2015年05月06日

ウィンナー・エピ♪

最近、
リビングルームの照明の電球がいくつか切れ、
夜になると部屋の中が薄暗いのです。


照明器具は、あらかじめ部屋に設置されていたものですが、
LED電球というような、粋な計らいは無いようです。


根暗な私には、ぴったりの明るさなのかもしれません。


しかし、旦那さんがぶーぶー文句を言うので、近日中に付け替えを余儀なくされそうです。




そのような薄暗い部屋で、
旦那さんの帰宅を待ちながら、夜な夜なパンを焼いております。


上手く出来た時は、
暗闇の中で独りほくそ笑んでいます。


昨夜は、「ウィンナー・エピ」を。
001.JPG

通常「エピ」は、長いパンですが、
切り分けるのが面倒なので、最初から短く作ってみました。


エピはフランス語で「麦の穂」をいいます。


私の麦の穂は、何故かずんぐりむっくりに。
フランス人から「エピを名乗るな!」というお叱りが聞こえてきそうな出来栄えです。


せっかく日本の粗挽きウィンナーを使ったのに、残念無念〜。



そういえば、
日本に居る時、クリスマス時期、こんなんも作ったなぁ。。(これはベーコン・エピです。)
001.JPG




posted by ユウ at 07:00| シンガポール パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする