2015年06月11日

銀座黒尊で海鮮丼を食す♪

仲良しのK子さんに誘っていただいて、
ロバートソンキーにある「銀座黒尊」で初ランチしてきました♪


それにしても今まで。
クラークキーの「明治屋」にはよく行くのですが、
3分ほど歩いたお隣のロバートソンキーまでは足を踏み入れることはありませんでした。

シンガポールはこの3分が非常にキツイです。
3分で汗だくだくですから〜。

こんな時、セレブならタクシーで颯爽と乗り付けて登場するのでしょうが、
わたくしは残念ながら庶民なので、
炎天下の中、フラつきながら、駅から12分の川沿いの道をてくてくと歩きました。
011.JPG


「銀座黒尊」の看板を見つけた時は涙が出るほど嬉しかったです。
「こ…ここが、有名な黒尊か…。」と。
012.JPG


この日は6人+お子ちゃま1人の集まりだったので、
個室をご用意していただいてました。
素敵なお部屋だったのに。
写真撮ってなかったです……すみません…。。


こちらは海鮮丼が有名なのですが、メニューを見て、鰻丼に心が一瞬傾きました。
海鮮丼⇒20ドル++
鰻丼⇒40ドル++



フードコートで、激安ランチを食べているであろう旦那さんの悲しい顔がよぎり、
やはり人として、海鮮丼を選ぶのが筋だと思い直しました。

一瞬でも鰻を注文しようとした自分が恥ずかしいです。




これがまた正解で!!
ご覧くださいませ、こちら!
014.JPG

いくらがいっぱい!
サラダも小鉢もお味噌汁も付いて20ドル++なんてお得〜!
しかも、デザートにチョコレートプリンまで付いてたんですよ。


シンガポールで最もコスパが良いお店のような気がします。
汗だくになったけど、行って良かった〜♪


この日集まった、6人+お子ちゃま1人は、
シンガポールに来てからまだ1か月の方、
もう、シンガポールは2回目という方、
私と同時期に来た方などなど。
はじめましての方もいて、いろんな話が聞けて楽しかったです(^^)!



私はコンド関係の悩みが尽きませんが、
みんなそれぞれ大変な思いをされていることを知って、
「自分だけではない!」と、ちょっとホッとしたりも。


シンガポールでは悩んでいない人がいないのでは…と言われる「アリ」の大発生だったり。
ドラム式洗濯機から水があふれ出てきたとか。
天井から水が降って来たとか。
階下の住民から水漏れどうにかしろ!と怒鳴りこまれたとか。
夜な夜なパーティーを開く欧米人がうるさいとか。

まだまだいっぱい聞いたけど、
キリがないのでこのへんで。

シンガポールって大変だなぁ〜。ホント(泣)。
でも、みんななんだかんだ言って楽しそうだった気がします。
私だけか…。
暗いヤツは(苦笑)。



この日、
帰りの電車の中で、思わずK子さんからの写メールに吹いてしまいました。

公開出来ないのが残念で仕方ありませんが、
何とK子さん、わたくしなんかを「隠し撮り」しておりました。

七三分けの変な前髪のわたくしが、海鮮丼を見てニヤついている写真
です。


自分の顔を見て大爆笑できるなんて。
わたくしも捨てたものではないな〜と思いました。

K子さんのメールがいつも楽しみで仕方ない今日この頃です(笑)。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

旦那さんがインフルエンザになった話。

旦那さんがインフルエンザになりましたがく〜(落胆した顔)


年中常夏のシンガポールでも、インフルエンザってあるんですね…。


日系の某病院で診てもらったのですが、
最初は「ただの風邪ですね。」と言われたそうです。


だけど、旦那さんは食い下がり、
「一応、インフルエンザか調べてください!」と、検査していただいた結果、
インフルエンザだと判明したそうです。



旦那さん「あのヤブ医者が!!!」
と、散々毒付きながら帰って来られました。



以前日本で、
旦那さんが胸膜炎と肺炎を併発して救急車で運ばれたことがあったのですが、
その時の初診がなんと「便秘」だったことがあります。


その日、旦那さんはわたくしに
「今日は、大きい方2回も出た!すげ〜だろ〜!」
と、嬉しそうに報告してくださっていたため、その驚愕の診断に息を飲みました。




旦那さんがこの一週間家に居て。
わたくしはとても苦しみました。

何故なら、旦那さんはとても元気な病人だったからです。



確かに体温計は38度を指しておりました。
おでこも熱うございました。
なのに、全く衰えない食欲……。


旦那さん、

ある時は、「王将の餃子が食べたいから買って来て。」と言い、
わたくしは電車に乗って買いに行かされました。

帰宅ラッシュの満員の電車の中で、にんにく臭最強の餃子を抱える羽目になり、
わたくしは注目の的となりました。
とてもブルーな気持ちでした。


またある時は、「オレンジジュースが飲みたい。」と言うので、
冷蔵庫にあったりんごジュースを差し出したところ、
どうしてもオレンジジュースがいいとごねられ、買いに行かされました。
病人とは言え、どつきたくなりました。





金曜日、平熱に戻った旦那さん。
「あれ…?おかしいな…。まだ悪寒がするのに。
 体温計が壊れてるんじゃないかな?」と、おっしゃっておられました……。


何はともあれ回復して良かったです。




実は、この一週間とても大変な事件が沢山起きたので、
わたくしは旦那さんのお世話も重なり、地獄のような日々でした。


取敢えず、
放置すると決めていた「釘が取れて、しなっていたカーテンレール」は、
いきなり修理の人が来て直して行きました。
事前に聞かされていなかったので、とても驚きました。

エージェントJは「褒めて!俺、手配してやったんだぜ?」という顔をしておりましたが、
どうやら彼は3回約束破ってることを忘れているようです。
もちろん褒めてあげませんでした。


そして、バスルームの修理も一週間丸々行われておりました。(朝9時半から夕方6時まで)
放置しようとしていたのですが、4度目の正直。
敗者復活戦。
もう一度、足の汚い修理軍団にチャンスを…。


それはまた次の機会にでも……。




ロールパン焼きました。
022.JPG


焼き立てを「うまいうまい!」と頬張る旦那さん。

病人にはおかゆ…。と思うのですが、
旦那さん、一度もおかゆを欲しませんでした……。



とりとめのない駄文失礼しました。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

貧乏ごはん と 旦那さんの写真 ♪

シンガポールは昨日まで3連休でした。

優雅な海外生活とは程遠い、貧乏くさい週末を過ごす夫婦。



外食しましたが、
「王将」に行って、餃子をしこたま食べてみたり。

とんかつ屋さんで、ごはんやキャベツをおかわりしまくったり。



無気力なわたくしは、
おうちごはんもヒドく、
冷蔵庫の残りものを活用した「麺料理」ばっかり食べていました。
もはや「しあわせパンライフ」とは程遠く…。


トマト缶と人参やら玉ねぎやら冷凍ホタテやらバジルやらを適当にブチ込んだパスタだったり。
001.JPG

具はネギしか入っていない、貧乏そうなとんこつラーメンだったり。
002.JPG

豚汁とカルボナーラという謎の組み合わせだったり。
010.JPG

「いろどり」なんて全く無視だし。


だけど、旦那さんは
「あったかいものを食べれるだけしあわせや〜!」と喜んでおられました。
(この頃休日出勤が続き、毎日弁当生活でしたので嬉しかったらしいです。)





3連休の、とある日。
旦那さんと家の近くのカフェでお茶した時のこと。
ものすごく美味しそうなコーヒが登場しました。


テンションが上がった私は旦那さんに
「そっちからコーヒーの写真撮って!」とお願いしました。


で。
彼の撮った写真。
004 - コピー.JPG

コーヒーが切れてます…。
何故か私がメイン。


家に帰ってから気付き、
わたくし「コーヒーがほとんど写ってないじゃん!!嫌がらせっ?!」とキレたところ、

旦那さん 「き…君にみとれてしまって。」
…と言いました。



わたくしたち夫婦は、結婚8年超。
旦那さんは未だわたくしにゾッコンのご様子……。




posted by ユウ at 07:00| シンガポール 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする