2015年09月22日

あんぱんと旦那さんの髪型 

来星時、日本から持って来た「十勝あずき」が、
この月末で、賞味期限を迎えようとしています。


貴重な食材なので、
大事にとっておいたのですが、ついに食べる日がやってきました。


全部「あんぱん」に。

009.JPG


ゆっくり噛んで味わって食べました。


旦那さんは、
「キムラヤのあんぱん食いたいな〜。」と、
わたくしの作ったあんぱんを食べながら、挑戦的な発言をなさっておいででした。





これで、わたくしの十勝あずきストックもゼロに。


そういえば、あんなにあった「さんま缶」も「焼き鳥缶」も食べ尽くしてしまいました。



しょんぼりです。






※※※※※※



どうでもいい話です。



前にもちょっと書きましたが、

来星して、この1年間、
旦那さんはローカルの美容室に通っていました。


ローカル美容室のカット料金⇒22ドル。(約2千円)
日本人美容室のカット料金⇒90ドル。(約8千円)


みなさまなら、どちらを選択なさいますか?



わたくしなら、いくら安くても、
毎回、こんなヘルメットのような髪型にされるくらいなら…。

img_11[1].jpg


日本人美容室を選びます。

だって、女の子だもん。(注:わたくしの年齢30代。)



だけど、
「男の子」の旦那さんも、ついに、
「俺ってどんどんかっこ悪くなっている…?」
と、気づいてくれたようで、


わたくし、ついに長年の夢、
旦那さんを、日本人経営の美容室に連れていくことに成功しました。


1年かかって、やっとですよ。
長かったわ…。


妻として、
夫が、どんどんダサくなっていくのを指を加えて見ていなければならない辛さよ…。


旦那さんは、決してイケメンではないけど、(あ、そんなわたくしも十人並みです。ごめんなさい。
髪型と服装さえキチンとしてれば、それなりに見えるはずなのです。





無事カットを終え、満面の笑みで現れた旦那さんに、わたくし腰を抜かしました。


なんて立派な頭なのかしら!


にわとりの「トサカ」ヘア
とでも言いましょうか…?


ワックスで、真ん中に髪が集められており、
「ちょい悪おやじ」的な感じに。(注:あ、旦那さんの年齢も30代です。)



旦那さんもまんざらでもない様子で、
日本の美容室のきめ細かいサービスに感動しておられました。


彼曰く、
「もう、ローカルには戻れない。」らしいです。




残念なことに、
夜、シャンプーをしたら、
「ちょい悪」的な要素が消えてしまいました。

スタイリング用のワックスを持ってないので、「トサカ」は再現できないようです。




何はともあれ、
どんどん旦那さんがダサくなっていくのを、
食い止めることが出来て、妻として大役を果たせて良かったです。


旦那さんのお母さんが、わたくしが送ったパリ旅行の写真を見て、
「なんか髪型変じゃない?」と言っていたのがずっと気になっていました。


お義母さん、もう変じゃないですよ。わーい(嬉しい顔)




posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする