2015年07月21日

フランス・パリ旅行記A ルーブル美術館・詐欺師との遭遇♪

7月10日(金)夜10時半。

シンガポール・チャンギ空港からエールフランスでパリのシャルル・ドゴール空港に向かいました。



パリ到着は朝6時でした。

スーツケースに巻いていたはずの、ショッキングピンクのバンドが無くなっていました……。
前日、オーチャードのダイソーで買ったお気に入りだったのにぃ。
持ってった人…大事に使っておくれね…。



空港からは、エールフランスバスでパリ市内まで向かいました。

参考になれば幸いですが、空港から市内には行き方が3通りあります。
@エールフランスバス
Aタクシー
BRER

一番お勧めなのは、@エールフランスバスです。
料金は1人17.5ユーロで、30分毎に出ており、リヨンやモンパルナスに停車します。
座れる上に荷物も出し入れしてくれるので、楽々です。
私たちは滞在ホテルがリヨンにあったので、このエールフランスバスを利用しました。
(所要時間:約45分)


Aのタクシーは、市内まで50ユーロほどで行けるので、3、4人で移動する場合は@よりお得かも。
ただ、スーツケースは2つ目から追加料金が必要というケースが多いので、
乗る前に値段交渉した方が良さそうです。(所要時間:約1時間)


一番避けた方がいいのは、BのRER(電車)。
時間には正確ですが、旅行者を狙ったスリがたくさん居ます。
また、RERからMRT(メトロ)に乗り換える必要がある場合などは、更に危険度が増します。
メトロは、ほぼエスカレーターがありません。
大きくて重い荷物を持っての移動は大変です。


さて。

リヨン駅に到着〜!!
065.JPG


ここは、スペインやらベルギーやらをつなぐ大型駅なので、人人人。
062.JPG

みなさん、どちらに行かれるのかしら〜?

毎日通った駅前の風景。
063.JPG

なんてことない普通の風景なのですが、
シンガポールにはない建物なので、にわかに感動〜。



朝早すぎてホテルにチェックインできなかったので、荷物を預けて、
ルーブル美術館に行くことにしました。


この時。
到着早々、詐欺師に遭遇する私たち(笑)。


メトロの回数券を買おうと、改札のインフォメーションに並んでいた所、
ご丁寧にプラカードまでぶら下げた案内係ふうの男が声をかけてきました。

男    「回数券の買い方を教えてあげるから、券売機に一緒に行こう。」
私たち  「ここで買うからいいし。」
男    「何日パリに居るの?」
私たち  「1週間くらいだけど。」
男   「回数券は1日しか有効じゃないから、俺の教える券の方がお得だから来なよ。」
私たち   「………。。。(苦笑)」


回数券はね〜、期限無いんですよ。。



そんな手口に引っかかってたまるか〜っ!!と、
旦那さんと思わず顔を見合わせてしまいました(笑)。



私たちが「あっち行けよ」的なそぶりを見せると、男は去って行きました。
駅員のような服装をしてましたが、明らかに変装です。
皆さまも是非お気をつけ下さいませ〜。



無事にメトロに乗り…。


ルーブル美術館到着〜!!
004.JPG

ルーブル美術館は今回で3回目です。

相変わらず、モナリザの前は混んでますね。
013.JPG

モナリザの微笑み。
DSC00906.JPG

幼稚園の野外授業でしょうか…?
子供たちが熱心に先生の説明に耳を傾けていました。
023.JPG

ルーブル美術館は、宗教画が多く、暗い絵だらけなので、私はあんまり好きではありません。
だけど、パリに来たら取敢えずここに行かなきゃ…。と、思わせる何かがあります(笑)。



ルーブル美術館を午前中見学し、いったん昼食のため外に出ました。
あまり知られていませんが、多くの美術館はその日であれば何度でも入れます。

パリに来て初めて入ったレストラン…。
それはこちら。

「SANUKIYA」。
119.JPG

なんと、うどん(笑)。肉うどんをチョイス。
セットの鶏飯とから揚げとたまご焼きと一緒に。
027.JPG 224.JPG

やはり、うどんは裏切りませんね。


関西風のお出汁が美味しかった〜!
私たちが日本に住んでいたら絶対パリで食べなかったのだろうけど、
現在シンガポールに住んでいるので、レベルの高い日本食が恋しいのです。


だけど、うどんに50ユーロって(2人分)。(約6500円)
パリでもシンガポールでも、うどんはセレブの食べ物でした…。。。


「SANUKIYA」はルーブル美術館から歩いてすぐの場所にあります。
地球の歩き方にも載っていますし、地元でも大人気のようで常に満席!
美味しくて、滞在中2回も行ってしまいました(笑)。


ではでは、長くなりましたので、
旅行記Bに続きます。


posted by ユウ at 07:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

フランス・パリ旅行記@ ♪

ご無沙汰しています。


7月10日から19日まで、
旦那さんが夏休みを取ってくれたので、
夫婦でフランスのパリに行ってきました。


これから先、パリ旅行記を長々と書こうと思っております。
ご興味おありの方はお付き合いいただければ嬉しいです♪


赤い帽子の女がわたくしです。(セーヌ川沿いで座ってみました。気分はもうパリジェンヌです。)
DSC01218.JPG



蒸し暑いシンガポールから脱出し、涼みに行ったはずのパリ…。
連日36度の猛暑で、
まったく避暑地ではありませんでした。



こんがりと、
まるでリゾート帰りのような日焼け具合に苦笑いするしかありません。
日頃の行いの悪さが災いしたのでしょうか…。
思い当たることが多過ぎます。


まあ、
旅行期間中は一度も雨に降られなかったのは良かったのですがね…。
張り切って「長袖」を用意して行った私のガッツは報われませんでした。



ではでは、今日はもう遅いので寝ようと思います。
また続きをご覧いただければ嬉しいです。


posted by ユウ at 01:00| フランス・パリ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

旦那さん、塩パンにハマる♪

日本で流行っている「塩パン」は、ハマる人が続出らしいです。
一度食べると、またすぐ食べたくなるらしいです。


私は「ふ〜ん。。そんなものかねぇ〜。」と、他人事に思ってました。


私もこの前「塩パン」を自己流で作ってみたのですが、
可もなく不可もなく、
マズくもなく、飛び抜けて美味しいわけでもなく、
ちょっとしょっぱい、普通のパンだったからです。



だけど、昨日の朝のこと。
旦那さんが、
「ユウさん、塩パンまた作って!また食べたい!永遠に食べたい!」
と、言い出しました。


旦那さん、まんまと塩パンの罠に…。


私の「塩パン」は自己流です。
旦那さんも私も本元を食べたことはありません。


なのに、皆さまと同じく塩パンにハマる旦那さん。

やっと私の作るパンの魅力に気付いたとか…?
気付くのにいったい何年かかっているのでしょうか……。



というわけで、
旦那さんがいつでも食べれるように、
たくさん「塩パン」を作って…。
004.JPG

タッパーに入れて冷凍保存しました。
011.JPG

これで、いつでも塩パンが食べれます。



そして、今朝も「塩パン」が食卓に並びました。

豆腐サラダとフルーツと塩パン。
002.JPG




※※※※※※



私は、誕生月が7月なのですが、
日本にいる親友のひーちゃんから「誕生日おめでとうメール」が昨日届きました。


ひーちゃんとは、もう15年以上ずっとお友達で、
毎年、お互いのお誕生日をお祝いしています。


ひーちゃん、どうもありがとう!!
ものすごく嬉しいです。


だけど、ちょっと困惑しています。

何故なら、私の誕生日は昨日ではないから…。


ひーちゃん流ユーモアでしょうか…?
それとも、ひーちゃんの誕生日をまんまと忘れてスルーした私への報復でしょうか?
ご…ごめん…。。まったく悪気はなかったのがく〜(落胆した顔)
部屋の修復にかまけて、気づいた時には1か月経ってたのです…。
あ、言い訳。
すまん…。


何はともあれ、償いは来年に…。
そして、ひーちゃん、私の誕生日、違う日のような気がするけど、
なんとなく覚えていてくれてありがとう〜(笑)。



タグ:塩パン
posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする