2016年08月20日

最近のハマりもの。

ごまパンを編みました。

DSCF9561.JPG


クリスマスの時期とか、
パン生地を長く伸ばして編んで輪っかにすれば、
パンのリースが作れます。


四つ編みは、三つ編みより見応えがある気がします。


「編む」というだけで、なんだかパンも豪華に。


ええっと…。
……味は変わりませんので、わたくしに騙されないようにご注意くださいませ。



※※※※※※※



わたくし、
最近「WAKUWAKU ジャパン」という、シンガポールの有料チャンネルで、
水曜日の夜11時から放送しているアニメ「君に届け」に、ダダハマり中です。

no-title


中学、高校、大学と女子校で過ごしたわたくしにとって、
共学の青春…て、憧れでして。


年甲斐もなく、このアニメの虜です。
超胸キュンです。⇒アホ。


お友達のM子さんに「絶対見てねっ。」とお願いしたら、昨日M子さんからメールで
「胸キュン??あたしには分からんわ〜…。。」と言われました。


M子さんにはまだこの良さがお分かりいただけていないようだったので、
「君に届け〜。この胸キュンM子さんに届け〜。」と、
来週も見てねメールをお送りしてみました。⇒アホ。



旦那さんから、
「風早くんみたいなカッコよくて性格がよくて爽やかな人って絶対おらんやろ。
 万が一いても、君なんか好きにならんやろ。」と、捨て台詞を吐かれました。


「君なんか」の、わたくし。
あなたの妻ですが……?

ほほほ……。





「君に届け」は映画化もされていたらしく、
風早くん役は、三浦春馬さんだったらしいです。
T0008789[1].jpg

あんまり芸能人に詳しくありませんが、
素敵な男の子ですね〜。


「こんな子、高校生の時、クラスにいた?」
と、共学で学んだという、お友達のKちゃんに聞いてみたら、

「いない!いない!
 いても、きっと性格悪いって〜!!」と、大爆笑されました。


ご〜ん。。。



※※※※※※※



最近、
お友達とお茶したところがかわいらしかったので、
自慢させてください。


オーチャードのマンダリンギャラリーの4階にある「arteastiq」というカフェです。

DSCF9558.JPG


お友達もわたくしも、カプチーノ(8ドル++)を注文したら、
可愛いトレイに小さなお菓子が2つ添えられてきました。

DSCF9556.JPG

わたくしたちは、今回カプチーノを飲みましたが、
ライチティーが有名みたいで、左右のテーブルの方々が注文されていました。

美味しそうだったので、次回はわたくしも






長文をお読みいただき、ありがとうございました。


タグ:ツオップフ
posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

鍵を無くす。

編みパン「ツオップフ」を作りました。

DSCF9476.JPG

思い付きで、4つ編みに。


そして、謎の反り返り。
このごろ、何でもアーチ型にするのがマイブームでございます。


えらくイビツな出来なのに、
恥ずかし気もなく写真を載せる、メンタルの強さよ…。



いや。


…「メンタルが強い」…だなんて言っておりますが。

わたくし、最近ものすごく「負」のオーラ漂わせて生きております。



実は、わたくし、
シンガポールに来て、最大の失態をかましてしまいました。


なんと。
家の鍵を落としてしまったのです。


何処で落としたのか、全く不明でございました。


その日、MRTに乗って、サマセットで降りて。
無印でハーブティを買って。
東急ハンズで歯磨き粉探して。
高島屋の本屋さんに行って。
IONのダイソーに寄って。
伊勢丹で食料を買って。
オーチャードからMRTに乗って、家路に着きました。


そして、コンドの自動ドアを開けようと、キーを探したところ。
バッグの中に鍵が無い…。
が〜ん。


取りあえず、落ち着こう!落ち着こう!と、
もう一度、モト来た道に戻りました。


最寄駅、サマセット駅、オーチャード駅、無印で、
鍵の落とし物が無かったか聞きましたが、届いておりませんでした。


そして。
伊勢丹のデパ地下スーパーのレジあたりを中腰で舐めるように探し回る、かなり怪しいわたくし。


恥ずかしながら、半泣きでした。


この時、
タダ事ではない…と思ってくださったのか、
レジのおばちゃんたちが、「どうしたの?」と、声をかけてくださいました。


鍵を無くしてしまったことをおばちゃんたちに伝えると、
「ええっ!!それは大変!」と、
なんと、レジそっちのけで、みなさまで探してくださったのです(泣)。


そのせいで、レジの人数が少なくなり、
お客さんの長蛇の列が出来ておりました。
あの時、並んでいたお客さん…ごめんなさい



結局、見つからなかったのですが、
シンガポールの方たちってなんて親切なんだ…!!!と、改めて感動しました。
ありがとうございます。



失意の中、旦那さんに電話連絡したところ、
「そ〜なの〜?大変だったね〜。そんなん大したことないよ〜。ははっ!」と、
拍子抜けるほど、明るく言われました。


叱られるかと思っておりましたので、
全く責められなかったことに度肝を抜かされました。



そういえば、旦那さんから結婚してから今まで、一度も叱られたことがありません。
(もうすぐ結婚10年です。)
旦那さんの海のように広い心を見習わなければ…と、反省いたしました。
逆の立場だったら、多分わたくし、怒り狂っておりました。絶対。



そして、最近、新しい鍵をオーナー側のエージェントに再発行していただきました。


ペナルティーとして50ドルかかると聞いておりましたので、
「現金でいいですか?」と、届けてくださったエージェントJにきいたところ、

「あ、今回だけお代はいいよ。気を付けてね。」と、言われました。


シンガポーリアンの心の広さに度肝を抜かされました。
逆の立場だったら、多分わたくし、絶対代金を巻き上げておりました。絶対。




捨てる神あれば、拾う神あり…。

悪いことが起こって、凹んでおりましたが、
シンガポールの人々の優しさに触れることが出来た、貴重な体験だったのかもしれません。


まあ、そんなわけで、
現在も自分の失態を引きずり、
負のオーラを漂わせて生きております。


そろそろ、立ち直らなければ。


本日も、どうでもよい長文をお読みいただき、
ありがとうございました。






タグ:ツオップフ
posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

お友達が来てくれた!最近のしあわせなお話♪

何度も申し上げておりますが、
わたくしは、とても根暗な人間です。



タダでさえ、根暗で、悲観的な性格なのですが、
最近、輪をかけて、ツイていない出来事が多く、
旦那さんから「なんか、負のオーラ出まくってんで。俺に移さんといてや。」
と、言われる始末でございます。



ツイていない事件は、
また追々ご報告するとして…。





本日は、嬉しい出来事を


同じ会社で働いていた、同期のSちゃんが、
ご家族でシンガポールに遊びに来てくれました


そして、2時間半ほど、
2人でお茶をする時間を取ってくれたので、
オーチャードの高島屋に入っている、「TWG」に行ってきました♪

001.JPG


オーチャードにはIONにも「TWG」がありますが、
高島屋の方が、エアコンが効きすぎていなくて、隣の席との間も広く、
個人的には居心地が良いです。




「シンガポールサプライズ食べようよ!」と、無理やりSちゃんにお勧めするわたくし。


Sちゃんはとてもノリが良いので、
「そうしよう!そうしよう!」と、わたくしの半強制的提案を受け入れてくださいました。


シンガポール・サプライズとは、TWGのオリジナルのケーキのことです。
こちら〜。
DSCF9543.JPG

日本のTWGで食べることが出来るのかはわからないのですが、
「シンガポール・サプライズ」という名に相応しい美味しさなのです。
まさにサプライズでございます。


昨年末、キャビンアテンダントのお友達が来てくれた時に、
お店の方が無料でこのケーキをサービスしてくださり、ものすごく気に入った一品です。
今回はちゃんとお代をお支払いしましたよ(笑)。


DSCF9541 - コピー.JPG
(右がSちゃん。相変わらずの美しさでした。)


2年ぶりだったので、話すことがたくさんあり過ぎて、全然時間が足りませんでした。
10時間くらいぶっ通しで話せる勢いでした。
また日本で会おうね♪



Sちゃんから、日本の和菓子をいただきました。
栗納豆ときんつば。
DSCF9546.JPG

添加物が何も入ってなくて、
ものすごく繊細で美味しかったです。

がさつなわたくしも、こちらをいただいているときは、
上品な人間になったような気が致しました。


Sちゃんが、わたくしの栗好きを覚えていてくれた事に感謝です。
ありがとう!

独り占めしたかったけど、仕方なく旦那さんにもあげました。
彼、大喜びでした。



※※※※※※※


Sちゃんに会った日に、
なんと、ダブルで嬉しい出来事が!!


わたくしは、以前、
シンガポールに来る半年ほど前に、
東京で着物ショーに出させていただいたことがあるのですが、
その時にお友達になった、Mちゃんからメールが来たのです。


こちらも、約2年ぶり


実は、わたくし、
シンガポールに来てから、いろんな試練にぶち当たり、
全然日本のお友達に連絡を取っておりませんでした…。


Mちゃんとは、着物ショーの打ち合わせや本番などを除いて、
3回だけしか会っていなかったから、わたくしなんて絶対忘れられている…と思っていたのです。


関西出身のわたくしは、結婚して8年も東京に住んでいたくせに、
全然お友達が居なかったのですが、(まあ、関西にも片手で足りるくらいなんだけどね…。)
着物ショーを通して、Mちゃんと仲良くなれて、本当に嬉しかった。


Mちゃんは、わたくしの連絡先がひょんなことで分からなくなってしまったのだそうです。
しかし、旦那さまのパソコンに保存してあったことに気付いてくれて、
連絡をくれたのでした。

よくぞ、気づいてくださいました〜


わたくしがシンガポールに来てからも、
ずっとブログも見てくれていたそうです。

影の薄いわたくしを気にしてくれて、本当にありがとう〜(涙)。



東京でもお友達が待っていてくれている…と、考えると、
嬉しくてニヤけてしまいます。

これからもよろしくお願いします♪


着物ショーでMちゃんと。
黒い着物がMちゃん。左がわたくし。
10月4日 107.JPG




タグ:twg
posted by ユウ at 07:00| シンガポール 日々のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする