2015年08月02日

フランス・パリ旅行記L さよなら!パリ!

パリの最終日は、朝からマルシェに行きました。


もちろん、ホテルにキッチンもないし調理もできないので、眺めるだけですが、
新鮮な野菜や果物を見ているだけでしあわせ〜。

DSC01231 - コピー.JPG




パリでの「最後の晩餐」は、
シンガポールのお友達から勧めてもらった、「エピキュール108」でした。

電話予約のみのため、
なんと旦那さん、シンガポールから電話で予約していました(笑)。


このお店は、日本人シェフのフレンチレストランです。

不思議な魅力を持つ日本人マダムが迎えてくださり、
ものすごくアットホームで、まるで日本に居るみたいに安らげましたよ。

DSC01259 - コピー.JPG
 


お料理はどれも絶品で、
フォワグラなど、高級食材をふんだんに使った美味しいお料理がど〜んと出てきました。



一部ご紹介させてください。

前菜。(魚介のサラダ)
DSC01262.JPG

メイン(牛肉にフォワグラ)
DSC01265.JPG

デザート(焼いたモモにアイス)
DSC01270.JPG


パリでは何軒か素敵なフレンチに行きましたが、
私は「エピキュール108」が一番好きでした。


旦那さんも、「ここのワインと料理は最高だった!」と言っています。
私はジュースも頼んだのですが、
ジュースひとつにしても、「グラスが冷えている」という心遣いに、
日本人の「繊細さ」を感じずにはいられませんでした。


そして、日本人マダムの温かさに、
思わず、「おかあさ〜ん」と、呼びそうになりました。


このお店を教えてくれた、フランス帰国子女の旦那さんを持つお友達に感謝です!!
美味しかったよ〜!ありがとう〜!!

「エピキュール108」ホームページ
http://www.epicure108.com/



さてさて。
長々と、内容の薄い旅行記にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。


これにて旅行記は終了です〜!!


楽しかった旅を終え、帰国して早2週間…。
パリがもう遠い過去のことのようです。



そうそう、
帰国の飛行機は満席で、旦那さんと離れた席になってしまったんです。

だけど、隣に座っていたインドネシア人のおじさんと仲良くなって、いろいろ話をしていた中で、

私が、「実は主人があっちの方にいるんですよ〜。」と言ったら、
おじさんはびっくりした顔で、
「それは可哀そうに!僕が席を交代してあげますよ!」と、なんと席を譲ってくれたのです。

旦那さんは良い席に座っているわけでも何でもなかったので、一度お断わりしたのですが、
インドネシア人のおじさんは「そんなのノープロブレム!」と、笑顔で交代してくれました。


旦那さんは「インドネシア人は優しい人が多いんだよ〜。」と言っていました。

人の温かさが身に沁みた出来事でした。




これからは、また「パン作り」や「シンガポール生活」などを綴る
ブログに戻りますが、宜しければ今後もお付き合いくださいませ。
よろしくお願いいたします。



それではまた! さよならパリ…!楽しかったよ〜う!!多分もう行けないわ…。。
DSC01278 - コピー.JPG



posted by ユウ at 07:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする