2015年11月28日

プラザシンガプーラの海 アンリシャルパンティエ ♪

本日、旦那さん3週間ぶりのお休みです。


シンガポールに来てからというもの、
旦那さん働く働く…。
わたくし、弁当作る作る…。そして運ぶ運ぶ…。



わたくしの、来星するまでの「駐妻」のイメージ。
@平日はお友達とアフターヌーンティーをしながら、ホホホホ…と楽しく過ごす。
Aアフター5は、旦那さんとレストランでディナー。
B休日はテニスやゴルフに興じる。


@はかろうじて、時々お友達と「ホホホ…」させていただいておりますが、
AとBは皆無です。


A旦那さん、毎日夜中の3時に帰宅。わたくしは夜中に細々と趣味でパンを焼く。
B休日はひとりで明治屋に行き、家族で買い物に来ている人たちを見て、
 ひとりで唇を噛む。毎食弁当を会社に届ける。



日本に居るお友達に、最初は「駐妻いいなぁ」などと、言われておりましたが、
現在、誰からも羨ましがられなくなりました。
現実はこんなものです。
所詮「わたくし」ですもの〜。




そんな中、本日は小さなしあわせを。

昼食は、ドビーゴートのプラザシンガプーラの「海」で、
激安のランチを旦那さんと食べました。

旦那さん唐揚げ定食9.8ドル。わたくしカキフライ定食12・8ドル。
2人ともお刺身3.8ドルを付けました。
004.JPG 003.JPG 002.JPG

安くても、しあわせです。


そのあと、思い付きで、
バスに揺られてデンプシーヒルのアンリシャルパンティエまで足を延ばしました。
甘いものは別腹です。
014.JPG
 

かなり暑い日だったので、
2人ともコーヒースムージーを。
旦那さんはモモのムースケーキ、わたくしは安定のイチゴショートです。
011.JPG



コーヒースムージー大きいっ。
暑い日だったからすごく美味しい〜。乾いた喉に沁み渡ります〜。
ケーキとの甘々コンビでも、この際気にしません。ホホホ…。
007 - コピー.JPG



帰りに美味しいお肉屋さん、ヒューバーさんのお店に行きました♪
新店舗。2階建てのキレイな建物に移転してましたよ。
015.JPG

小さい公園なども完備して、更にパワーアップしていました。
016.JPG


本日の夕食は、ヒューバーさんのとこの牛肉で作った「肉うどん」と
昨日作った「ひじきの煮物」です。

まずしいけどしあわせです。



posted by ユウ at 19:00| シンガポール レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

バゲット・フリュイとリュスティック♪

前回焼いた、ラムレーズンの「バゲット・フリュイ」。


珍しく、旦那さんが称賛してくださったので、
調子に乗ってまた作ることにしました。




パンを作る方法として、
ストレート法だの、中種法だの、水種法だの…と、多種多様ありますが、
(ホームベーカリーなどを用いた一般的なパンはストレート法です。)


わたくしの場合、
バゲット、カンパーニュ、リュスティックなどの、
ハード系のパンを作る時は、「ポーリッシュ法」と決めています。



粉と水が同量のゆるい生地を、
捏ねずにパンチを数時間置きに入れながら、時間をかけて発酵させていく方法です。

ポーランドが発祥なので、
ポーリッシュ法というのですって。




数時間置きに監視されるパン生地よ…。
なんて過保護なのでしょうか…。



3回パンチを入れた生地。
8分目まで盛り上がってきてます。しめしめ、あと少しだわ
003.JPG




発酵を待っている間、
明治屋の1階のカフェ「たんぽぽ」で見つけたモンブランをいただきました。
002.JPG


シンガポールではモンブラン見ないな…と、思っていたら、
灯台下暗し…。明治屋にあったのね。しかもレベル高いんだね。



それにしても、
この国は、こんなに暑いのに、何故「保冷剤」がないのかしら…。
日系のケーキ屋さんも入れてくれないお店が多いのです。
だから、いつもダッシュで帰宅。

ケーキを固定してくれていなくて、
帰宅して見ると、たいていパーツが取れていたり転がってたりね…。
「たんぽぽ」はケーキを固定してくれていました。保冷剤はないけれど。






バゲット4本分の生地を仕込んだのですが、
さすがに、4本も天板に乗せることが出来なかったので、
2つは切りっ放しのリュスティックにしました。


一応「葉っぱ」模様のつもりだったけど…。おばけにしか見えません。ふふ…。
007.JPG



バゲットの方は、前回よりも見た目がマシだったので、
2本ともお友達におすそ分けしました。
004.JPG



リュスティックの断面。
008.JPG


気泡は、小さいけれど、ちゃんと入っていますね。
レーズンが入っているわりにはなかなかいいかも…。

あ、調子に乗ってすみません。








posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

バゲット・フリュイ♪

ハード系のパン。

久々に作りました



もう恒例ですが、「夜中焼き」でございます。(=夜中にパンを焼くこと)



ラム酒に漬け込んだレーズンをたっぷり入れたバゲット。
「バゲット・フリュイ」です
013.JPG



写真は1本だけですが、
2本焼きました。



というのも、
食欲を誘う、ラム・レーズンの香りに我慢できなくてね。


1本は、オーブンから出してすぐ、
熱々パリパリのうちにカットして、わたくしの胃袋にね…。
夜中だったので、1/4本ほどで止めましたが。←食べ過ぎ。




レーズンなどの具を入れてしまうと、クラムに気泡が出来にくいのですが、
思っていたよりも瑞々しい断面に
    019.JPG



バゲットは、
バターなどの油分も、
お砂糖などの糖分も入っていない、限りなくシンプルなパンです。


シンプルゆえに、とても難しく、
発酵が上手くいったわ〜と、自分では思っていても、
クープがうまく開かなかったり、
気泡が全然入らなかったり、と、何かと作り手泣かせなのですよ…



わたくしの焼いたバゲットは、相変わらず、
ビミョーな形をしていますことね。ほほほ…。








そうそう、昨日お友達と、
また日系のパン屋さん「浅野屋」でランチをしてきました。


シンガポールに「浅野屋」あり!!
さすが「東京24区」の名が付くだけあるわ〜。
(シンガポールは日本のものが何でも手に入ることから「東京24区」と言われています。)



ランチセット、すごくお得なのです。

カツサンドセット。(13.9ドル)
001.JPG


マッシュルームスープや、レモンティー、ガーリックトーストも付いて
すごいボリューム。

初めていただきましたが、カツサンド美味しすぎます



大食漢のお友達とわたくしは、
この後、大好物のあんドーナツとカプチーノまでいただきました。
007.JPG

甘いモノは別腹ですから。ほほ…。







posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする