2015年05月24日

フランス・パリへ♪

結局…。


昨日朝11時に来るはずだったカーテンレールの修理は。
案の定来ませんでした〜。


言い訳がね、すごいんですよ。
「バンが壊れたから行けない。」
…なんだってさ。


君のところの会社は、
バンが1台しかないのかい?

絶対ウソでしょ。
昨日は朝から雨降ってたんですよ。

雨降ってるから面倒臭いし行かない。

…ただそれだけなのだと思う。

あんたら小学生か…。
ってね。


それが通用する社会なんですね。
恐るべき国シンガポール。


エージェントに、
「もう放置します。」と言い放ちました。

どんどん、見なかったこと。なかったことにするわたくし。
全力で正面から立ち向かうと、精神崩壊します。



バスルームは、コモンバスルームのトイレ使ってないのに水が再び漏れてきたけど、
もう気にしない。見ない。



正面から真面目に考えてたら頭がおかしくなりそうなので、
考えるのも、悩むのも、もうやめることにしました。
ネバーマインラー。です。




今回のことで、
精神的に疲れ切ったわたくしに、
旦那さんがご褒美を用意してくれました。


なんと、夏休み、フランスのパリに連れて行ってくれることに。


私は有り難いことに、パリにはご縁があって、
旦那さんとは1回、両親とも6回行ったことがあるので、
今回で8回目となります。

5年前、パリの凱旋門にて。
1672.JPG

パリは物価が高いけど、
価格とクオリティーが合致しているお店ばかりなので、
納得して美味しいものを沢山食べることが出来ます。
(シンガポールは、値段が高いのに普通過ぎる、量が少ないというお店ばかりなので。)



以前、旦那さんと行ったシャンゼリゼ通りにある凱旋門の近くのシーフードレストラン。
牡蠣がとっても美味しかったんです。(店名忘れましたが…。)
779.JPG



パリへは、シンガポールからエールフランスの直行便が毎日出ています。
飛行時間も13時間ほどで、日本から行くのと全く変わりません。
(反対に、アメリカ方面は直行便が全くないので、ハワイだと必ず日本経由らしいです。
 そのため、ニューヨークなどは24時間近くかかってしまうそうです。)


とにかく、
湿気が多いシンガポールから久々に脱出できることは本当に有り難いです。


しかも、大好きなパンの国、パリ。
バゲットやクロワッサンもすごく楽しみです黒ハート


前はモンサンミッシェルに行ったりして遠出しましたが、
今回はパリのみでゆっくり過ごす予定です。


まさか、シンガポールからパリに行くとは思っていなかったので、
「地球の歩き方」を日本に置いてきてしまいました。
また買わないと。



日本では、フランス語教室に通っておりましたが、
現在英語でいっぱいいっぱいなので、すっかり忘れてしまいました。


パリは少しでもフランス語を話そうと努力を見せると、
フランス国民の対応が格段に良くなるので、少し勉強してから旅行に行きたいと思います。

待ち遠しいな〜ハートたち(複数ハート)



posted by ユウ at 07:00| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

バスルームの修理C

修理四日目ともなると…。
目の下にはストレスでくっきり「クマ」さんが…。


朝、自分の顔を鏡で見ながら
「なんてブサイクな…。」と、何やら可笑しくなり、
独りでひっそりと不気味な笑みを浮かべておりました。


その様子を見てた旦那さん。
「楽しそうだねぇ〜。」と一言。


旦那さんは、視力があまりよろしくないので、
私の不敵な笑みも、天使の微笑みに見えるようです。




ずっとバスルームの修理が入ってますが、
我が家の問題はこれだけでなく、
「マスタールームのカーテンレールの釘が取れて、レールがしなっちゃってる」事件も抱えてます。


オーナー側のエージェントのJ(⇒シンガポーリアン)。
3日前に「4時にカーテンレールの修理入るからね〜!」とか言っといて。
3日経っても全く音沙汰ないのは何なのかしら?


エージェントJは、笑顔だけは一級品で、
いつも約束を反古にしては、満面の笑みで許してもらおうとしてきます。
日本人にはないその特技。
すごいと思う。

今度は、本日の朝11時に来ることになっているんだけど。
果たして本当に来るのでしょうか……。。




で、結局のところ。
マスターバスルームの水漏れは、
コモンバスルームのトイレが原因だと確定。


だけど、
信じられないことですが、トイレの何処が悪いのか不明らしい。


で。
私も十分対応してきたし、これ以上修理を続けるのも限界で。


オーナー側に「放置します」宣言をしてしまいました。


要は、コモンバスルームのトイレを使うのを止めたら水は漏れないわけで。
放置でいいのでは…と。


オーナーも了承。


トイレが2つあって良かった、と初めて思った瞬間でした。


今後、大規模に水漏れが起こった場合は無期限無償で修理をしてもらえることになりました。




昨夜、隣の奥さんが心配して声をかけてくれました。
お隣さんも、先日窓を4枚も代える大工事をしたんです。
彼女たちも、部屋の中を荒されるストレスで大変だったのですって。


2人で、「シンガポール最悪やなっ!!」と、散々同郷の関西弁で毒づき、
ちょっとスッキリ。



ああ〜。同じ境遇の友達と話すと、心が軽くなる〜。。。
それにしても、
日本以外のアジアで暮らすということが、こんなに大変だなんて夢にも思ってなかった。



わたくし、日本でも性格は悪かったけど。
シンガポールに来てから、更に拍車がかかった気がします。

昨日だって、修理のおっちゃんたちにキレまくったりしてね。
「昼ごはんが長い!」だの、「そこ触るな!」だの、命令口調で言ったりしてね。
日本人と彼らの「時間」に対する基準や「キレイ」の基準が違うことは理解してるつもりだけど、
やっぱり嫌なものはイヤで。つい顔や言葉に出てしまいます。


しかも、ずいぶんいろんなシチュエーションに遭遇したから図太さも兼ね備えてね。
最強になってきたような…。



取敢えず、嵐は去りました。
どんなに辛いことも、終わりが来ることも学びました。


さあ、今日はカーテンレールか…。




おまけ。

最近焼いたパン。
レーズンに見えますが、チョコなのです。
001.JPG


水ではなく牛乳で仕込んだので、しっとり(^^)。

だけど、クープがなんとなくダサい…?
「ミルクハース」のような縦線にすれば良かった…とちょっと後悔。


実はこれ、お友達へのプレゼントでした。
ダサいパンを貰っていただき、恐縮です…。


今度リベンジしなくっちゃ。


posted by ユウ at 07:00| シンガポール コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

バスルームの修理B

バスルームの修理3日目。


毎日朝9時半から夕方6時まで、
外国人修理軍団(8人くらい)と一緒に過ごしているため、
ストレスで精神が壊れかけてきました。



彼らはシングリッシュを操り、
英語もビミョーな私には理解不能だし。

何度も書いてるけど、
裸足で玄関出たり入ったりするし。

汚い手でいろんなところベタベタ触るので白壁に指紋がつくし。

彼らは体臭がひどく、日中は全ての窓を全開にせざるをえません。
そのため、エアコンをかけることが出来ず死ぬほど暑いし。

窓開けるからコバエとか虫入って来るし。
(シンガポールは網戸なし)

本読んでも勉強しても集中できないし。

帰った後は床のモップ掛けなどの大掃除が小一時間程待ってるし。



もう、叫びたい。
叫んでいい?

ジャパーン!!!ちっ(怒った顔)



あああああ〜。シンガポールが恨めしい〜。。。
日本〜。
日本〜。
じゃぱ〜ん。
じゃぱ〜ん。もうやだ〜(悲しい顔)


シンガポールの風呂が恨めしい〜。。
日本〜。
日本〜。
日本の風呂カモ〜ン!!



本日。
トイレがまだこんな状態です。
ばこっと外されてます。(この隣がコモンバスルームです。)
002.JPG


で。
現在そのトイレは転がされたまま、放置されております。
003.JPG

ありえない。

しかし、これがシンガポールの現実…。


もう笑うしかない。
笑っちゃえ〜!!
あははのは!



少々頭がイカれてきましたので、
この辺で。


予定ではあと2日。
未だに原因が分からないらしいです。。


ではまたCでお会いしましょ〜。

さよなら〜。


posted by ユウ at 07:00| シンガポール コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする