユウ at 07:00| シンガポール レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

山型食パン♪

昨日、旦那さんに、

「わたしの作るパンの中で、何パンが一番好き?」

…という、ラブラブな話題を振ってみました。



旦那さんの返答。

「食パン。」






先日、結婚9年を迎えました。
10年目に突入です。


旦那さんは、とても温厚な人柄で、
これまで一度も、
わたくしを叱ったことも、怖い顔をなさったこともありません。
というわけで、9年間、一度も喧嘩したこともありません。
(わたくしがひとりで怒っていることは度々あります。)



わたくしは、根性がひん曲がっており、性格も悪く、おまけにヘタレで根暗です。
それでもせめて「美人」であれば救われる気がするのですが、
残念ながら、キレイでも可愛くも賢くもありません。

旦那さんは性悪なわたくしに、ひたすら目をつぶって下さっております。


それはもう、奈良の大仏のようなお方です。
(旦那さんは奈良の大仏ファンなので、これが最高の褒め言葉なのです。)


わたくしは旦那さんを、
「菩薩」とお呼びして、ひそかにあがめております。






そんな旦那さんですが、
たまに「空気が読めない」ところがあります。


昨日の「食パン」発言がよい例です。



わたくしは、これまでデニッシュやらカンパーニュやらという、
手間も時間も必要なパンを、せっせとこしらえてきました。


なのに、彼の一番好きなパンが、衝撃の「食パン」


究極のところ、機械(ホームベーカリー)でも出来るじゃん…という話です。


せめて最近苦労した「バゲット」とでも言って下されば…とも思うのですが、
正直すぎるところも、旦那さんなのだ…。
と、自分に言い聞かせ、これからもユカイな生活をして行こうと思います。






そんなわけで、
山型食パン(1・5斤)を焼きました。

  001.JPG



本日の朝ごはんです。

  009.JPG



シンガポールでの我が家は、
トースターがありません。

パンをカットしたあと、軽く霧吹きし、
200度に予熱したオーブンに放り込み、8分程焼いております。


この国に来て、とても大雑把な生活をする日々です。ホホホ…。



posted by ユウ at 10:41| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする