2015年10月30日

シンガポールのコンドにいじめられる。

わたくしの住む、コンドミニアムは、
昨年の8月に完成した新築物件です。


立地条件、部屋の間取りが気に入って入居を決めたのですが、
「何かの罰ゲームか…。」というくらい、
初期不良が特にひどい部屋でした。


特に水関係が弱すぎる。

……同じコンドに住む奥様方が引くぐらいね…



1年間ほど、修理に耐えに耐え、
このところ、やっとのことで、平和な日々を取り戻したのですが…。


また来た。(怒)



2日前の未明、
10月になって初めて雨が降ったのですが、

あまりにも酷い雨だったので、大丈夫か…と、部屋中の窓をチェックしておりましたところ…。


9月初めに直したばかりの窓から水が滴り落ちてるじゃん…。


水溜り、できてるじゃん…。


……この窓、もう既に4回直してるのですよ(怒)。




…というわけで、
昨日、窓の5回目の修理が入りました。




ディベロッパー側も、
さすがに申し訳なさそうな感じで。


いつもは守らない時間も厳守してくれ、
速やかに、外からゴンドラを吊るして修理してくれました…とさ。




わたくしの英語は、
とにかく下手くそなのですが、
こういう、ピンチの時の人間って凄い力を発揮するものなのね。


次から次へと文句だけは流暢に出てくるのです。
しかも、ちゃんと伝わっているのよね。

やはり、「性根の悪さ」が、こういう時に全面に押し出されるものなのね…。



旦那さんは、「あんたは普通のおなごやあらへん!格別なおなごや!」

…と、また「あさが来た」の新次郎のセリフをニコニコと言いながら、
「修理」をわたくしに丸投げして、会社へ行かれました。


この頃、
全て「格別なおなご」という言葉で、ごまかされている気がしてなりません。


そして、その言葉を聞き、
調子に乗るわたくしもわたくし…。


本当にわたくしは、「格別なおなご」なのでしょうか…?








窓の修理で動揺していたこともあって、

なんか見た目がイマイチのパンを焼いてしまいました。


こんなにしょぼいパンをブログに偉そうに載せていいものか迷ったのですが、
失敗することもあるということで…。




焼いたのは、
ツナオニオンパンです。
    001.JPG


炒め玉ねぎ、ツナ、麺つゆ、マヨネーズ、胡椒、をごりごり混ぜたものを乗せただけです。


エージェントと連絡を取り合っていて忙しく、
パン生地を発酵させているのをすっかり忘れたりし、
過発酵気味です。


だけど、味はそれなりに美味しかったのですよ〜。









posted by ユウ at 07:00| シンガポール コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

パリで出会った同級生とTWGにて再会を果たす。

フランス・パリ旅行記で、
パリの「とらや」で、10数年ぶりに高校の同級生に声をかけてもらったことを書きました。
                     
                          ご興味おありの方はこちらをどうぞ⇒★★★



東京でだって、偶然知り合いに会う…なんてことは稀なのに。

海外…しかも、旅先で出会う、なんて普通ありませんよね。




あの時、お互いの連絡先を交換したので、
実はあれから、ちょくちょくメールで連絡を取り合っておりました




同級生のWさんのご職業は、
誰もが憧れる、キャビン・アテンダントさん。


昨日、お仕事でシンガポールに来られたので、
なんと、3か月ぶりに再会しちゃったのです




Wさんのお仕事の都合もあるので、
お会いしたのは、健康的に朝の10時。
「一緒にモーニングをいただこう!」の会でした(笑)。



待ち合わせは、オーチャードの高島屋にある、
「TWGティーサロン」。
001.JPG



なんと、スッピンで颯爽と現れた彼女。

溜息が出るほどの、お美しいスッピンでございました
ま…眩しいわっ。




店内は、ものすごく豪華で。
002.JPG


Wさんとわたくし。
テンションMAXでございました。
003.JPG


ブレックファースト・メニューをいただくことに。

Wさん⇒ 紅茶、ジュース、卵料理、スコーン  38ドル(サービス料、税抜)
わたくし⇒紅茶、ジュース、パンオショコラ  24ドル(サービス料、税抜) を選択しました。


2人とも、
紅茶はフレンチ・アールグレイを。
ジュースはりんごジュースを。
005.JPG



りんごジュース、
なんと「生しぼり」なのですよ。
こんな美味しいりんごジュースは生まれて初めてで、
冗談抜きで「生きてて良かった…。」と、感謝いたしました。


紅茶もなんて美味しいのっ!
淹れ方が良いのでしょうか…?



わたくしの、パンオショコラ登場。
007.JPG


わたくしは、世界一パンオショコラが好きです。
パンオショコラへの愛は、誰にも負けない自信があります。


温かいパンオショコラが2つも。ありがとうございます。
とても美味しゅうございました。




Wさんのエッグベネディクト。
なんて神々しいお姿。
008.JPG




Wさんは、このあとスコーンを2ついただくことになるのですが、
最初は温かく、柔らかかったスコーンが、
時間が経つと固くなって、ナイフで切れなくなったんです。


それをチラリと見ていた、お店の方が…。
「代わりにケーキを選んでいいよ。」と、おっしゃってくださり、
なんと、ケーキと食べかけのスコーンをチェンジしてくださったのです。




しかも、
スコーンが付いていない、わたくしにまで、
無料でサービスしてくださったのです(驚)。

気前の良さにビックリです。




おそらく…。
Wさんが、すごい美女だったからに相違ないです。
(店員さんは全員男性でしたので(笑)。)

美女といると、わたくしにまで恩恵が…!!


「人のふんどしで相撲を取る」
「漁夫の利」
とは、まさにわたくしの為にある言葉。
うふ。ありがとうございます






そうそう、
もう、このケーキが絶品で。


こんな美味しいケーキ、シンガポールで初めて食べた…というくらい美味しかったです。

手前のケーキ、「シンガポール・サプライズ」というケーキらしいです。
まさにサプライズ
009.JPG




楽しい時間って、
本当にあっと言う間で。

瞬く間に過ぎちゃいました。


もっと話したいよう〜(笑)。


Wさんとは、
高校時代は、あんまり話したことがなかったのに、
以前から、仲良しの友達だったかのように沢山いろんな話で盛り上がりました。



パリで出会って、
シンガポールで再会。


なんか、世界って案外狭いんだなぁ〜(笑)。



Wさん、
忙しいのに、本当にありがとう!
また是非どこかで会いましょうね〜♪



ラベル:TWG
posted by ユウ at 07:00| シンガポール カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

「かもめ食堂」風・シナモンロールを焼く♪

シンガポールあるあるですが。


シンガポールの友達たちとの間で、
「大変だよね!!」と、必ず話題になるネタ。


それは…。
「電球の付け替え」です。



天井が高いのに、
部屋によっては、はしごが設置されてなくて、
わざわざセキュリティーに、はしごを借りに行かなくてはならないとか、


珍しい電球がはめ込んであって、
ふつうの電気屋さんにはなくて、仕方なくオーダーするとか、


個人では付け替えられない特殊な照明で、
業者を呼ばなければならないとか、
(ある友達の場合、照明代と設置代込みで100ドル(約9千円)かかったらしいです。)


そして、我が家のパターンですが、
おそろしく電球の付け替えが難しい照明だったりとか、


………という具合に、
照明で悩んでいる、ご家庭が多いのです。




そして、
我が家のリビングルームの照明の電球は、
LED対応のものが、シンガポールにはないらしく、
3か月に1度くらいの頻度で付け替えなければなりません。


これが…地獄。


ガラスが覆いかぶさっているタイプの照明なので。
手を滑らすと、ガシャーン…です。


日本にお住まいの方には、絶対に理解していただけないと思いますが、
もう、史上最悪に難しい照明なのです…。




そして、
3日前、また我が家の照明が切れました。


うちの旦那さん、
「もう、俺には出来ない…。君に任せた…。」と匙を投げる始末…。


わたくし、
「電球を付け替えるのは、男の仕事でしょ!!
 ちゃちゃっとかっこいいところ見せてよ!」と激励。


すると旦那さん…。
「あんたは普通のおなごやあらへん! 格別なおなごや。 わてが見込んだ、格別なおなごや!照明も付け替えれる!」
 
…と、言い出しました。



朝ドラ「朝が来た」の新次郎のセリフじゃん…。



…仕方ないので、またわたくしが付け替えることに。
…トホホ…。



40分かけて、無事付け替えることが出来ましたが、
この間の苦労と言ったら、言葉には表せません。


終ったあと、冷や汗でTシャツが絞れるほどでした。


……そして、旦那さんは、「はしごを支えて応援する係」でした…。





※※※※※※




シナモンロールが食べたくなったので、

「かもめ食堂風」のシナモンロールを作りました♪


この不細工な形が素朴でいいんですよね〜


    005.JPG




かもめ食堂、
この場面が大好きです
kamome-syokudou[1].jpg




posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする