2015年08月13日

布どりを省いて、バゲットを作る♪

シンガポールに来て、困ったこと。


パンを作る時、キャンバス地が使えないことです。


いや、べつに使ってもいいんですよ。

だけど、使った後、
粉だらけの布をどうすれば……。
……という、疑問。


ムシ大国シンガポール。



キャンバス地は毎回洗うものではないので、
たぶん、放っておくと、小さいムシが沢山湧いてくるんだろうな〜っと。


これを、シンガポールでは「湿気ムシ」と呼ぶ人が多いみたいですが、
酷くなると、ダニまで誘発。恐ろし〜わ〜。



そんなこんなで、
ずーっとハード系のパンを回避していました。
バゲットなどのハード系のパンは「加水率」が高いので、
通常、キャンバス地の「布どり」無しでは作りません。



だけど、バゲットも作らなきゃ上達しないよね〜っと、
実はずっと思っていたのです…。




そんなこんなで、初めて、
「シンガポール使用」の方法でバゲットを作ってみました。
短めの成形なので、「バタール」と言った方がいいかもしれませんが。
   
 009.JPG


日本以来です。

「なんじゃ、こりゃ?」と、思われた方、スミマセン。
バゲットです…。バゲットなのです…。


もっと綺麗に作れたハズが…(汗)。←要するに、「わたくしの実力はこんなものではなくてよ!」と言いたい。




粉と水が1対1という、高加水、少しのイースト(250gの粉に対して0・4g)で、
パンチを繰り返しながら発酵させていく、ポーリッシュ法で作りました。
(所要時間は約12時間)


気泡も。
010.JPG



もう少しボコボコ欲しいところです。←要するに、「わたくしの実力はこんなものではなくてよ!」と言いたい。
014.JPG



最終発酵の際、キャンバス地の代わりに使ったのは…。

オーブンシート。
004.JPG


パン生地にもオーブンシートにも、たっぷり粉を振って、くっつき防止。
端っこは、輪ゴムで留めています。


焼成の時は輪ゴムを外して、オーブンシートに乗せたまま焼成。
後片づけも楽チンです。



ただね、
キャンバス地を使用できる環境に居る方は、真似しない方がいいですね…。

キャンバス地は、パンの余分な水分も吸収してくれる効果もあるので、
外側の「バリバリ」した食感を出すには、とても有効なのです。



とにかく、
シンガポールで暮らす方、朗報ですよ〜。
キャンバス地不使用で、なんとかバゲットらしきものが出来ることが判明です♪




ラベル:バゲット
posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする