2015年09月29日

旦那さんの策略 と 惣菜パン

昨日も酷かった「ヘイズ」。


相変わらず、視界が白〜い。
とっても煙〜い。


いつになったら、洗濯物を外に干せるのかしら…?


……な〜んて、思いながら、
夕方、旦那さんの夕食弁当をせっせと作っていた時のこと。



電話が鳴りました。



電話の主は、もちろん旦那さん。

「今日さ、ヘイズ凄いからごはん作らなくていいよ。」

…という、気遣いのご連絡でした。



……ありがとね。

とっても嬉しいわ。

わたくしの健康のこと、考えてくれているのね、ダーリン黒ハート




だけどね。
もう、8割弁当完成しているんですけど…。(怒)失恋




旦那さん、絶対「策士」じゃんっ。

だったら、あと1時間早く言うべきでしょ、君ィ〜。



旦那さんは、
「誤解だよ!!俺はそんなヤツじゃないよ!!」
と、ごにょごにょ申しておりました。


まあ、そういうことにしときましょうかね〜。





この後、間の悪いことに、
旦那さんのオフィスに行く途中、土砂降りのスコールに見舞われました。


ヘイズとスコールのダブルパンチを食らい、
傘も役立たず、全身ズブ濡れで帰宅するという「トホホ…。」な夕方となりました。



旦那さんの「優しさ」を疑った「報い」でしょうか…。。。






※※※※※



わたくしが作る「惣菜パン」と言えば、
ハム、ウィンナー、コーン、ツナ、カレー、チーズパンです。


ええ。
とってもワンパターンです。



だけど、初めて、
こんなパン作ってみました。

008.JPG


普通の「ハムパン」やん!と思ったあなた!!!


ふふふ…。
違いますよ。
よく見てくださいませ。

007.JPG

そうっ。「ちくわハムパン」なのです。



冷蔵庫にちくわがあったものだから。


パンに入れてみました。

ハムとチーズもね。




何でも入れりゃいいってもんでもないけど。

ちゃんと北海道発祥のパンとして、「ちくわパン」というパンがあるらしいですよ。



パンとちくわとチーズ。ナイスですよ。

上に振ってる緑の粉は、青のりです。




※※※※※



シンガポールに来て以来、

わたくしは一度もウナギを食べておりません。

ウナギ…。大好物なのに…。



駐在員の間では、
なんとかホテルに入っている、「竹葉亭」という鰻屋さんが人気らしいのですが、
ずいぶん格式が高くて、お値段も張るのだとか。
(ランチでも、ひとり1万円くらいするんですって。)




もう、一年も大好きなウナギを食べていないわたくし。

最近、「ウナギ食べたい病」に侵され、
旦那さんに土下座して、「ウナギを食べさせておくれ…。」と、涙ながらにお願いしました。




当然「竹葉亭」に連れて行ってくれるものと思っておりましたが…。

着いた場所は、オーチャードの「伊勢丹」地下「食品売り場」でした…。



旦那さん。
「お、鹿児島産のウナギの蒲焼30ドル(約2700円)があるぞ!
 これを買ってあげよう!」





「竹葉亭」には行きそびれましたが、


レンジでチンして食べた、スーパーのウナギはとても美味しく…。
     001.JPG


つつましい食事に慣れているわたくしには、これでじゅうぶんでした。
オホホホ…。



食後は、「コーヒー」と「羊羹」と「チョコレート」という、
謎のコラボデザートでシメました。

      003.JPG


そうそう、よくお友達から「どこの食器?」と訊かれる、上の写真の食器。


2年前のクリスマスに、
ポーランドのクラクフで買った、ボレスワヴィエツのものです。

DSC00611.JPG

DSC00610 - コピー.JPG




タグ:ちくわパン
posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする