2015年05月21日

バスルームの修理A

精神的にかなり頭をやられてますが、
なんとか修理2日目を終えました。


フラフラする〜。。。
足元浮いてる〜。。
疲れた〜。。。
このまま消えちゃったら楽なのに〜。などと、思ってたら…。


シンガポールの同志、仲良しのK子さんから差し入れがっもうやだ〜(悲しい顔)
応援ラブレターが入っていて、それ読んで泣きました〜。。。
K子さん、あたし、明日からも頑張れるよ!!!ありがとうございますぅ〜わーい(嬉しい顔)




修理2日目。

メインバスルームの水漏れは、
パイプが繋がっている、コモンバスルームのトイレのタンクが怪しいということで、
トイレを外して、壁をブチ壊すことになりました。


で。
前にあるキッチンがこんなふうに防御されました。
005.JPG


で。
リビングルームにも粉塵が舞わないようにと、
外への出入り口までも塞がれました。
004.JPG

このため、わたくしだけ外に出れなくなりました。
まさに陸の孤島……。


この時、私は2つ重大な過ちを犯しました。

@冷蔵庫から飲食物をとり忘れた。
Aマスターベッドルームのトイレットペーパーがなかった。

そのため、ランチタイムまで、飲み食いとトイレを我慢するはめに。
とほほ…でございます。


ビニールの向こうで、
騒音が鳴り響き、トイレを外しているので、すごい匂いが……。
コンクリートをぶち壊した匂いと、トイレの悪臭…。


早く終わってほしい…。
ただそれだけでございました。


ランチタイムになり、修理のおっちゃんら。
「じゃあ、2時間後にまた来るわ。」

は?
ランチタイム2時間もとるって?


シンガポールで温厚になったはずのわたくし。
さすがにブチ切れました。


わたくしのあまりの剣幕に恐れをなした修理のおっちゃんら。
妥協して1時間40分で帰ってきました。


午後、ガンガンゴンゴンと何やら工事をして、
午後5時。

衝撃の事実を聞かされることになります。

「なんか、トイレじゃなかったみたい。どこが原因なのかな〜?」



放心状態のわたくし。


今日の工事って意味なかったってことですか…?



Bに続きます〜。



posted by ユウ at 07:00| シンガポール コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする