2015年11月13日

甘いのとしょっぱいの。ブルーベリーチーズパン♪

シンガポールには、
軽井沢のパン屋さん、「浅野屋」があります。



朝の9時から開いているので、
時々、ひとりで「朝カフェ」しております。



わたくしが行く時間は、
たいてい誰もおりませんので、
広い店内をひとり占めです。



誰もいないと、反対にちょっと落ち着かないのですが、
「朝からカフェでお茶しているオシャレな女」感が、もれなく味わえます。

わたくしが、地味な田舎者だと知っている家族、親戚、友達の皆さま。イラッとさせてごめんなさい。




朝ごはんに、自分で焼いたパンをしこたま食べておきながら、
ここでも、パンとコーヒーをいただいております。



自分では絶対に作らないパンを。

この日は、揚げる…という作業が面倒くさい「あんドーナツ」と、
アイス・カプチーノを頼みました。
002.JPG


浅野屋のあんドーナツは、あんの量が良心的なのでお気に入りです。

日本人のソウルフード…「あんドーナツ」。
それはもう…魅惑の響きです。





ショーウィンドーに並んでいた、ブルーベリーのパンが美味しそうだったので、
いそいそと作ることにしました。


自分で作れそうなパンは、頑なに買わない主義です。


わたくしは、「くだもの」と「チーズ」という、
甘いのとしょっぱいの…という、「甘じょっぱい」組み合わせが好きなので、
ブルーベリーをたくさん練り込んだ生地で、チーズを巻き込みました。



オーブンに入れる前は、
このように、いい感じでした。
004.JPG



だけど、出来あがったパンは、
チーズが噴火するという大惨事に。溶ろけるチーズじゃないのにさ…。
006.JPG



想像していたものと、ずいぶんかけ離れてしまいました。

もちろん、浅野屋には
こんなにダサいパンは置いていませんので、ご安心ください。


だけど、
わたくし好みの甘じょっぱいパンはとても美味しく、
勝手に「ヨシッ!」と、思いました。




しかし、
旦那さんは、全然ヨシッ!などと思っておらず、
「何じゃこりゃー…?」と、朝から落胆の声をあげておられました。


こういう日もあるよ。
ほほほ…。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ハムパンとお弁当と…♪

シンガポールは、
本日、祝日です。



なのに、わたくしは、
朝からせっせと、お弁当をこさえております。


もちろん、ウキウキとピクニックに行く……ためのものではありません。



わたくしの旦那さんは、とても働き者なので、
本日も出勤なさいました。


なんだか、色合いがイマイチのランチ弁当ですが、
わたくしの落胆の色…ということで、お見逃しいただきたいものです。

008.JPG




ハムパンを焼きました。

001.JPG


シンガポールで売られている、真空パックのハムは、
12〜14枚入っているものが多く、
夫婦2人では、なかなか消費できません。


なので、ハムを買うと必ずハムパン…。
これ、お決まりのコースです。




朝食で、ハムエッグと一緒にいただきました。



旦那さんに、
「ハムパンとハムエッグ…??」と、かなり嫌がられました。



聞こえないふりをしていたら、
天罰が下り、
目玉焼きに、誤って大量の胡椒をかけてしまいました。

012.JPG


朝からツイておりません。



気を取り直して、
甘いヨーグルトを食べました。

014.JPG

ダノンのグリーク・ヨーグルト。
ダークチェリー味です。
お気に入り。



日本では、「水切り」など、ひと手間かけていたヨーグルトですが、

シンガポールは、濃厚なグリーク・ヨーグルトが沢山売っているので、
手間もかからず、楽々です。

ギリシャの方々は、いつもこんな濃厚なヨーグルトを口にしているのでしょうか。

わたくし、もう普通のヨーグルトに戻れそうにありません。






さて。
本日は、旦那さんの夕食弁当も作らなくてはなりません。

旦那さんも大変ですが、わたくしも大変…と言ったら、バチがあたりますでしょうか。


バチは結構あたりまくっておりますので、
神さま、お手柔らかにお願いいたします。


タグ:ハムパン
posted by ユウ at 13:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ウィンナーロール♪

この頃、
パンの記事を載せていませんでした。


頻繁にパンを焼いてはいるのですよ〜。


と、言いましても。


似たようなパンばっかりなのですけどね…。ほほ…。




「ウィンナーロール」が好きで、特によく焼きます。

006.JPG


なんだか昆虫っぽいビジュアルですので…


旦那さんに、「イモムシパン」と呼ばれ、親しまれております。

「パン界」のビジュアル系と言ってもよろしいのでは…。ほほほ…。



いつもは、
ケチャップやらチーズやらマヨネーズやらを、トッピングしてから焼くのですが。

今回は、限りなくシンプルに。


食べる時に、自分で好きな量を乗せる方式にいたしました。





ウィンナーは、いつもコレを使います。
001.JPG


USA製で、いろんな味がありますよ


すごく美味しいのですよ〜。
日本でも、手に入るのかな?





posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする