2015年07月27日

フランス・パリ旅行記G ベルサイユ宮殿♪

私は池田理代子さんの「ベルサイユのばら」が大好きです。

高校時代に「ベルばら」と出会い、少女の私はフランスに憧れたものでした。
いつかベルサイユ宮殿に行きたいなぁ。と、夢を見ていました。



その夢は、意外に早く叶いました。
私が18才大学生の時、
父がフランスのお隣の国、ベルギーのブリュッセルに転勤になったのです。


おかげで私は京都にひとり残され、孤独にひとり暮らしをする羽目になりましたが、
夏休みの2か月、春休みの2か月を利用して、
幸運にも年に2回ベルギーに行くことが出来ました。


両親には、ブリュッセルから車で3時間ほどのパリにもよく連れて行ってもらいました。
(電車を使うと1時間25分)
そして、念願のベルサイユ宮殿にも!


最初、ゴージャスな「鏡の間」に立った時、
ベルばらの中のマリー・アントワネットやオスカルを思い、
踊り出しそうになるのを、必死に堪えた素敵な思い出があります。




そして、今回も、
しつこく旦那さんとベルサイユ宮殿に行ってきました。

旦那さんと前回訪れた時は、真冬の1月でした。
その時は全然観光客がいなくて、すんなりと入れたのに…。


夏のベルサイユ宮殿を甘く見ると火傷します。
朝9時半に到着したのですが、入るまでにこの大行列〜……。
195.JPG

結局1時間も炎天下の中並びました。


10時半に、やっと門の中に入った時には、
のどもカラカラで、朝ごはんを食べていたのに、お腹もペコペコでした。
196.JPG



有名なお菓子屋さん「アンジェリーナ」のセルフサービスのお店が宮殿の中にあるので、
とりあえず、腹ごしらえをしました。
腹が減っては戦はできぬ…です。
205.JPG

エクレアとフィナンシェとサンドイッチ。美味しゅうございました。



ベルサイユ宮殿の目玉は「鏡の間」。
202.JPG

美しくてうっとり…。



アントワネットの寝室。
199.JPG



冬は緑が全くなくて寂しいと感じた宮殿の庭も、
夏は青々として活き活きしていました。
DSC01122.JPG



208.JPG


ベルサイユ宮殿はとんでもなく広くて、
暑い中歩くのはものすごく大変でしたが、大好きなベルばらの世界に浸れて嬉しかったです。
211.JPG


ちなみに、ベルばらのオスカルは架空の人物であることは承知しています。



旅行記Hに続きます。

posted by ユウ at 07:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする