2015年06月12日

辛かったね。頑張ったね。

3月末から約3か月に渡って悩まされた「水の浸み出てくるバスルーム」事件


シンガポールの新築物件は、不具合が出た場合、
入居後1年以内は、ディベロッパー側の責任で無償で修理する決まりがあります。



うちの数々の不具合も、ディベロッパーの修理軍団が直してきました。


しかし、このバスルームだけは、全く直る気配がなく、
腹立たしいやら悲しいやら。

もう、数週間、貴重な時間を無駄にされ、部屋を汚され、ストレス全開。
さすがの私も発狂寸前でした。



日に日に憔悴してゆく私を見兼ねたオーナー側のエージェントJは、
なんと昨日、自ら技術者を選んで連れて来てくれました。

しかも、連れて来てくれた技術者は、
なんと日本人!!!



いつも約束を破っては笑って「ごめんね〜。」で許してもらおうとする
シンガポーリアン・エージェントJに初めて感謝した瞬間でした。




日本人の技術者は、60歳近いのではないかと思われる年配の男性でした。


バスルームに案内し、
私はおじさんに、今迄の経緯を細かく説明しました。



そして、
おじさんが私に最初にかけて下さった言葉が、
「辛かったでしょ。よく頑張ったね。」



全く予想もしなかった言葉。
とても驚きました。




この3か月、
シングリッシュやら中国語、マレー語、ヒンディー語やらを話す、
ホントにプロかよ?と疑いたくなる技術者や修理人を相手に、ほぼひとりで戦ってきました。


毎日毎日、10人くらいの男性が朝から晩まで自由に出入りする我が家。
とても心細かったし、怖かったし、臭かった。
そして、水漏れがいつまで経っても直らないことに絶望すら感じていました。
おそらくこの孤独と恐怖は経験した者にしか分からないと思います。


そんな苦労を、おじさんはすぐ感じ取ってくれたのでしょうか。
「辛かったでしょ。よく頑張ったね。」
この温かい言葉に、張りつめていた気持ちが切れて、思わず大泣きしてしまいました。
本当に救われた瞬間でした。



おじさんは丁寧に説明してくださいました。
この浸み出るような水漏れは、
シンガポールの新築コンドミニアムではよくあることなのだそうです。

おそらく、数か月後には自然に消えるとのこと。

新築は、建物の間に無数の隙間が空いていて、
排水された水が何らかの具合で隙間に入り、浸み出ることがあるそうです。
これは時が経つにつれ、隙間にゴミがたまって塞き止められ、
自然に水が浸み出ることがなくなるそうです。

だから、もう放って置いて良いとのこと。

「今までの苦労は何だったのだ…。」と言いたくなるけど、
そういうことらしいです。


おじさんに、もっと早くお会いしたかったです。
そうすれば、しないで済む苦労だったのに…。


おじさんは最後に、
「あなた、シンガポールまだ楽しんでないでしょ?
 これからはうんと楽しめるからね。バスルームの水漏れなんて忘れなさいよ。」
と言ってくださいました。


おじさんとエージェントJが帰った瞬間、
「終わった…。やっと終わった…。」
と、全身の力が抜けました。


今回のことで、
人を癒すのは、やっぱり人なんだな〜としみじみ思いました。
異国の地で、思わぬところで同じ日本人の方の温かさに触れることができました。
本当に本当にありがたかったです。



そして、
シンガポールで出会った私の友達にも感謝でいっぱいです。

いつも励ましてくれたK子さん。
ある時はお手紙や差し入れをくれたり。またある時は面白メールくれたり。
K子さんのメールを読むと不思議に元気が湧きました♪

「一日動けないなら、買い物代わりに行くよ!」と、いつも言ってくれたM子さん。
すごく嬉しかったです♪


いつか恩返しさせて下さい(^^)。




仕事の帰りが遅く、疲れて帰って来た旦那さんに、
追い打ちをかけるように八つ当たりしたこともありました。
「あたしだって疲れてるのよ!あたしが仕事行くから代わってよ!こんちくしょ〜っ!」
などとのたまふわたくし。

彼はそんな時、私の気分を和らげるために、
「ユウさんや〜♪♪」と、わたくしの名前を連発するだけの自作の歌を披露してくださいました。
全くセンスがない歌ですが、一応ありがとう。そして暴言吐いてごめん。
君の代わりには働けないよ。根本的な問題だけど…英語力が無いからさ。



さて、バスルーム。
これからは張り切って放置しようと思います。







忙しくて、なんか同じようなパンばっかり作ってます。
面白味がなくて誠にスミマセン。

ウィンナーパン。(イモムシじゃないよ。)
003.JPG

本場ドイツのウィンナーが手に入ったので作ったのですが、
日本のシャウエッセンの方がはるかに美味しい気がします。



ツナオニオン。
002.JPG

無難な味です。
可もなく不可もなく。
まるで私みたいな感じ。




posted by ユウ at 07:00| シンガポール コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする