2015年11月14日

ムール貝を炊き込む♪

旦那さんは、
「弁当にパエリア入れてください。」と、よく言ってきます。


お弁当にパエリア…。


パエリアは、にんにくを使います。



特に人気者でもない旦那さんが、
「にんにく臭」を放ちながらオフィスに戻れば、
ただの「嫌われ者」になってしまう可能性があります。


旦那さんを守るのは、妻であるわたくしの重要な役目です。



そういうわけで、パエリアは無理でも、
パエリアの必需品「ムール貝」を使ったごはんぐらいは出来るかしら…と、思い立ちました。




はるばる南米「チリ」からいらしたムール貝さんたち。

白ワイン蒸しなどになるためにやって来たかと思いきや、

まさかの、
無理やり「炊き込みごはん」にされる…の巻。
012.JPG


一見、牡蠣ごはん!!とテンションが上がるわたくし。
でも、ムール貝はムール貝でしかないので、やっぱり牡蠣の味ではありませんでした。
牡蠣〜。食べたいよ〜。



ムール貝ごはんは、弁当箱に詰められ、旦那さんのもとに届けられました。
もちろんわたくしが運んでおります…。)
011.JPG



左上のプリンみたいな食べ物は、
先日、日本から旦那さんのお友達がいらしてくださった時にお出しした
お食事系の「白ごまのムース」です。


この日は、シンプルに、わさびとポン酢でいただきました。
こちらは、わたくし用です。(旦那さんのお弁当を持って行く前に、ひとりで夕食を済ませております。
010.JPG



お弁当の白ごまのムースは、保冷剤を付けて会社まで運びました。
ちゃんとキンキンに冷えていたようです。




ムール貝ごはんは、旦那さんにとても好評でした。

また、気が向いたら作ろうと思います。



本来洋食になるはずのオシャレなムール貝が、わたくしの手で、
無理やり庶民的な日本食、「炊込みごはん」になりましたよ…。という、
どうでもいいご報告をさせていただきました。ありがとうございます。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする