2015年09月04日

フィンランドのアラビア手帖♪

秋の夜長に読書でも〜。


9月になったので、そろそろそんなことを言いたくなりますが…。


ここは南国のシンガポール。
年中規則正しく、
朝7時にいきなりポンッと日が昇り、
夜7時にいきなりポンッと日が沈みます。


朝、だんだん明るくなる…。
夕方、だんだん暗くなる…。
と言った、趣深い情景が、今やとても懐かしいです。



心だけは、秋気分で。

昨日も、旦那さんの帰りが遅かったので、
朝に生地を仕込み、夜中に「レーズンとくるみのパン」を焼きました。
011.JPG


そして、秋の夜長(?)の読書を楽しみました。

008.JPG


読んでいたのは「フィンランドのアラビア手帖」。

フィンランドの食器メーカー「アラビア」の歴史などが満載の素敵な本です。
食器の写真がいっぱいで、ウハウハです。



お気づきかもしれませんが、わたくしは「北欧食器」が大好きです。

その中でも、「アラビア」と「イッタラ」がお気に入りで、
少しずつではありますが、旦那さんに拝み倒して集めております。



特に好きな「アラビア」の柄はこちら。
「パラティッシ」。通称「カラパラ」。←カラー・パラティッシの略

001.JPG
昨日のわたくしのランチ、「歪んだお好み焼き」も、
パラティッシの器に乗せると、なんだかいい感じに。


欠けたワッフルだって、美味しそうに。
恐るべし、器パワー。
004.JPG
以前作ったイースト発酵のワッフルです。



そして、こちらは、
「ブラック・パラティッシ」、通称「ブラパラ」。
わたくしは腹黒なので、無性に「黒」に惹かれます。
018.JPG
↑以前作ったチョコ巻きパンです。



他には、「パープル・パラティッシ」、通称「パーパラ」。
004.JPG
↑以前作ったウィンナーパン写真です。


こちらは、一見、紫と緑という地味なカラーですが、
何を乗せても合うので、気に入っています。




どうでもいい情報ですが、
わたくしが「アラビア」に興味を持ったのは、「イルムス」という北欧雑貨を扱うお店で、
アラビアの「ルノ」という食器を見たことがきっかけです。

こちらが、ルノ。
005.JPG

フィンランドの「四季」を表現しているのだそうです。

喉から手が出るほど欲しかった「ルノ」ですが、
パラティッシを集めて、現在に至ります。
だって、パラティッシの意味は、「楽園」なのですもの…。



わたくしの夢は、フィンランドのアラビア工場に行くことです。
imagesTR7RSWE5.jpg


そこの「アウトレット」で、食器を大人買いしたいなぁと、密かに思っております。
それまでに、旦那さんがうんと稼いでくれたらなぁ…と思います。←他力本願。


ついでに映画「かもめ食堂」の舞台となったカフェにも行きたいなぁ…と夢見ております。
livedoorblogimgjpadenakimgsadadbb8776jpg[1].jpg



シンガポールには、マリメッコはあります。
だけど、規模が小さいです。

アラビアやイッタラはなさそうです。


暑い国だから、寒い北欧には興味がないのでしょうね。
それに、
シンガポールの人は料理をしない人が多いので、そもそも食器に関心がないのかも…。



タグ:アラビア
posted by ユウ at 07:00| お気に入りの食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする