2015年11月19日

コーンパンと突然の訪問客♪

健康的に、「朝型人間」でいたい…という願いとは裏腹に。


来星以来、
旦那さんのご帰宅が遅いので、
完璧にわたくし、「夜型人間」を満喫する日々でございます。



わたくしの趣味は「パン作り」です。
毎度同じセリフばかり、しつこくてスミマセン。



基本、夜型人間のわたくしは、夜中にパンを焼き上げます。
(生地は朝に捏ねます。)


昨日はコーンパンを。
003.JPG




USA製のコーン缶は、とにかくすごい量です。
コーン消費のため、
パン生地にもグリグリとコーンを練り込んでみました。


まさに「コーン祭り」です。


成形の時、一つのパンにスライスチーズを一枚ずつ巻き込み、
食べ応え満点の、自慢の一品に仕上げました。




夜中に見るコーンパンは、あんまり美味しそうじゃないのに。



朝だと、なんか良い感じに見える…。

   009.JPG

何故なのでしょうか…。。




※※※※※※



昨日は、夕方、
わたくしたちの部屋のオーナーさんが、
ディベロッパーと一緒に、突然いらっしゃいました。


うちのオーナーさんは、海外に住んでおられます。(=シンガポール以外という意味です。)
ご旅行ついでに、立ち寄られたのだそうです。




わたくしが、「英語が話せなくてすみません。」と言うと、
「ええッ!!今までの会話、ずっと英語でしたよ!」と、豪快に笑われました。

はちゃめちゃな英語を話すわたくしに、とても寛大なお方……。




この部屋の不具合の多さは、オーナーさんも気に病まれているみたいで、

しきりに、「本当に心労を掛けてごめんなさい。
      この部屋で、あなたとあなたの旦那さんが、
      しあわせなシンガポール生活を送れることを願ってます。
      日本の方に住んでいただいて嬉しいです。」と、おっしゃっておられました。


やはり「日本人」は大人気のようです。




この部屋、
まだバスルームの水漏れは止まっていないし、
窓の水漏れが、本当に直ったのかも分からない状況ですが、


振り返れば、
今まで我ながらよく頑張ったなぁ、と自分を褒めたい気持ちです。



あまりにも困難が押し寄せるので、(水漏れのインパクトが強すぎて)
忘れておりましたが、

カーテンレールやドアのストッパーが落ちて来たこともあったなあ…。
コーヒーメーカーやオーブンが使えなくて、何度修理に来てもらったことか…。

……数々の苦労が、相馬灯のように駆け巡りました。



1年経って、やっと落ち着いてきてホッとしております。



シンガポールでの生活は、そんなに好きではありませんが、
「ものすごく人が優しい」
「たぶん日本より治安が良い」
この2つがあれば、十分じゃないの…。と、だんだん思えてきました。









ラベル:コーンパン
posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

真夜中にスコーンを焼く。

夜中に食べる、炭水化物ってなんて美味しいのでしょう…。



昨夜10時。
わたくしは、突然スコーンを作ることにしました。


わたくしの趣味はパン作りです。


スコーンは「パン」なのだろうか…。
それとも、「お菓子」なのだろうか…。


……そんなことを考えていたら、無性に食べたくなったからです。




型で抜くのが面倒だったので、
スケッパーでざくっと8等分にしました。



出来あがったスコーンは、
思ったより膨らみ、ぱっくりと「腹割れ」してくれました。

005.JPG


お友達がくれた、バリ島土産の可愛いジャムと一緒にいただきました。
とても美味しかったです。ありがとうございました



この時、すでに時刻はミッドナイト…。12時を過ぎておりました。


この時間に食べるおやつの美味しいこと美味しいこと…。

007.JPG





ほどなくして、
旦那さんが、日付を超えて帰宅されました。



「甘い香りがするんだけど、なんか食べた?」と、言われたので、


「ううん。何も食べてないよ…。別に何でもないよ…。」と、
咄嗟にバレバレのウソをつきました。


旦那さんは、「ふ〜ん。。」
…と、詮索しないでくださいました。



夜中にたくさん食べたことは秘密にしたい、微妙なお年頃です。



ラベル:スコーン
posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

ムール貝を炊き込む♪

旦那さんは、
「弁当にパエリア入れてください。」と、よく言ってきます。


お弁当にパエリア…。


パエリアは、にんにくを使います。



特に人気者でもない旦那さんが、
「にんにく臭」を放ちながらオフィスに戻れば、
ただの「嫌われ者」になってしまう可能性があります。


旦那さんを守るのは、妻であるわたくしの重要な役目です。



そういうわけで、パエリアは無理でも、
パエリアの必需品「ムール貝」を使ったごはんぐらいは出来るかしら…と、思い立ちました。




はるばる南米「チリ」からいらしたムール貝さんたち。

白ワイン蒸しなどになるためにやって来たかと思いきや、

まさかの、
無理やり「炊き込みごはん」にされる…の巻。
012.JPG


一見、牡蠣ごはん!!とテンションが上がるわたくし。
でも、ムール貝はムール貝でしかないので、やっぱり牡蠣の味ではありませんでした。
牡蠣〜。食べたいよ〜。



ムール貝ごはんは、弁当箱に詰められ、旦那さんのもとに届けられました。
もちろんわたくしが運んでおります…。)
011.JPG



左上のプリンみたいな食べ物は、
先日、日本から旦那さんのお友達がいらしてくださった時にお出しした
お食事系の「白ごまのムース」です。


この日は、シンプルに、わさびとポン酢でいただきました。
こちらは、わたくし用です。(旦那さんのお弁当を持って行く前に、ひとりで夕食を済ませております。
010.JPG



お弁当の白ごまのムースは、保冷剤を付けて会社まで運びました。
ちゃんとキンキンに冷えていたようです。




ムール貝ごはんは、旦那さんにとても好評でした。

また、気が向いたら作ろうと思います。



本来洋食になるはずのオシャレなムール貝が、わたくしの手で、
無理やり庶民的な日本食、「炊込みごはん」になりましたよ…。という、
どうでもいいご報告をさせていただきました。ありがとうございます。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする