2018年07月10日

THE PROVIDORE Cafe でランチ。ルクルーゼの食器のことなど♪

オーチャードのマンダリンギャラリーの中の、
人気カフェ「THE PROVIDORE Cafe プロヴィドール」は、いつも混んでいますが。




タンジョンパガー駅とラッフルズプレイス駅に近い、ダウンタウンギャラリーの中の
THE PROVIDORE Cafe は、休日、人もまばらで穴場です♪

DSCF0501.JPG



土曜日、ランチに行ってきました。


わたくしが注文したものは、蟹のパスタ。
DSC03083.JPG


旦那さんは、リゾット。
DSC03085.JPG


このあと、
リコッタパンケーキと、コーヒーを予定しておりましたが、

息子が抱っこしろー、と騒ぎはじめたので、強制終了となりました。





落ち着いて、ごはんを食べることのできる日は、当分先のことになりそうです(笑)。







実はこの前日、わたくし、
息子と二人で日本食レストランにランチで入ったのですが、
注文して待っている間は、ずっと抱っこしていたので、
息子、超ご機嫌。


しかし、
いざ、食事が来て、さあ、食べよう!と、ベビーカーに下ろした瞬間。
「あーっ!!!!!!」と、店内に響き渡る息子の奇声。
(最近、自分が出す「あー」という声が大好きで、息が切れるまで「あー」を言い続けるのがマイブームの息子)

やっべ〜っ!と、また抱っこすると、息子ご機嫌に。
そして、ベビーカーに下ろすと、また「あーっ!!!」が始まりまして。


これを繰り返すというスパイラルに(泣)。

ごはんが食られない〜……。。。




周りのお客さんに迷惑になると思い、
少ししか食べてなかったけれど、出ていこうと準備していたら。


隣に座っていたお客さんたちが、
「わたしたちは気にしないわよ。全部食べていきなさいよ。」

店員さんたちも、
「全然大丈夫だから、ちゃんと食べていって。」と。


みんなで息子をあやしてくれ、
なんとか全部食べてお店を出ることができました。



シンガポールのひとたちってホントに子ども連れに優しい〜。

肝を冷やしたけど、心が温まりました。

本当に、他人の優しさに感謝です。




ただ、みんな、息子を女の子だと思っていて、
口々に「she」「she」と。
否定する心の余裕が無かったので、まあ、いっか…と流しました(笑)。



ブルーの服を着せているのに、
100パーセント女の子に間違われる息子。

可愛いと思ってもらえているということで、嬉しい反面、
男の子なので、やっぱり男らしくムキムキと育って欲しいなぁ…なんて思っております。




ところで、レストランを出た瞬間、息子はベビーカーの中で爆睡するという……(汗)。
自由だな、息子よ。
いいんだよ…それで。




THE PROVIDORE Cafe で、
リコッタパンケーキが食べられなかったので、
代わりにクロックムッシューを次の日の朝食に買いました。

DSC03097.JPG


美味しかったです♪







タンジョンパガーの駅前の広場は、
休日のたびに、なんらかのスポーツイベントが行われているようで、
みんな体を動かして、楽しそうです。

DSC03092.JPG


下っ腹が出ているわたくしも、
見ているだけで腹が引き締まります。




※※※※※※※




DSC03109.JPG



離乳食のことですが、
息子はいきなり離乳食を食べてくれるようになりました。



見向きもしなかった、ホウレンソウも、豆腐と混ぜると大丈夫なようです。

バナナに至っては、生まれたばかりのツバメのヒナのように、
お口を開けて待っています。


まだまだ気まぐれなところはありそうですが、
ちょっと一安心です。


ところが、今度はミルクを拒否するようになってしまい、
ちょっと困ったなぁ…と思っております。




一難去ってまた一難。
新しい心配が次から次へとやってくるんだな〜なんて思っておりますが、

先輩ママたちが、定期的にわたくしの心配事を一蹴してくれたりして、
助かっております。



みんな、それぞれ、こどものいない時からのシンガポール友達で、
子どもが授かったあとも、仲良くしてもらえていることが、ありがたいなあ…。

いつも、ありがとうございます。




※※※※※※



離乳食用に、久々に食器を買いました!


ルクルーゼのココットです。

DSC03123.JPG


定番のオレンジを2つ持っていたので、
今回は買い足しです。


色で迷っていたら、
旦那さんに、
「早くして〜!○○ちゃんがぐずりだした〜!」と、言われ、吟味して選べませんでした。


でも、家に帰って改めて見ると、ペールピンクとペールブルーにして良かったなあ…と、満足です。



このルクルーゼは高島屋のセールで買いました。
4つで58ドル。
まあまあ、お買い得?




あと、せっかくのセールだし〜と、
ラルフローレンで息子のスタイを買いました。

DSC03130.JPG


店員さんが、「彼女にぴったりのがあるわよ!」と持ってきてくれました。


男の子なんだけどな〜と思いながら、見たら、
グレーだったので、息子にも使える!と思い即決。
30ドルが15ドルになっていました!


安いスタイばっかりしているので、
息子の一張羅のスタイになりそうです。



息子の唯一の一張羅スタイはこちら。

DSC03131.JPG


母が買ってくれた、ファミリア!



なんか、高いものはやっぱり生地が違いますね〜。





というわけで、今回も支離滅裂な内容で申し訳ありませんでしたが、
ご訪問いただきまして、ありがとうございました。





posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

離乳食奮闘記♪

ご無沙汰ばかりしております。




気が付けば、もう7月!!



息子は6か月になりました(^^)。





まだ、自力では座れませんが、
バンボチェアだと、安定して座れるようになりました。


DSC03047.JPG



DSC03039.JPG




両手で違うおもちゃを持って遊ぶことも。



出来ることが増えてきて、
目覚しい成長だ!と、喜んでいたのですが、





6か月検診で。

体重が4か月の時から、100グラムしか増えていないことを指摘されてしまいました……。。

身長が5センチも伸びたのに、体重100グラムって…おいおい…。。


旦那さんとおうちで測った時は、
確か1キロくらい増えてたと思ったんだけど…。。

前日に3回うんちして、
病院行く前に1回うんちしたから?……なんて。
そんなわけないか…。




離乳食頑張ってる?と医師に訊かれてしまいました。

うん、頑張っているんだけどね…。。



息子、ぜんぜん食べてくれないんだも〜ん。。



唯一、自分からお口を開けたのは、ドンキホーテで買った「タカミメロン」だけ。
メロンだけ、食いつきが違う…って。
小さいのに、違いのわかる男だな。



シンガポールには、気の利いた離乳食がほんと少ないのが、難点です。


息子は、どうやらわたくしの作った離乳食がお嫌いの模様…汗。
一応、レシピブログというサイトに投稿してる人間なんですが…面目ないわ〜。。




こちらで購入した離乳食は。

ポーランド製のこちらと。
th[1].jpg


ハンガリー製のこちら。
th[9].jpg


写真とは違う味を購入したのですが、
Gerberは、プルーンで、
Hippはホウレンソウ&じゃがいもです。


プルーンはバナナと混ぜてあげると、小さいスプーンに5口くらい食べてくれましたが、
ホウレンソウ&じゃがいもは、わたくしの作ったカボチャペーストに混ぜても、
ほぼ食べてくれませんでした。
味見してみましたが、ホウレンソウ感が全く消えてないのが敗因でしょう…。。




いつか食べてくれるから、まあいっか〜…なんて悠長に構えていて、
なんなら、食べ物に興味がないんだったら、一回やめてみる?なんて思っていたら、
医師から「頑張れ&やめるな」という指示が……。。。

ヘタレのかあちゃんはやるしかないのか〜。。


息子よ、明日は食べてくれると、かあちゃん嬉しいな。







そんな息子ですが、
息子は、おそらく、世界で一番わたくしのことが好きです。

うぬぼれではなく、確信に近いです。


旦那さんがミルクをあげていても、隣にいるわたくしを見ているし。
わたくしのことを常に目で追っているし。
わたくしを見ると嬉しそうにきゃっきゃ笑うし。



こんなに愛される経験は生まれて初めてです。


まだこどものいないとき、旦那さんに、
「世界で一番誰が好き?」と聞いたことがあったのですが、
回答は「俺」でした。
わたくしのことは、5番目に好きらしいです。
…2番と3番と4番は一体誰なんでしょうか…。。。



わたくしも、毎朝、息子の寝顔にときめきます。
旦那さんの寝顔を見ても、何も思いません。
こっちは睡眠不足なのに、ぐっすり寝やがって…という憎らしさは感じますが。




息子が生まれて6か月。
ゆったりした夫婦2人の生活から、
マジで1日24時間じゃ足りない…という切羽詰まった毎日ですが、
今まで楽しすぎていたので、ちょっとは苦労しなくちゃな、と思います。


大変でも、息子といるとしあわせです(^^)。



では、何を書いているのか、またさっぱりわからなくなってきたところで、
このあたりで失礼いたします。
本日もご訪問いただきまして、ありがとうございました。





posted by ユウ at 07:00| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

ついに夜泣きが始まった〜!


ご無沙汰しております。
最近の生活をダラダラとつづりたいと思います。





わたくしには、現在5か月の息子がおります。




最近よく、
ひっひっひっ!
と、明石家さんまのような「引き笑い」をいたします。




離乳食を始めたものの、
ミルク好きの息子は、
全力で食べ物を拒否致します。

日本人なのに、米がゆを嫌がり、
豆腐を手で放り投げ、
かぼちゃとさつまいもばかり食べます。
芋栗南瓜好きのわたくしに似ています。


「まあ、いっか。いつか食べるか…。」と、気楽に考え、すぐに切り上げるため、
離乳食は全く進みません。




そんな息子ですが、
最近とても成長し、

バンボチェアにひとりで座れるようになりました。
ですが、まだお座りは苦手なようで、数分後、嫌がって泣きます。


椅子から降ろすと、相変わらず、お得意の飛行機を披露してくださいます。

ぶ〜ん。
DSC02965.JPG


ぶ〜ん。
DSC02967.JPG


髪の毛が伸び、
京本政樹のように、かっこいい髪形になりました。

あ、親ばか発言申し訳ありません。





旦那さんの会社のインド人の方が、
うちの息子のために、ムンバイのデパートでプチプラネタリウムを買ってきてくださいました。

ありがとうございます。


鳥のさえずりや、
ロッシーニのクラシック音楽が流れる、壮大なおもちゃ。

イタリアブランドのキッコのものです。

DSC03021.JPG


息子、大喜びでございます。





最近、お友達にもすごくお世話になっていて、
うちの水道に問題が生じたとき、
息子のミルクのために、軟水のペットボトルのお水を分けてくださいました。


旦那さんから「倍返しだ!」と半沢直樹ふうに言われたので、
いただいた数の倍のお水を持って行ったところ、
今度は日本のキューブになった粉ミルクをいただいてしまいました。

キューブの粉ミルクなんて気の利いたものは、シンガポールにはありません。
毎日、粉をこぼし放題こぼしており、いつかアリンコが大発生しそうです。
これで、安心して外出できるなぁ…と、お友達に感謝感謝です。

なんか、わたくしばかり得をしている気がして、恐縮です。






最近、うちの近くの100AMの中に、ドン・キホーテ2号店ができました。

朝8時から夜中の12時まで営業しているようです。

サマセットの方は24時間なのだそうです。




明治屋や伊勢丹にも、日本の野菜や果物は置いていますが、
ものすごく高いので、眺めるだけで終わっていたのですが、
ドン・キホーテでは、わたくしたちぐらいの収入でも買えそうです。


昨日は、旦那さんの好物の「びわ」を購入してみました。
旦那さんは、少々変わっていて、
一番好きな果物は「びわ」らしいです。(普通はいちごとかメロンとか言いませんか?)

DSC03023.JPG


和歌山県産でした。久々に食べるとなんか美味しいですね。







そんな日常ですが、
息子も成長し、
ついに、「夜泣き」が始まりました。


夜中に1、2回泣きます。
背中をトントンしたり、抱っこすると、
3分くらいで泣き止んで寝てくれるので、助かっております。

息子よ、小さいのに親孝行だな。



まだ5か月しか生きていないんだし、
○○ちゃん(息子の名前)も世の中に慣れるためには色々あるよな…。
と、しみじみ旦那さんと語っております。


音に鈍感で、少々の物音には動じない図太い息子。
その意気で、世の中で図太く生きていって欲しいものです。





息子が起きまして、
「あ〜!あ〜!」と言いながら、起きたことをアピり始めましたので、
このあたりで失礼いたします。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。














posted by ユウ at 07:00| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする