2015年07月05日

初めての塩パン♪

日本では「塩パン」というパンが流行しているそうです。


シンガポールのお友達からも、
「ユウさんて塩パン作れる?」と、しばしば訊かれます。


実は私、「塩パン」というものを食べたことがありません。

シンガポールの高島屋のデパ地下「ドンク」で塩パンがあるという情報をお友達から入手し、
旦那さんと一緒に偵察に行ってきました。


ドンクの塩パンは、バターロールを細長く成形したような感じの形のパンでした。

1つ2ドルほど。
素朴なパンの割に結構なお値段だなあ〜と、ケチくさいことを考えてしまいました。



私は趣味でパンを作っています。

毎日のように無駄に生地を捏ねたり叩いたりしているため、
クロワッサンなどの、作るのがものすごく面倒くさいパン以外は買うことはありません。


旦那さんも私と同じことを考えていたようで、
「ユウさん塩パン作れそうだね。」と。

私も食べたこともないくせに、「作れるかも。」と。


というわけで、せっかく行ったのに、
パンを買わずに、焼き鳥を買って帰ってきました。



とりあえず、
塩パンは塩を効かせたらいいのでは?と、少しだけ塩を多めに入れてみました。
無塩バターなんかも少し入れてみました。

ドンクの塩パンは、見た目からして「固い」感じがしたので、
私も発酵を短めに切り上げ、キモチ固めに仕上げてみました。


そして、勝手にドンクの塩パンに闘争心をメラメラ燃やし、
「ドンクよりもかっこイイ見た目にしてやろう!」と
シュッと細長い形に成形してみました。


こうして私の塩パンが出来あがりました。

005.JPG


だけど、旦那さんも私も本物の塩パンを食べたことがないため、
これが正解なのか結局分からず仕舞いでした。


胸を張って「塩パンつくったよ!」と言えないので、
やっぱり本元を食べてみないと…と反省した出来事でした。


posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする